なかなか悩ましい日々の夜は・・・

発表会も近く、生徒の仕上げの追い上げや自分の練習、その他諸々で、なかなか悩ましい日々です。

もう本当に(泣)

夜になると、気持ちの整理に、最近あるyoutubeビデオを見ます。

このドラマ、知ってますか?

15年前の倉本聰のドラマです。

全部見たかったら・・・違法かもしれないけど(汗)こちらで見れます。

倉本さんのドラマは多分全部見ているかと。

先生本人にも直接お会いしてお話しさせていただいたことがあります。

もう30年前ですが。

場所は富良野。

20〜30年前、私はよく富良野、美瑛によく行っていました。

夏だけじゃなくて、冬にもよく行っていました。

色々疲れてくると、また美瑛、富良野に行きたくなります。

一度行くと1〜2週間ぐらい滞在して、帰ってくることを繰り返していました。

このドラマで使っている曲

いいですねえ。

こういう曲を聴いていると、自分が弾いているクラシックなんて何の価値があるんだろう?と思ってしまう(汗)

なんか価値あんのかな?自分に?

自分なんてどうでもいい存在じゃん(笑)

またこれで悩みます(笑)

倉本先生の本質は「時代の逆行」です。

東京のテンポではなく、人間の持つ本来のテンポ。

クラシックピアノにおいてはいわゆる”ノクターン”ですね。

ゆっくりなドラマのテンポはまさにこの”ノクターン”でして・・・。

テンポの中に全てのメッセージが大事に織り込まれています。

でも、・・・そう いうのって今の時代、流行らないんですよね。

ノクターンなんて、弾いてもあんまり、周りでは受けは良くない(汗)

そんな時代なんですよ。

倉本さんのドラマも同じ。

時代の逆行。

ひとしごとが終わったら、また富良野に行きたいなあ。

毎週月曜日はなるべく高尾山(笑)

先日の月曜日も一応高尾山に登ってきました。・・・といっても薬王院までで引き返しましたが(笑)

薬王院寺から頂上まではそれほどないかな?とは思いましたが、ちょうどお寺で護摩祈願もやっていたのと、下界で色々やらないといけないことも多いもんで(汗)

今回はかなり体も慣れたので、筋肉痛もほとんどなかったようでした。

登る途中にいくつもの銅像や碑石があり、その中に

六波羅蜜、という言葉がありました。

六波羅蜜という言葉は以前聞いたことがありました。

一応、多分・・・多分ですよ(笑)精進以外はできているかなと?

精進・・・

怠け心をなくし・・・

これ、なかなか苦しいです(汗)

自分に打ち勝つことの難しさですね。

誰よりも彼よりも、最大の敵は自分です。

お寺には

苦厄打ち封じ、というものがあったのでやってきました。

下山途中は・・・

これが一番良かったですねえ(笑)

自分にとって今の課題は多くの気に入った曲を仕上げることです。

曲を仕上げることは本当に精神力、体力、気力がいる。

しかもいい加減な気持ちでは、いい加減な仕上がりになってしまう。

忙しい中、体力、気力を保ち続けることは本当に大変なこと。

どうしてもダラダラと時間を弄んでしまうことしばしば。

昔の自分ならば、もっと精進していたと思います。

自分は別にブロガーではないし・・・仕事は一応ピアノ講師ではありますが、それは単なる仕事であって・・・

自分の本当のやるべきことは人前でまともなピアノ演奏ができること、収録すること。

先日、発表会の記念品探しにとある卸売り店に行ってきました。

ヤマギシ

そんな中に・・・

こいつを生徒の記念品全員に入れとこうかな?・・・

いや、今だれている生徒に渡すのがいいかな?

いや、子供より大人の生徒に渡すべきか?(笑)

・・・と思ったんですが・・・

自分用に一つだけ買って帰りました(笑)

いずれコーヒーと大麻、合法ドラッグが同類になる時が来るんじゃ?

今回沢尻エリカが執行猶予がついて、実刑を免れました。

世間では芸能界追放まで意見が出ていますが、私なりの考えを述べますと・・・。

いずれコーヒーを外で飲んだら逮捕!なんて時代が来るかもしれませんよ(?)

