ポケモンのごとく突然現れるブログ更新!

題目 「レベル低!

なんでも今度は都知事選挙らしい。
ずいぶんすったもんだの挙句にようやく候補が出揃ったらしいけど、正直後出しジャンケンが有利のはずがそうでもなくなっている。
もちろん、任期切れじゃない状態だったから誰もが慌てて準備をした選挙、ということもあるんだろうけど、野党はゴテゴテに回っている。
正直蓮舫さんが出た方がダントツにガチンコ勝負になっていたんだろうけど、他にいい候補ってなかったんだろうか?
何もタレント議員でなくてもいいから、まっとうな知名度もある政治家が出ればよかったんじゃないのかな?
民主党だって元々は自民党員の人が多いんだからその中でまともな人はけっこういたはず。
しかしそこで出たのが例のお方。
確かにジャーナリストだからいろいろ詳しいことは間違いないけど、でもいきなりだったから確かに準備不足な感じは否めない。
どんな世界でもそうだけど、評論家と現場で働いた人との差は結構ある。
なんだかんだとケチをつけられても「だったらお前がやってみんかい!」•••、と言いたくなることはよくあるわけで(笑)
一度は政治の世界で勉強した人間でないと、都会議員ならまだしも、いきなり都知事はどうなんだろう?
政治の世界っていうのは思っているほど単純じゃないような気がする。
どんな世界でも現場の情報は外側ではわからない。
そこがピアノ指導でも難しいところ。
ただ、今回私が言いたい『レベル低!」はこの候補のことじゃなくてですねえ•••。
この候補に関しての週刊誌のすっぱ抜きです。
なんでも、この候補が女子大生にわいせつまがいのことをしたという記事です。
うへー、さすがに男前だけあって、うらやま・・・いや間違えました。
圧倒的に選挙に不利な内容を書いてきました。
どうしてこうも、どいつもこいつも女性関係でにぎわすかなあ(笑)。
まあしかしそれだけ、仕事が出来る男なんでしょう。
私は思うんですがね、こういう内容に憤慨する男がいたとしたら・・・それは妬んでいるんですよ。自分がモテない、甲斐性のない男だから(笑)。
男前で別荘所有かあ・・・。
あ、いやでも私も甲斐性がないのは同じですが、私は妬むっていう風には考えないなあ(笑)
それは良いとして、この記事、よーく読んでみると、どっかすごくおかしい。
なんたって、もうかれこれ14年も前の話らしい。
なんで14年前の話をいまさら、しかもその夫が今まで言うのをこらえて我慢してきたがこの度の立候補と聞いて・・・って・・・。
うーん・・・35歳の妻を前にして、夫が積もり積もった怒りを今さら・・・いや・・・なんでもないです。
何歳であっても妻は新婚から変わらぬ魅力ある妻でしょうから(汗)
それがわからん、どこかの男は離婚を突きつけられるんでしょう。だれかの実話ではありませんが(汗)。
しかし、それが本当の話だったら、逮捕されるんじゃないかね?
なんで当時、警察に相談しなかったのかなあ?
このネタ話、本当か嘘かわかりませんが、本人が気にせずに「だからなんなの?」程度で跳ね返したらいいのになあと思いますが。
そういう嘘くさい話を跳ね返すぐらいのカリスマがないと今の政治家はやっていけないと思いますよ。
まあなんていうか・・・マイナス面があろうともそれを倍返しでプラスに変えてしまうような、人を惹きつけるカリスマですよね。
今回は私の予想では、K候補が選ばれるんじゃないかなと予想しています。
仮にK候補が「30年前に都内高級SMクラブでS女王として君臨していた衝撃スクープ!」
・・・なんて出てきても、跳ね返す実力もあるでしょう。

・・・あー最近くだらねー話ばっかり書いてて、俺ってどうしようもない甲斐性ないやつだなあ・・・。
次回はおとなしく、重量奏法と子供スキルアップの更新だけにしとくか・・・。

今年は日本でおとなしくしています(笑)

いつもでしたら、この時期・・・そう、X国へ行っているのですが、今年はなんと!日本にいることになりました。
本来は行く予定で準備をしていたんですが、残念ながらある野暮用ができてしまって、現在日本を離れることができなくなってしまいました。
一体何の用なのか???
まあ、たとえばですねえ・・・パスポートが停止扱いになって国外逃亡ができなくなってしまったとか・・・ですなε-(´∀`; )
まあそういう真面目な冗談は置いといて。
ヒントは…高知東生です\(^o^)/
いや、覚せい剤じゃないですよ(笑)
かといってエステでも愛人でもないです。
もちろん高島礼子よろしく、●婚はとっくにしていますし(*´ω`)
しかし、正直、直前までどの曲もあんまり仕上がっていなかったんで、まあこれで今年は良かったのかなあ、とは思います。
ああいうマスタークラス参加者は余裕で2夜+コンチェルトぐらいのリサイタルプログラムを抱えている人たちばかりなので、そういう中に即席で曲を仕上げていくというのも、まあ場違いではあります。
もちろんそれでも私は今まで参加していたわけですが・・・。
自分のレベルはともかく、今年はあのレベルの高い連中のレッスンや演奏が聞けないのは非常に残念ではあります。
と、加えて、やはり今年は参加しないとなると、だらけてしまうのも事実ではあります(-_-;)
やっぱり参加しないのはよくないことで、どこかでMAXに精神力、集中力を行使する場は必要です。
それがあるから自分が進歩できるんですよ。
それを怠ると・・・特にピアノ講師は実力が落ちていきます。
どんなに自分だけが自分だけの世界で実力を高めようと思ったって、無理があります。
やっぱりとんでもない世界に入らないと、自分を見つめ直せません。
時々私のことを「自分のことに精一杯なんじゃないですか?」と批判する人がいますが・・・悪いけどそれは、素人ピアノ学習者の考えです。
悪いけど、自分の実力を高めないと生徒にレベルの高い指導はできません。
もしこの世界で「自分はもう十分研究はしつくしたから、これ以上勉強は必要ない」なんて言っている先生がいたら・・・それってよっぽどの世界的巨匠か、「いかさまセンコー」です\(^o^)/
たぶんそういう先生はピアノが弾けない。レッスンの時に口はよく動くけど(笑)

現実的に活躍しているピアニストでさえ、忙しさ故に、音楽性が進歩していない人や、以前より粗暴な演奏になっているひとは結構いる。
ピアノの難しさは、分かっているけど弾けない。もしくはわかっているつもりだったけどわかっていなかった。知っているつもりだったけど知らなかった。
これの連続です。
どんな先生でも研究は続けていかなくちゃいけないです。
続けていくから生徒に的確なピンポイントの指導ができる。

どっちにしても今年は寂しい夏になってしまいました。
なんたって今年は東欧美女集団が拝めない( ゚Д゚)