俺の人生この程度だったなあ・・・part2

いやpart1はありません。

前回の「嬉しくない誕生月」のpart2みたいなものです。

だれもが「自分の人生、この程度か・・・汗」と思う人はいると思います。

じゃあ私はどうなりたかったのか?

これからお話することはややもするとクラシック界に喧嘩を売ることになりかねないので(汗)くれぐれも本気になさらないよう、よろしくお願いいたします。

私は実は20代の大学卒業の頃に、一時期クラシック業界とは全く違ったポピュラー制作関係の仕事も(大した量でもないのですが)やっていました。

またそういう関係の友人も何人か居て、色々と音楽制作においても話もよくしました。

当時私はクラシック界に対しての疑問もあって、一生懸命、現代の音楽業界で仕事ができないか、と思っていました。

つまりですねえ・・・今でもそう思っているのですが・・・

クラシック音楽はあくまでも即成の作曲家の曲を弾くだけです。

もちろん、ショパンの曲でさえもそれをうまく弾くことがどれほど難しいことかは今でも痛感しています。

誰でもクラシックピアノの曲を弾くことは簡単ではないし、奥深いです。

しかし・・・自分で自分の曲を作らないで果たして音楽家と言えるか?

昔はラフマニノフなどの自作自演ピアニストなど、大勢いましたが、今ではそういう人はかなり少なくなってしまいました。

自分はクラシック分野でなくてもいいから自分なりの曲を作って発表できる音楽家にもなってみたいという希望もありました。

そんな中、当時このシンセサイザーでよく音作りや音楽作りもやっていました。

編曲の仕事やテレビ局での仕事、またレコード会社の自作曲のオーディションなどもよく応募していて、あともう少しで採用から漏れてしまった、という経験もありました。

ただ、当時ヤマハのピアノ教室での講師の仕事も抱えていて、その仕事の関係上、両立が難しくなり、また自分が本当に弾きたい曲がクラシックだったということもあって、結局指導の方の仕事を選択してしまったのですが・・・。

もしあの当時、ポピュラー業界の方を選択して頑張っていたら・・・

CMやテレビ局の番組の曲を作ってそれで仕事をやっていけていたかもしれません。

何より、自分の曲を作ることはとても楽しいですし、無限の可能性や自分の好みの研究は限りないです。

ただ・・・自分の曲はどこまで作っても「芸術」とは程遠くて価値がないなあ・・・(汗)と反省もしていました。

当時このYouTubeに出てくるような曲を作っていましたが・・・。

そちらの方に進んでいた方が、満足していたでしょうか?(笑)

わかりません。

その道に進んでいても、意外とパッとしない仕事だったかもしれませんし。

もうこのシンセは売ってしまったのですが(当時は確か4台ほどいろんなシンセを持っていましたが)、もう一度オークションなどで買い直して(このsy99はもう製造中止になってしまいました)遊びでいいからまた作ってみようかなとも思っています。

また、シンセだけでなく、生ピアノでももう一度、歴代の芸術的な作曲家たちの曲ほど価値がある・・・とまではいかなくても自分なりの曲をもう一度作ってみようかと、時々思ったりもします。

自分のオリジナリティーって・・・なんなんだろう?

そう考えた時、今の自分ってないなあ(笑)

どこにでもいる人間=村田・・・でしかありません(笑)

あー俺の人生、この程度だったなあ・・・。

しかし、もちろんクラシックピアノを弾くことはそれはそれで大変だし、いい演奏をすることはそれはそれは難しいことです。

何が音楽家、芸術家、創作家、と言えるかなんて・・・そう簡単に決められることではないですし。

人は誰も、自分に満足できないときに、他の夢を託して、現実逃れをしようと思ったりもします。

自分はこういう可能性もあったんだと・・・。

でもそれは虚像でしかなく、現実は今の自分がありのまま・・・です。

ありのままを認めてですねえ・・・汗。

今の道をさらに昇華して(消化?)

やっぱり頑張りますか?

私は来世とか前世は信じません。

あるのは今のただ一度だけの、この残された時間がわずかの、自分だけです。

できることをやって残りを頑張るだけです。

嬉しくない誕生月

はい、11月は私の誕生月です。

日にちは・・・?

