シリーズ〜私をこの世界に連れ込んだ(?)先生達〜4(謀反)

当時、先生に弟子入りということは、その先生が気にいったのだから、先生がどこぞの大学の先生ならば、その大学に入るのが常識だった。
しかし、私自身は自分の意思ではなく、親の意思だったので、私自身は決して気に入っていたわけではなく•••。
といったところで、常識的には私は教授の大学に行くはずだった。
しかし、私は•••教授の音楽性が自分に合わず•••
まあ親にもその辺りを説明して、なんとか説得したわけです。
もちろん親は反対したのですが•••
なんたって常日頃から教授は私に言っていました。
「あなたが私の大学に入って真面目に勉強してくれたら必ず教員のイスを用意してあげるわ」
ちょっとすごい話ですが、確かに当時、そういうことはよくありました。
事実、教授の愛弟子たちは確かに大学講師やら、准教授やら、そういう地位についていました。
•••そういう時代だったんですよ•••。
しかし、そういうことに興味がないばかりの私はあろうことか!教授の予想に反して、勝手に他大学を受けてしまったわけです。
いわば”謀反”といっても過言ではありません。
弟子たるもの、通常は師匠の大学に入るでしょうに、あろうことに完全に門下を出ていくわけですから。

•••しかし•••私が謀反を起こした理由っていうのはですねえ•••
•••音楽性が合わないのではなく•••そのうっ•••その辺りのご説明を•••。

当時、私が教授宅のレッスンに入っていた時です。
中で教授がある生徒に、ものすごい剣幕で怒鳴り立てていました。
あんなに起こった教授は見たことがない。
相手は確か学年で1〜2位を争う優秀な愛弟子でした。
教授は大学内ではいろいろと派閥争いで神経質になっており、その中でも自分の弟子が学年でトップを取るか否かは非常に地位を左右する内容でした。
そんな中で教授が生徒に怒っていたのは、まあ多分試験内容かな?•••と思いきや•••
「まあなんてハレンチなことしてくれたの?あなた、学生の身分で管楽器の男と同棲って、どういうこと?あなたの親に顔が立てられないわよ。今すぐここで親に電話して謝りなさい!男とも別れることよ!」
•••うへー•••( ;´Д`)
当然のことながら、学生の姉ちゃんはなんとかかんとか、反論をしていましたが、教授はそれをピシャリ!と封じて
「しばらくの間実家に帰って謹慎してなさい!。試験の時期になったら上京しなさい!」
•••と、言っていつものごとく、レッスンの合間の休憩室に戻ってお茶を飲み始めてしまった。
私はというと•••その修羅場にて、その姉ちゃんと顔を合わせ、うーん、立場上どういう顔をしたらいいのやら•••
•••うーんしかし、当時高校2年生という思春期ということもあり、まだ当時は●貞ということもあり•••一人勝手に
•••ハァーハァーハァー•••
と、興奮していたことを思い出します。
•••と、その時、私はあることを想定したわけです。
•••まてよ•••。私も教授の大学に入れば、今回の生徒のように、四六時中監視されるわけだ。
俺だって大学に入ったら彼女の一人や二人や30人や40人と、付き合ってみたいものだが、このままじゃ俺は大学生活をエンジョイできないじゃないか!
うーん、大学教授のイスと3〜40人の彼女。
•••どちらを取るかといえば•••

 

 

 

きまってまんがな。

•••もちろん、その目論見は他大学であるM大に入ったにもかかわらず、とうとう4年間彼女ができなかった、という、准教授のイスも、彼女も逃すという苦い結果となりました(いや両方とも無理だったと思いますがね)

ただまあ•••私が他大学に入ってしまったということは、教授にとっては相当ショックだったようでした。
最後に教授に謝罪の電話を入れた時を思い出します。
めちゃくちゃ怒られるかと思いきや、教授はすごく悲しそうな声で「お一人でおやんなさい!」と言ってがちゃんと電話を切ってしまいました。
しかし、当時私にとってはこれしか方法がなかったのです。
とにかく、あらゆることでがんじがらめでした。
弟子入りするということは当時はそういうことだったのです。
彼女とか、そういうことだけではなく、髪型から服装から、交友関係、そしてもちろん、学習レパートリや、音楽性まで•••。
私はそういうすべてのことに非常に窮屈感を持っていました。
多分あの時、私と教授の間柄は母と子だったと思います。
なんとかして、自分の母教授から逃れたい。
そういう気持ちがとても強かった。
親離れの時期だったんだと思います。
しかし、今となってみれば、自分の愛弟子が自分から去っていく事の悲しみはよくわかります。
決して悪い先生ではなかったし、私をよく可愛がってくれた事は間違いありません。
私はその教授の思いを反故にしてまった。
今でもそれは仕方がなかったにしても、罪深く思う事はあります。
そして、私は教授の元を離れて、一人M大学に入ったわけです。