私は思うんですが、大麻、覚醒剤、合法ドラッグ・・・

そりゃ確かに法律違反なので、やったら捕まるのは当然ではあります。

しかし、考えてみたら、これって決して他人に迷惑をかけているわけではないんですよね?

だからってドラッグを合法にしろ、とは思わないですよ(笑)

でもこの点って、なんか政府の思惑とかが絡んでいるような気がするんです。

知っている人はいるとは思うのですが、日本では戦前はヒロポンという覚せい剤の一種が認められていました。

旧日本軍ではよく使っていたという記録があります。

当然、国の管理下で売っていたわけで・・・

それが戦後、膨大な薬が軍から市場に出回って、挙句には暴力団が資金源にするようになってから慌てて国が法律違反にするようになったとか。

一方で、現在はオランダや最近ではカナダでは大麻が合法的に買えるようになったらしい。

多分ドラッグ関係の犯罪を防ぐには合法的に決められた場所で国が売ってしまえば、犯罪が起こりにくいと考えたのだと思います。

ついでに国が管轄すればマフィアの資金源にならないし、税金も入るし(笑)

考えてみたら一部の国で合法と認められること自体がどうなっているんだろう?と思います。

なんども言いますが、だからって日本も合法にしろとは思わないですよ(笑)

ドラッグを続けることによって、身体や脳に異常が出るでしょうし。

でもそこなんですよ。注意して欲しいのは。

身体や脳に異常って・・・

それってお酒やたばこも同じじゃないですか?

お酒なんて、アラブ国では禁止です。手に入りません。

(ちなみにカナダでは、なんと!外でビールなどのアルコールを飲んだら逮捕されます!あくまでも店内でアルコールは飲むのみです)

アラブ国では秩序を乱す飲み物とされているんです。

つまりドラッグ=酒、なんです。アラブでは。

アラブ人ってお酒無くしてどうやってハイになるんだろう?と思うんですが・・・

でもハイになるという点ではお酒もドラッグもあまり変わらないような?

酔いが冷めれば何にも害はないだろうし、度が過ぎれば間違いなく健康に害が及ぶ。

アメリカでは昔はお酒でさえも簡単にお手に入らなくて、禁酒法というものがありました。

結局マージンを国が押さえたいということだったんだと思いますが・・・。

ドラッグは今やメキシコのような国ではマフィアが絡んでいて大問題なので、アメリカではどう考えても今後法律的に認めることはないだろうとは思うのですが、マフィアの問題がなかったら、アメリカもどう考えるんだろうと。

加えて・・・思うんですが、タバコってですねえ・・・

どう考えても百害あって一利なしとされているじゃないですか。

タバコの箱にも「健康を損なう」と書いてある。

だったらいっそのこと、禁止にしちゃえばいいんです!。

吸ったら逮捕にしちゃえばいい(笑)。

だって体にいいこと何もないんですから。

でも吸っても別に誰にも迷惑をかけちゃいない!と愛煙家から言われそうですが・・・

それ言ったら。大麻もマリファナも同じ(笑)。

大麻、マリファナが禁止でなんでタバコは合法なんだろう?

そうでなくても今やたばこはレストラン等お店では嫌われ物。

そこをそうしないのは・・・やっぱり・・・

税金でしょ?

空港の免税店ではタバコって半額で売ってます。

つまり半分は税金です。

やっぱり財源としては無くしたくないから、今でも売っている、としか考えられない。

考えてみたら、タバコも合法ドラッグも覚せい剤も、依存性がある。

ないと生きていけない、という点で暴力団の資金源になってしまう。

それも問題の一つなのでしょうけど、依存性といったら、最近では睡眠薬(デパス)も深刻な常習性という面で問題になっています。

なのでどれが違法でどれが合法かなんて、簡単に言えません。

そう考えるとですねえ・・・

コーヒーって・・・これも依存性が高いじゃないですか?