あー、そういうので変な占い結果とか言われると困るんで(笑)書きません。

ただでさえ、冴えない人生(笑)

私みたいに50代にもなれば多分誕生日なんて嬉しくないんじゃ?

50代以上の人たちはどう考えているのでしょうかね?

それなりに私は私なりに頑張ってきたんですが・・・どうもその割に結果がねえ(汗)

じゃあ他にもっと輝かしい生き方はあったんでしょうかと?

・・・いや・・・たぶんない(笑)

結局今の行き着いた生き方が多分・・・自分の選択した生き方。

人は多分「もっといい人生、もっといい仕事をやっていたらなあ」と思うかもしれません。

しかし、多分どの人も自分で選択した道なのでは?

それを通常、「宿命」とか言うのでしょうか?

若い人たちはそれはそれでまだ人生の選択肢がいっぱいあると思うかもしれませんが・・・。

多分自分の人生は20代の初めにはおおよそ決まっているのではないかと思います。

あとは、それをどこまで昇華できるか。

そう考えると、10代の頃には自分の宿命は決まっているのかもしれません。

もちろん、自分の道には限りない努力が必要。

それがないと・・・より良い道に昇華できない。

とりあえず今は自分の仕事が人の助けになっているようなので、精一杯頑張りますが・・・。

まあこんな弱音吐いちゃいけませんが・・・

俺の人生この程度だったなあ(笑ww)

まあとりあえずまだいろいろ頑張りますが(汗)

私はあんまり前世とか来世とか、信じませんが・・・。

変な甘ったるい、くだらん恋愛メロドラマかと思った韓流ドラマ

意外と奥深くて、ちょっと意味深で怖いものがあり・・・また、自分自身、考えさせられます。

ありもしない来世のためにも、もう少し頑張りますか(笑)

そういえば、自分の演奏動画、なかなか新しいものがアップロードできていません。

自分にできることはせいぜいこの程度ですが・・・。

春までにはいろいろと何曲かあげたいですね。

今までやりかけで収録をまだしていない在庫処分の曲がいろいろ余っています。

諸々のお話10/28

横取り

え?なんですか?

他の女が彼氏を横取り?

そりゃ、韓流ドラマの見過ぎでっせ。

しかし韓流ドラマは結構そういう横取りとか、騙したとか、はたまた毒殺とか。

そんなのばっか。

結構見ていて、キツイ時がある。

じゃなんですか?横取りって?

あ、スーパーで見つけた半額うなぎ蒲焼をどこかの主婦が横取り?

ええ、はい、主婦じゃなくて、比較的若い独身女性らしき方が。。。。

半額うなぎ蒲焼を手に取ろうとした時に、横からカメレオンのごとく、シュッ。。。と。

目にも留まらぬ速さでした。

ありゃあ、恋愛でも、他の彼氏を韓流ドラマみたいに、ああやって奪い取るのかなあと。

・・・そういう話じゃなくて・・・

曲の話です。

3月の子供の発表会の時に、いったい俺は講師演奏で何を弾けばいいかなと悩んでおりまして。

あまり玄人過ぎてもダメだし、かといって有名過ぎてもなあ。

・・・と、悩んでいたんですが、ドビュッシーの「運動」って曲、これなら一般受けするし、カッコいいかなあ・・・と思って、練習していました。

そしたら・・・中学生の生徒が、何かドビュッシーの曲から何か弾きたいと・・・。

何曲か私が見本を示して弾いて・・・

そしたら・・・どういうわけか、この「運動」が気に入ったらしく・・・

「この曲、かっこいいです」

・・・と・・・・横取り・・・

まあ発表会で弾くかどうかわかりません。

まだ3月ですからねえ。

まあそんなことはいいとして。

もっと生徒が弾けないような超絶技巧曲を私が選べばいいわけで(笑)

ああ、あんまり長い曲はご法度ですが。

しかし、中学生でドビュッシーに興味が湧くとかって・・・私の時代には考えられないことです。

そもそも、私の子供の頃の先生はドビュッシーどころか、ショパンですら弾かせてくれなかった。

バッハとベートーベン。

試験の時にようやくショパンエチュード。

それだけ。

でもそういう経験を学生の間にさせられたって人、結構いるはずです。

なんでかね?