シリーズ〜私をこの世界に連れ込んだ(?)先生達〜3(英才教育について)

いきなりですが、私は英才教育なんていうものは信じません。
自分が幼少の頃に受けてきた教育は世に言う英才教育なのかもしれませんが,そんなもの受けたって私の様に落ちこぼれにも入れないクズでしかあり得ないのです。
英才教育と言っても、本当にそれが価値ある教育なのかどうかなんて、おそらく素人には分からないのです。
分からないから多分、そういう専門家に預けるんでしょうが・・・。
そうやって、専門家に預ければ、安心・・・っていうところが危ないんですよ。
専門家の私がそういうんですから(笑)
専門家なんて私から言わせればピンキリです。
しかも、そのピンきりなんて、この世界をよく知っている極めつけの専門家でしか、そのレベルはわからない。
あんまりこういう事、言いたくないのですが,私の高校生までの教授は良い専門家ではなかったと思います。
しかし、当時、親にはそれは多分、分からなかったと思います。
教授だ、という事だけで信用してしまった訳です。
もちろん、教授自身も、自分がまずい、という事は分からなかったでしょう。
あくまでもぼんやりと・・・ではありますが、すべての事情を知っていたのは・・・私だけでしょう。
もちろん、では本物本命の専門家に就けば、万事うまくいくのかと言えば・・・。
それも違うでしょう。
私の様に、X国の有名な教授についても大して進歩しないクズもいる。
結局は、本人次第なんです。
そりゃあもちろん、優秀な才能を持ち合わせた生徒に、優秀な教授という組み合わせなら、最高の効果を発揮する事は間違いありませんが・・・。
どんな分野でもそうなんじゃないかと思うのですが、最終的には本人の努力が物を言うんじゃないかと。
本当にすごい奴って言うのは、育ちの良いサラブレッドから生まれることもあるかもしれないけど、意外と庶民的な長屋から生まれて来る奴も多いんじゃないかと。

・・・まあそんなこんなで、私は当時、教授に対していくらかの不信感を持ちながら習っていたのですが、いよいよ大学受験となった時に、私はとんでもない事をしでかした訳です。
いわゆる・・・
〜謀反〜
ですな。
教授に反旗をひるがえして出て行ったわけです。
今考えてみると、私はとんでもない人間だったようです。
次回はその辺りを・・・。

速報!うへーまじかよ( ;´Д`)

なんと!トランプ氏が大統領だと!

まじか!

大丈夫なのか?•••いや、アメリカにとっては大丈夫なんだろう。

アメリカは今後、新しい歩みに出るだろう。

まあアメリカのことは知ったこっちゃない。

問題は日本。

間違いなくこれから日本は軍事大国へ進むだろう。っていうか進まないとまずいことになる。

どう考えても核武装するより他なくなる。

冗談だと思うんだったら、お隣の韓国の様子を見たほうがいい。まず間違いなくこれから韓国も核を持つことになる。

加えて•••おそらくこれから中国と小規模で、限定的な戦争が起こる。

そして•••日本は負ける、もしくは降参する可能性が高い。こりゃ困ったもんだ。

第3次世界大戦、もしくは中東大戦争•••可能性はすんごく高くなる。

面白いことに、多分北朝鮮は日本と国交を結ぶ可能性は出てくる。

今年はイギリス離脱から始まって、とんでもない年になりそうだ。

大波乱の世界。まじですか( ;´Д`)

唯一日本人に有利なことは•••ドルが暴落して、iphoneが値崩れか?

私にとってはmac miniが暴落してくれれば、買い時になるかもしれない。

ここいらで•••村田ピアノ音楽院もトランプに続いて大波乱ニュースでも発表したいところだ(?)