私なんか、結構コーヒーの依存性、たっ・・高いです。めっちゃ(汗)

ないと生きていけません(汗)。

最初は体の疲れ、ストレス軽減にカフェインが効くんです。

そういう理由から始まって・・・完全に今では常習性バリバリです(汗)

でもそれって・・・エナジーモンスターみたいに死んじゃう人もいるから・・・いずれ未成年に法律規制が入ってもおかしくないです。

コーヒーでも効かない場合は次に私はリポビタンDに行くんですが・・・

常習性、依存性ということでいずれ、街中でコーヒーとリポDを飲んだら逮捕!とかって・・・

論理的にはありえなくもない、ですよ。

自分がガキの頃を思い出します。

まだ小学1年の時、近所に大きい家具屋さんができて、そこに行った時、お店でコーヒーをお客さんに出していたんです。

兄貴と一緒に「コーヒー飲んでみようぜ」ということでカウンターに座ってコーヒーを飲んでみたんですが・・・

これが最高に苦い。

「これ、すんごい苦いよ」と兄に言ったんですが・・・

兄「それがコーヒーっていう大人の味なんだよ、我慢して飲め!」

と言われて我慢して飲んでいたことを思い出します。

こんなまずい飲み物、大人は飲んでいるのか?と思いましたが・・・

それから徐々にコーヒーに味をしめていきました(笑)

あれがコーヒーじゃなくて、タバコでなくてよかったですよ(笑)

そうそう、それから私が20代の頃、カナダに旅行に行った時、ドミトリー形式の宿に2週間泊まったのですが、周りのカナダ人はしきりに私にコカイン、マリファナを勧めるんですよ(笑)

日本ではドラッグに対する締め付けがあったので、私もさすがにやらなかったのですが・・・ありゃカナダに留学している日本人とかは、年間単位で滞在していたら、付き合いでやらざるを得ない環境になるだろうなとは思いましたよ。

コーヒーとピアノ

常習性、依存性・・・。

どちらも危険でっせ。辞めといたほうがいいです。私は勧めません(笑)

登れたのはいいですが今日は身体が痛い(笑)

昨日薬王院の節分会が行われたので、午前中に行ってきました。

なんでまた節分会に?と思われるかもしれません。

実は私は今年の2月4日で2年間の天冲殺の時期が終わる身なんです(汗)

明日からは色々とやりたいことを挑戦していけるので、節分の日を境に気分を切り替えていきたいと思って薬王院に行くことにしました。

ただし・・・いつもならケーブルカーを使うのですが、修行の場という薬王院を考えて、今回からケーブルカーを使わずに登ることにしました。

高尾山のケーブルカー入り口付近に行くと・・・
節分会の受付をやっていました。普段なら左に行ってケーブルカーに乗りますが・・・
今回は右の登山道へ・・・

登山道といっても、1号登山道といって、かなり整備された道です。

この時点で実は時刻が9:40。一方節分会が10:30から。

はて?間に合うんだろうか?

1号登山道は薬王院まで約70分かかると書いてあります。

これは間に合わないかな?と思って早歩き(登り?)でえっちらと登ります。

途中確かに傾斜はきついのですが、最後のきつい傾斜を登りきると・・・

いつもの平坦な道に出ます。

・・・と、薬王院までは私の足では実は30分でいってしまいました(笑)なんだ大したことなかったな。

途中の108段?の煩悩階段は病院の階段のように2段飛び越えで走りました。

余裕で薬王院に着いて節分会を待ちます。

豆を広げるところ。

お堂の中では護摩祈願が行われています。この護摩祈願、中で正座して聞いていると、心が締まります。

いつものように貪瞋痴をここでお捨てなさいと、和尚様からの説教が聞こえます。

護摩祈願が終わるといよいよ節分会です。

巻かれた豆はキャッチすると今年の御利益が増えるそうです。

節分会を終えて、お店で売っているごま団子や、天狗まんじゅうを食べながら帰りも同じく歩いて帰りました。

往復で60分程度ならケーブルカーなんて使わなくていいや・・・と思ったのですが・・・

いやそれがやはりランニングでは普段使わない筋肉もあるので、翌日は身体のあちこちが痛いです(笑)

でも体を鍛えるには好都合なので、できればいつもの月曜日の教室の定休日にはこうやって薬王院まで登って行ければなあと。

途中の団子屋の護摩団子と黄金団子、結構上手くて病みつきになります(笑)

あれを目指してまた来週、登るか?

