むらたアラート発動(笑)

いやふざけているのではなくてですねえ・・・。

ここのブログがそろそろ移動します。

兼ねてから用意してありました、新しいHPがほぼ完成しまして、そちらに移りますが、仕事用のHPは異動先へのリンクが作れると思うのですが、こちらのブログはひょっとしてリンク先が貼れないかもしれません。

ある日訪れたら突然、サイトが消えていてですねえ・・・

「・・・ああやっぱり、コロナで倒産したんだわ」

って思われても仕方がない零細教室なんですが(汗)一応しぶとく生きていると思いますので。

アドレスは多分これだと思います。(今は見れません)

ただ、何分にもHPソフト制作には疎い素人なので、違うアドレスになるかもしれません。

どちらにしてもmurata-piano.comのHPの中にブログ集というリンク先を必ず貼ると思うので、もし違っていましたらそちらを訪れてください。


さて、本題に入りましょう。

いよいよコロナバカンスが終わってしまいました。

仕事が始まると、なかなか体がきついのですが(笑)まあこうやっていないと人間ダメになっていく気がするので、やっぱり仕事をやらないとなあと思っています。

今までリモートオンラインでレッスンをしていた生徒の直の生レッスンを今回何人かやりましたが、思っていた以上に、オンラインレッスンは細かい部分が観れていなかったことが判明しました。

やっぱりオンラインは、まあ顔をあわせることは出来ても、かなりの制約があるようでした。

ピアノレッスンはこうでしたが、果たして学校のオンライン授業はうまくいっているのでしょうか?

ちなみにピアノオンラインはどうなるかというと・・・

こんな感じですよ(汗)これでレッスンになると思いますか?(汗)

あくまでも「こうだろう・・・汗」という予測でレッスンをするんですよ。

よっぽどこっちの方がよく聞こえます

要するに100年前の方が音質がいいということです(汗)

パハマン、いい演奏しています(笑)

ちなみにパハマンというピアニストは1900年前後に活躍していたピアニストで、演奏自体を聞くといい加減なイカサマピアニストのようですが(笑)実は当時絶大な人気を保っていたピアニストで、しかもこれがショパンの孫弟子でした。

かといってショパンがこう弾いていたというわけではなく、当時こういう演奏スタイルがほとんどだったということだと思います。

ショパンも時にはこういうスタイルで弾いていた可能性は十分あったと思います。

こういうスタイルが良くないという反省から、戦後コンクールが始まって現代の味気ない(?)クラシック演奏会があると私は思っているのですが・・・

ショパンが死んでから50年しか経っていない時代の演奏がイカサマなのか?

それともショパン没後150年も経って現代の演奏が本当にショパン伝承の演奏なのか?

それは1000年後に判断されるのかもしれません。

さあて、コロナバカンスも終わってしまったのでこれから頑張りますか。

 

とうとうコロナバカンスも終わりか・・・

長いようで短かった(汗)

色々やりたかったのだが・・・どういうわけか?

できたことはほんの少しで、まだやっていない、済んでいなことが山積みである。

なんでこうなんだろう???

ここ3ヶ月はいわゆる「隠居年金生活者」のような生活をしていたわけだが・・・。

年金生活者なんて暇なんだろうと思ったのだが・・・いやいやとんでもない。

あっという間に1ヶ月が過ぎる(汗)

なんでだろ・・・汗。

こうやって年金生活者は日々過ぎていくのだろうか(汗)

まあ確かに毎日楽しいのだが。

気がつかないうちに死んでいるんだろうなあ。

まあそれはそれでいい人生なのかもしれない。

所詮、人の人生なんてその程度なんだろう。

その人生の間で何を達成できるのか?

それを人間は求められている。

何を残せるのか?

残したものは人に役立つものなのか?

どうせお金とか家とか、宝石とか・・・

そんなもの、あの世があっても持っていけない。

三途の川を渡るときに、船渡しの人に渡す船賃程度だ。

しかもあの世がなかったら、そんなの残しても意味がない(笑)。

残しても後の人たちに役に立つ、意義のあるものしか、築き上げる意味がない。

頑張らないとなあ。


話は変わりますが・・・

巣ごもりの間、それほど多くはなかったけど、オンラインレッスンをしました。

このオンラインレッスンとやら・・・

今回よ〜くわかりましたが・・・

はっきり言って・・・

なんスカこれ?