ただ、悪い話ばかりでもない。

トランプ氏は、言ってることはハチャメチャだけど、今までのお世辞とうわべを辞めて、現実的な世界関係を築くつもりだろう。

それはそれで、見物するのは楽しいのかもしれない。

ひょっとすると、いい意味でも悪い意味でも、人間らしい大統領になるのかもしれない。

 

シリーズ〜私をこの世界に連れ込んだ(?)先生達〜2

親は一体何故私をこういう世界に誘いこんだのか?
母親はまあ、単純にピアノが好きだったんだと思います。
私が小さい頃は「あなたは音大を出て、その後、海外に留学して青い目をした女の子と一緒に帰ってくるのよ」とよく言っていた(笑)。
対して父親はどういうわけか「お前は教授になるか、弁護士になれ」と何故かよく言っていました。
教授と弁護士、っちゅうのはどういう因果関係かはよくわかりません(笑)。
まあ単純に、人に頭を下げられる身分になれということなのでしょうか?
父親は今でも理解できないことは山ほどあるので、まあそれはいいとして•••。
ただ、母親の考えは海外から帰ってきたら•••その後のことは聞いていません。
プロとしてやっていけとは聞いていませんでした。
しかし、それは音大を卒業する頃になって、ここに書いてあるように、どういうわけか自宅から徒歩30秒の会社に入社せよ、という考えのようでした。
どちらにしても、親は変な考えの元、私を大学教授に通わせたようでした。
教授のレッスンは、正直厳しかったです。
おっかなかった、というより、要求がきびしかったというか•••。
内容も威厳的な内容で、音楽も威厳に満ちた音楽性を要求することばかりでした。
正直、私には合わなかった(汗)
私が地元で習っていた先生は(まあ今でもそうですが)多分若い頃はキャピキャピギャルだったんだと思います。
よく笑ってよく冗談を言う先生でしたが、それに対して、教授はちょっと雰囲気が違っていました。•••そりゃそうだわな•••。
これが世に言う教授なのか•••。
レッスンの曲はバッハ平均律にベートーベンソナタばっかり。

小学4年生に、平均律とベートーベンソナタですよ!(笑)。
正直つまらなかったです•••といってもまあ、音楽の基礎は習ったわけなので、一方的に良くないと判断はできないし、それ相応に感謝はしてはいますが•••。
実はある時期から、父親が日曜日も仕事で会社に行くことが度々あり、そんなわけで私は一人で電車に乗って東京にレッスンに通うことが多くなったのですが、週末は結構緊張しながら東京に通っていたことを思い出します。
緊張しながら東京に向かうのですが、レッスンが終わると、ドバッと緊張が解けて、気楽な気分で帰ったものですが、この時、レッスンが終わるといつも通っていたところがありました。
レッスンではいつも緊張しているので、帰る時には先生が「トイレは行かなくていいんですか?」と聞くのですが、とても緊張していて、トイレに行く気はしません。
いつも断って、教授宅を出たのですが、その後に、駅近くのボーリング場に入って、安堵しながら用を足していたのを思い出します。
•••と、用を足したあと•••トイレを出ると•••ボーリング場なので、そこには所狭しと、さまざまなゲームがありました。
当時は10円ゲームがいっぱいある時代だったので、母親に「帰りに喉が渇いたからファンタを飲みました」と毎回報告して(当時ファンタは70円だった。今でも覚えている)10円のゲームを7回やって、楽しんでいたのを思い出します。
毎回、帰ってきた時に交通費はチェックされるので、交通費+飲食代はきちんと報告しなければならなかったのです。
レッスンの後はゲーセンで7回ゲームをして帰る。
•••これが私の唯一のレッスン後の娯楽であり、緊張と快楽の狭間の世界でした(笑)。
しかし、ある時期から母親が「そんなに喉がかわくんだったら、水筒を持たせてあげましょう」ということになり•••
ああ•••(ー ー;)
当時、私はその教授に大学に入るまで習っていたわけですが•••私にとっては色々と疑問がありました。
そんなこと、言いたくないのですが、教授の音楽性は嫌いでした。
しかもその先生は自分からピアノは弾かなかった。
今だからこれは言えますが、これは絶対にいけない。
先生たるものは、生徒の前では模範演奏は絶対にしなければいけないと思っています。
もちろん、絶対いつも必要、とは限りませんが、先生が音楽を示すことによって生徒が気がつくことはいっぱいある。
うまく弾けなくても、ミスが多くてもいいから、弾かなければならない。
音楽というものは、音に表してなんぼの世界なのです。
たまたまこの先生だけなのかと思っていましたが、正直この世界、弾かない教授は実は大勢いるようです。
ただ•••それでも私はこの先生に感謝はしています。
私が中学生の時に悩んでピアノをやめた時には一生懸命引き留めましたし、辞めている間も何度も手紙を貰いました。
また、戻ってきた時の喜びようはすごかったし•••。
教授は立場とか、格式とかしきたりとか、また大学内での派閥争いとか•••そういうことにはうるさい人のようでしたが、私に対して「この世界に是非入ってきなさい」と最後まで誘ったおかげ(???)で今の自分がいるわけです。
もちろん、それが本当に良かったのか今でもでわかりませんが•••。
教授はもう既に他界しています。
色々あっても、今ではやはりこの教授には感謝せずにはいられないでしょう。   と、同時にこの世界はそうやって、受け継がれていくのでしょう。      それがいいかどうかはわかりませんが。