「ツェルニーにソナタ集。そしてベートーベンソナタ集。それしかやってませんでした。」

よく聞くことです。

私が20代の頃、ヤマハの仕事場の関係上、ヤマハのグレード試験を受けに行った時、確かショパンの曲を弾いたと思ったのですがいきなり40〜50代の女性試験官から

「あなた、ショパンたるもの、分かってらっしゃらないですわよね?。まずはバッハ平均律全曲。それからベートーベンソナタを全曲。そして次にブラームスソナタ。・・・そしてようやくその次にショパンを弾かないとあなた、ショパンなんか理解出ませんのよ。」

・・・何言ってんだ、こいつ?。・・・と思ったものですが、試験官と同じ年齢になった今でもその考えは変わりません。

それぐらい日本では試験とくると何故か、ドイツ物を弾かせたがる。

私は大学に入るまではロマン派どころか、印象派も弾いてこなかったので、ドビュッシーとかは全然興味が持てなかったのですが、最近はその分を取り返すが如く、ドビュッシーを積極的に弾いています。

自分の生徒にはそういう思いをさせないためにも積極的に、ロマン派や印象派、近現代の曲をなるべく子供の時期から弾かせていますが・・・。

革命

いつも車の点検を日産に出す時にはいつも代車を貸してもらうのですが、今回、たまたま電気自動車を借りました。

車は、リーフという車。

今まで電気自動車なんて借りたことがなかったので、

「なんだよ、ゴーカートもどきかよ」

と思って借りたのですが、これがですねえ・・・とんでもない勘違いでした。

他のトヨタのハイブリッドなどはわかりませんが、この日産のリーフという車、びっくりするぐらい、すんごい車でした。

とにかくモーターがすごい。

多分私のスカイラインと互角か、場合によってはこっちの方が速い。

とんでもないじゃじゃ馬自動車です。

カーブでアクセルを全開にすると、ホイールスピンをいとも簡単にします。(いや普通、カーブでタイヤが空転とかはあり得ないのですが。汗)

0kmから100kmまでの時間も多分スカイラインとそれほど変わりません。

それでいて、車内はとても静か。

革命を感じました。

車っていずれこうなるのかなあって。

スカイラインとかはエンジン音を楽しみながら走るので、そういう意味ではちょっと物足りないのですが、とにかくスピード感は全く変わらない。

なんていうんでしょうかね?

エンジン音とかいう感覚さえ、除外すれば、スピードは変わらないので、この車でレースをすることは可能なレベルです。

車もこういう風に変わるので、ピアノもこういう風に変わる時代が来るのでしょうか?

つまり、弦を張ってあるアコースティックではなくて、極上の電子ピアノになるとか?

生ピアノのフルコンピアノを超える電子ピアノがいつか発明されるのでしょうか?

・・・いや・・・それはあり得ないでしょう。

どこまでいっても電子ピアノはバーチャル楽器。

ペダルを踏んで小さい音の組み合わせで音を作り上げる生ピアノの世界から比べたら、電子ピアノなんかどこまで上級モデルが出たってそりゃあなた・・・本物にはかなわない。

なんて・・・100年後はわからないかも?!?

電気自動車がここまで進化したのであれば、別次元の電子ピアノが出てくるかもしれません。

私はピアノはヤマハでも十分だと思っています。

スタインウェイやベヒシュタインでなくとも、曲の表現はできると思っています。

もちろんスタインウェイやベヒシュタインの魅力的な音は、それはそれで別です。

別に一般公道でフェラーリでなくてもカローラでも買い物はできますが、あのフェラーリのエンジン音やスピード感がいいんだ、という意見はごもっともです。

同じように輸入ピアノの音が気に入っているんだ、という意見は当然です。

でもヤマハでも曲の表現はできます。

・・・ということは・・・

いずれヤマハピアノのように曲の表現が可能になる電子ピアノが出てくるんじゃ・・・汗。

私はピアノはヤマハでいいし、車も国産車でいいんですが、車は次回はまたガソリン車を買うでしょう。