世間ではオンラインとかって流行っています。

ピアノレッスンでもかなり流行っていたようですが・・・

メリット・デメリットとかって、あちこちでピアノの先生達で論議されていましたが・・・

そんな論議、必要あんの?(笑)っていうのが私の意見。

もちろん、そんなこと言っても私も利用していたんで、何も言えないんですが・・・。

まあとにかく、原因はインターネット回線環境なんだろうと思います。

とにかく、音質が話にならない。

やっているうちに自分のレッスンスタイルが確立してしまうんです。

つまり・・・デジタル的なレッスンになっていくんです。

音の間違い、テンポの訂正。

カメラ視線によっては指使いの訂正。

それだけ(汗)

あとは何も指導できない。

特に音楽指導はほぼ皆無。

現代はデジタル化されていますが、アナログという面では完全に置いてかれているわけです。

どうりで人間もデジタル化されて、アナログ面が置いてかれるわけです(汗)

ここんとこ、なんとか回線業者はなんとかならないか検討して欲しいです。

本来、オンラインレッスンというものは、遠く離れた人とのレッスンのために、これ以上役に立つ手段はないはずなんですが・・・。

今後、いわゆる「スーパー光回線」なんてものができるといいです。

今私の回線は2Gbpsですが、将来

100Tbps(テラ)なるインターネット回線を希望します。

それぐらいじゃないと役に立ちません。

しかも今回、5月下旬からあちこちでオンラインをやっているせいか、回線がよく止まることが多くて(汗)

これだけ科学が進んだ現代で、これほど役に立たないものはないです。


また話は変わりますが・・・(笑)

今や遅きに失しましたが、スーパーには巣ごもりのためのかなりの品揃えが盛りだくさんです。

久しぶりに買い物に行ったら結構な品揃えで楽しい。

こういうパッと食べられる、作れるものが豊富にあるのはいいことです。

しばらくはこの品揃え、続けてくれるといいです。

・・・というわけで・・・

色々ありますが・・・

私にとっては・・・

もう一度、2次感染が爆発的に拡大してコロナバカンスがもう一度来ることを切に願います。

安倍さんもyoutuberも楽じゃないなあ。

そろそろコロナバカンスも終わりに近づいております。

ようやく普通の生活に戻りつつありますが、今回において、政府のゴタゴタ混乱はかなりなものでした。

給付金はもちろんのこと、アベノマスクもまだ届いておりません(笑)

まあそういうものは、これだけの数なので、すぐには届かないだろうと予測はしていたんですが・・・

自営業にとって一番困ってしまったのはですねえ・・・

私は、いの一番の3月下旬に政府系金融機関にすぐ運転資金の借り入れに行ったんです。

無利子というので。

3月下旬の頃はまだのんびりなもので、政府系銀行では行員は一応マスクはしているものの、来客はマスクはしていないし、ソーシャルディスタンスとやらもまだ守っていない状態でした。

緊急事態宣言がまだ出ていなくて、まだまだ緊張感がなかった頃に申し込んだんですが・・・

全ての最終手続きは終わったんですが・・・未だに振り込まれません(汗)

くれるお金じゃなくて、借りるだけなんだから、とっとと振り込んでくれないと困ってしまうんですが・・・

2ヶ月経ってもまだ運転資金が振り込まれないっていうのは・・・規模の大きい会社だったらとっくに倒産です。

うちは吹けば飛ぶような(?)小さい零細個人事業主なのでまあなんとか生き延びてはいますが(汗)設備投資やら、ウン十万の高い家賃を払っているところなんかは1ヶ月で振込がないんじゃ致命的だと思います。

まあそれでも今回は前代未聞な出来事なので仕方がないと諦めていますが・・・それでも危機管理体制っていうんですかね?