しかし、たまになら新鮮なのでしょうけれども、例えばこれが毎週登るとしたら・・・

同じことの繰り返し。これに耐えられるのが修行。

寺のお坊さんたちは果たして寺に行く時には自分で歩いて登っているのでしょうか?

ちなみに、薬王院専用の駐車場はケーブル駅近くにあって一日500円なのでお得です。

エグい地域

私の母は現在、リハビリのために老人施設にいます。

この地域にはかなりの数の老人施設が乱立しており、確認しただけで、ざっと10以上の老人ホーム等があるようです。

加えて、その老人施設の端にはしっかりと総合病院があり、そこでは主に高齢者が主体で、看病を行なっているようでした。

しかも・・・その地域の端には・・・なぜか?葬儀場まであり(汗)加えて、その後ろの裏山には火葬場が(汗)。

また、その火葬場の向こうの山肌には数え切れないぐらいの分譲墓地があり・・・。

初めて見たときは「いやあ、すんごいエグい地域だなあ(笑)」と思ったものです。

ここまで読むと「なんて不謹慎な!その老人施設にいる方々に失礼じゃないですか!火葬場なんて書いて!」

・・・と、思われがちですが・・・

あえて反論させていただきます(笑)

実は私の父はここの老人施設に入り、病院にも通い、そして最後にはこの病院で息を引き取り、さらに葬儀場はここで(笑)火葬場、分譲墓地と、すべてここで済ませました。

当事者に言わせてもらえれば、限定された地域だったのでトラブルがなく、スムーズに全ての行いを滞りなく行わせてもらったものです。

しかも、葬儀ともなると、高齢者の方々が遠くからいらっしゃいます。

呼ぶ方に「例の入院していた病院、老人施設のすぐ近くです」と電話で言うだけですみましたし、火葬も納骨も場所など、親戚を道に迷わせずに済んだものです。

確かに営業的にすんごいセット地域ではありますが(笑)。

とかく葬儀場、火葬場、墓地って世間から嫌われるもので、よく建設反対運動ってありますよね。

でも、人間、死ぬことは避けられません。

必ず通らないと、いけないことなので、それに関する儀式も避けられません。

50代になると多分、誰もが自分の”死”と言うものを考え始めます。

なぜなら50近くになると知り合いの葬式とかに呼ばれることが少しずつ増えてくるからです。

加えて、誰それが癌になったとか。

いつまでも生きている・・・とは考えにくくなります。

どうやって死と向き合うのか?

その時の答えは「避けられないことだから、それまでやれることはやっておく」という答えに私はなります。

”死”は恐ろしいもの、不吉なもの、不謹慎、近寄りがたい・・・というより、生誕とか結婚とか、入学とか就職とか・・・そういう延長線上の最後の終着点というか・・・。

だから、反対運動ってどうなんだろう?と思うときはあります。

だって葬儀とかって嫌われているけど「だったらあんた、死ぬこと、避けられんのかよ?」って。

もちろんその最後のセレモニーは最近はかなり地味になりつつありますが。

どんなセレブでもお金で永遠の生命を買うことはできません。

死ぬことが不吉なものなのか?それともそうでもないのか?

それは本人しかわかりません。

加えて、寿命なんて、もう運命でしかない。

しかし、考えてみたんですけけど・・・

どうせ死ぬなら、その前にふんだんに借金して遊びまくって1億円ぐらい借金して死んだほうがええんでないかね?

さすがに地獄まで借金取りは来れないだろうし。

俺だったら・・・

スタインウェイ、ヤマハ、ベヒシュタインフルコンピアノを3台買って、ウィーンに豪邸を買って、毎日オペラを1等席で見て・・・。

あ、そうそう3時のおやつは毎日インペリアルトルテをたらふく食べて・・・もうトルテ飽きたよ、と言えるぐらい。

それでたんまり借金して死にたいなあ(笑)