シリーズ〜私をこの世界に連れ込んだ(?)先生達〜1

シリーズ〜私をこの世界に連れ込んだ(?)先生達〜1

早いもので私もこの世界の仕事を始めてかれこれ25年になる。
そういえば昔、ど根性ガエルとかいう番組で、ある教師が「教師生活25年」とかいうセリフを何度も言っていたが、25年もやっていると、色々と昔の頃を思い出しては自分の今の状況と比べることがよくある。
私をこの世界に連れ込んだ(というべきか、誘ってくれたと言うべきか?はわからない)先生達と自分、そして、あの頃の自分と今の生徒達と、比べることは多い。
そんな自分の昔の思い出をシリーズ編で振り返ってみたいと思います。

〜あれは小学3年生だった〜
私は地元の先生に習っていたのだが(その辺りもいずれ書くとは思いますが)ある時、その先生が習っていた先生のところへレッスンに行くという話になった。
なんでも東京まで行くという話だったが、行く前には何度も「どうせあなたなんか、先生に叱られっぱなしになるでしょうから覚悟しといたほうがいいわよwww」と何度も現在の先生に電車の中で笑われながら言われていたこと思いだす。
当時、教室ではなんでも先生のお気に入りの一番弟子も一緒だったが、その子と比べてあなたはねえ•••なんてよく言われたものだ。
もっとも私はその頃はあまりピアノは好きじゃなくて(笑)そんなことより東京に行ったんだったら、以前行った新宿の大丸デパート屋上のお子様ランチ、また食べたいなあ、と思うだけでしかなかった。
レッスンを受けるということもよくわからずに、その先生の家に着いた。
今でいう品川駅の近辺だったから、すんごい一等地なんだろうけど、以外と家の周りは自然があった。
林の中にあった小さい家にはグランドピアノが2台。
家の中はなんていうか•••外国風の飾りでいっぱいだった。
電話が未だにダイヤル式のしかもなんか古い感じの電話機で、面白かったのはトイレと風呂が一緒になっていた。
しかもトイレが洋式である。なんじゃこりゃ!•••である。
それもそのはず•••。
その先生は海外留学が長い人で、その頃はよく単語がわからなかったのだが•••要するにその人は大学教授だったのだ。
トイレが洋式で風呂と一緒だったのは、留学経験からだそうだ。
レッスンが始まると、先発の一番弟子がめちゃくちゃ怒られていたので(しかも弟子の地元の先生もひどく怒られていた)次の俺の時にはどうなっちまうんだ(ー ー;)と焦っていたのだが•••
これがどういうわけか、私の時には気持ち悪いぐらい褒める。
あれはなんだったのか?わからないが、それからしばらくして、•••たしか4年生だったと思う•••その先生のところに私自身が通うことになってしまったのだ。
この世界、先生に気に入られれば、しめたものなのかもしれないが、私もどうやら気に入られたらしい。何が良かったのかはもちろんわからないのだが•••。
それからはもう大変で毎週親父の車に乗って、品川までレッスンである。
これって•••今考えてみるとすごいのか、すごくないのか?
お車で東京まで、おレッスンですよ(ー ー;)
めっちゃ、お坊ちゃんじゃないですか(笑)
奇遇というか、血筋というか?どういうわけか、親父の車も当時スカイラインで「燃費が悪くてしょうがねえ」と何度も言っていたのを思い出す。
毎週東京まで車って•••一体どんだけガソリン代かかってるんだ?
•••っていうより、まあ、後で知ったんですがその時のレッスン代がですねえ•••怖。まあそれは追い追い書くとして•••。
もちろん、今では、例えば私立中学に入るためのお受験、というのはあるんでしょうが•••。
いや私はそういう上流階級の人間じゃないってば•汗。
今で思うのだが、世間から見た目と、私の実態はあまりにもギャップがありすぎて、実生活を見せることはできません。
•••何で俺はこんな世界に今いるんだろうなあ•••。
これは何度も何度も考えることです。
そのルーツは•••こういうところから始まっていたんでしょう。
親は一体何を考えていたんでしょうか?

次回はその辺りも含めて•••。