とことん日本って弱いんだなあと。

それでも他国と比べりゃ、コロナ感染はかなり押さえ込んで、封鎖せずに解除できそうなんで、そこんとこは優秀だとは思います。

でも、いずれ空港は再開するんでしょうけど、その時ですね、一番やばいのは。

安倍さん大変な貧乏くじ引いたもんだなあと思いますよ。

話は変わるんですが・・・

今回、新しいyoutubeのチャンネルを作りました。

内容はピアノ講座に関してですが・・・まだ以前のものを再アップとか、新しいものはまだ全然ないんですが・・・まあご覧になってください。

いずれ、少しずつ曲に関しての講座を動画でアップしていきます。

しかし、youtuberって大変だなと思いましたよ(汗)

これだけの動画を作るだけでけっこう大変で(汗)

みんなそうだと思うのですが、絶対一発撮りですぐ編集して載せてなんかいないです。

なんだかんだとやり直しとか、編集したりして・・・すんごい時間かかります。

正直言って文章で書くほうがよっぽど楽です。

おまけに・・・youtuber って顔出しているじゃないですか。

いやあ俺はそういう自信ないなあ(笑)

なんていうか・・・若い奴なら、若さで許されて誰でも載っても、それなりに様になるとは思うんですが・・・

中には私と同じぐらいの年齢の冴えない顔しているオヤジとか(笑)

よくやるなあと(汗)

まあ私はそれでもyoutubeのチャンネルは、ブログのようなお笑い系はせずに真面目にピアノ講座のみでやっていくのでまあ顔は出さなくてもいいいかなとは思っているのですが・・・。

それともわけわからん、お笑いyoutubeを作ったら、受けに受けて、収益受け取りになっちまったりして(笑)

やるんだったら・・・やっぱり・・・

これぐらいを目指さないとね。

この時期は自分が何者なのかがわかる時期。

コロナに関係なく忙しく仕事をしている人は別として(汗)

まあそういう人は少ながらずいると思います。

医療関係、スーパー店員、公務関係の皆さん、大変お疲れ様で且つ、大変ありがとうございます。

それ以外の私のような暇な人たちに向けての意見です(笑)

自分が一体何者なのか?

何が理由で生きていて、何が目標なのか?

そんなことをこの時期、じっくり考えてしまった人は多いのではないでしょうか?

どうですか?

例えば・・・

仕事ってなんなんでしょうかね?

仕事・・・もちろんお金を稼ぐための手段ですよね。

でも単にお金だけでもないような気がします。

つまり・・・なんであなたはその仕事をやっているのか?

昔、故・高倉健が「俳優の仕事をしたいと思ったことはない。仕方ないからやっている」と昔、言っていたことを思い出します。

本音ではあるのでしょうけど、・・・本心ではないような気もします。

単純に趣味ならいざ知らず、仕事にしてしまうと嫌いになってしまう、ということなんじゃないかと。

ただ、あらゆる仕事をやっている人を見て思うことは・・・

特殊な仕事をやっている人であればあるほど、何か目標があるんだろうと(いや決して、だからって特殊清掃人とか?!?)

もしお金が目標で、かなり儲かる仕事内容だからやっている、という人がいたとしても・・・

その仕事、果たして長続きするかは、微妙なのかもしれません。モチベーション的に。

最近はyoutubeをよく見ていますが、youtuberも含めて、お金が欲しいから、ではなくて、どの人もそれなりに強い信念、目標があるような気がします。

もちろん、自分がやりたい仕事で生活が成り立たなかったら、それは問題なのですが・・・。

仮に儲かる仕事をやっていたとしても、それはたまたま儲かるだけのことで、その仕事をやりたいから所詮人はその仕事をやっているのではと?

でなければ、前にも述べたように、モチベーションが長続きしないので、いずれ、辞めることもあるかと。

やりたい仕事、もしくは自分がやりたいことに最も近い仕事ってなんなんだろうかと?

じっくり自分のことも考えてみました。

そして出た答えは・・・

よし!俺も高倉健に続いて俳優を目指そう!

・・・じゃなくて(笑)

やっぱり自分の実現したい演奏を録画したいです。

あんまり世間にある、気に入らない演奏動画を見ると、どうしてもそう考えてしまう。

自分はなんだかんだと、いい加減おじさんになってしまってですねえ・・・

その割に自分の演奏自体も気に入った動画演奏が少ないです。

どれも満足できない内容だし・・・。

私は私なりに、演奏に信念があります。

私はあんまりやかましい演奏、硬い音の演奏、速いだけの演奏、正確なだけの演奏は気に入らない。

加えて・・・なにがしか、生命が宿る(?)演奏を作りたい。

・・・なんて高倉健みたいに格好良いこと言ってますが(汗+?)

・・・(高倉健がダサいと思っている人にはすみません)・・・

それをやっぱり早く動画にまとめて出していきたいかな?

コンサートとかって・・・お金もスタッフもいるから結構大変。

そういう意味では、youtubeって結構便利です。

音質が思ったように、うまく録音できれば、ですが(汗)

それに付随して・・・

そういう音楽を作り出すにはどういうテクニックと音楽性を身につけたら良いか?

・・・ということに重点を置いて仕事をしたいかな?

お金はどうでも良いですよ。

もちろん稼げるに越したことはないけど・・・

そういうものは多分・・・多分ですよ?

自分が成果を積み上げた時に、後からやや遅れて(?)ついてくる。

・・・だと良いんですが(笑)

どちらにしても・・・

時間は有限なので、そういう目標を早く実現したいかな?

加えて・・・

またいつか・・・

コロナ第2波によるコロナバカンス。

楽しみにして、お待ちしております!!!

コロナにでもかかって、くたばってブログ中断かと思わせておいて・・・

昔も自粛なんて時期があったんですねえ。

それより、この「コロナバカンス」もあと3週間になりました。

私としては、ここまでくると、あともう1ヶ月バカンスが欲しいなと思ってしまうのですが、もうそろそろ仕事もやらないと流石にやばいので、あと3週間で社会復帰をするつもりです。

しかし、社会復帰できない人って結構出るんじゃないのかな?

思えば、日本人にとって今回のバカンスは前代未聞の経験。

私も実は今まで年中無休だったのでいい経験でした。

来年もワクチンが開発されないのであれば間違いなくまた「バカンス」がやってくるので、その際には事前に海外(南の島や、ヨーロッパの田舎とか)に脱出するのが得策でしょう。

話は変わりますが・・・随分昔の話です。

自分が大学受験の時にとある、某国立大学を受けた時の話です。

実技試験の時になんでも、なんていう名前だったか忘れましたが、とある試験官(教授)が受験生の演奏を聴いて、気に入らないと鉛筆を机に「コロン!」と、音を立てて投げる、という噂がありました。

大概その「コロン!」が出たら、その人は落ちる、というジンクスがありました。

どのあたりでその「コロン!」が出てくるか?

2次試験までで「コロン!」が最後まで出なければ、その人は「受かる」わけです。

私は初っ端から「コロン!」が出たので、弾いている最中に「あーダメだ」と思ったものでした。

今そんなことやったらたちどころに誹謗中傷がきてしまうのでしょうけれども・・・

でも考えてみれば・・・

冷たい態度を試験官が取っているように思えますが・・・

今思えば、当然の行為だと思います。

国立大学なので国費(税金)を使って運営しているわけです。

税金を使って、さらにプロの音楽家の養成をしている大学です。

中途半端なレベルの学生はいらない。そんな奴は適当な私立にでも行けと。

うちらは日本を背負って立つ、世界に通用するプロだけ養成するんだと。

・・・今考えれば、至極当然な考えかもなあ・・・と思います。

言ってみれば、オリンピック選手養成や、自衛隊訓練校みたいなもんです。

確かにこの世界、厳しいようなあ、と。

でも、プロにならなくても、この世界、厳しいですよ。

自分でさえ、時々「しんどいなあ」と思うことしばしばです。

嫌だったら他の世界に行けば良いだけのことです。

なのに、結局、この世界にしがみついて、ここまで来てしまった。

50代のオヤジたちはみんな、そう考えるんでしょうね。

「他に良い人生あったかなぁ・汗」と。

お亡くなりになった志村けんさんとかって、羨ましいです。

いや、そういうのがうらやましんじゃなくて・・・汗。

いやそれも少しは正直ありますが・・・

それより、芸を極めた芸人ですから。

私ももう少し、いろいろ頑張らないといけません。

もう少し経ったら研究動画をアップします。