即興演奏と日本人演奏

これは小澤征爾指揮のラプソディーインブルー。

この演奏が良いか悪いかは人それぞれではあります。

好きな部分もあったし、あんまりどうかな?と思う部分もありました。

もちろん、こりゃすごい!というところもたくさんありました。

しかし、良いとか悪いとか、そういう言い方はクラシック特有かもしれません。

いっそのこと、楽しんだ方がいい。

私は楽しかったです。

大事なことは•••ジャズは即興演奏が中心だということです。

クラシックは•••残念ながら、即興じゃありません。

すでに楽譜が決められています。そこがクラシックの面白くないところ、という人は大勢います。

それはそれで事実かもしれません。ジャズほど多種多彩な演奏は聞けないことは事実です。

加えて、その決められた音を完璧に弾けないといけない。

そういうところに我々学習者は呪縛を感じるわけです。

しかし•••。

クラシックは全くの即興が許されていないのは本当か?

実は最近•••クラシックは実はかなり即興性が必要な音楽なんじゃないか、と考えています。

というより、気がつかなかったんです。

いや実は•••やっていたんですよ。即興演奏を自分は。

これはかなり真実を突いた論文とお考えください。

日本人がなぜ、つまらない演奏が多いのか?

今までは日本人はセンスがないんじゃないかって思っていたんですが•••

違います。

多分•••日本人は真面目すぎて即興演奏ができないんですよ。

やっても、バリエーションの少ない、つまらない、真面目な演奏になってしまうんです。

自発的な演奏ができないんです。言われた通りの命令された演奏しか。

ジャスの話じゃないですよ。クラシックなんです。

同じ曲であっても、センス良く弾く人もいれば、全くもってセンスも繊細さもない演奏もある。

しかし、楽譜は同じなんです。

センスのない人はそれを責められても「しかし私は楽譜通りに弾いている」と反論するかもしれません。

そうです。楽譜通りにみんな弾いている。

しかし、楽譜通りに弾けばいい、それ以上は必要ない、という考え方は全くの日本人的奴隷労働者演奏です。

曲をセンスを持って弾くことは、かなり自分の中で、どうやって弾くのか?どういう構想、どういう音色、どういう哲学なのか?

それらがとても必要です。

もちろんそこにはものすごい”センス”が必要になります。

その結果、音色、ルバート、リズム感、ダイナミクスに差が出ます。

つまり、もうそれで即興が生まれているんです。

巨匠の演奏と自分の演奏と、どう違うのか?

しかし、楽譜は同じなんですよ?

一体どこに差があるのか?

ピアノは単純には音量の差しかできません。強いて言えば、多少の音の硬さ、柔らかさ。

あとはスピード程度しか差が出ません。

その少ない材料でどうやって巨匠は感動的な演奏を作るのか?

なんども言いますが、楽譜は同じです。

ここは•••結局、曲をどう捉えるか、という即興演奏が存在していたんです。

今まで私は、その”即興演奏”を、いわゆる”曲の解釈”もしくは”楽譜に書いてあることの背景を考えて忠実に作曲家の考えを再現”

と、考えていたんですが•••。

実は違いました。

なんども言いますが、忠実に楽譜を再現したら•••つまらない演奏であっても”再現”なんです。

この辺り、もう一度整理して、論文として、HPにアップしますが•••

わっかるかなあ•••

わかんねえだろうな。

ところで

やっぱり、本物はすごい。

 

 

 

 

 

この間,位牌を買いにいってきました

位牌なんてまあ、今までは何とも思っていなかったし、人は死んだらそれっきり・・・と思っていましたが・・・。

もちろん、今でも死後の世界なんて信じていません。

・・・頭の中では・・・

そう、頭の中の理性的頭脳ではそう考えるんですが・・・

心臓の部分の心の中はですねえ・・・。

人の気持ちはそう簡単に割り切れないものがあります。

わかっちゃいるけど・・・。

位牌に人の魂が入る、と言われれば、やっぱりねえ・・・

だから位牌はみんな磨き過ぎて、あっという間に漆が禿げるんだとか・・・

人はやっぱりやるせない気持ちを何かにすがるんだと思います。

何かにすがって、気持ちを平静に保つんだと思います。

ちなみに今回買った位牌は・・・

黒檀です(笑)

そう、ピアノに詳しい人なら知っていますよね?

わが村田ピアノ音楽院のピアノの黒鍵も本物の”黒檀”です。

この位牌がまた結構、ずっしり重い。

先祖の霊は盆に家に帰ってくると言われています。

そんなこと、もちろん今まで信じていませんでしたが・・・。

ただですねえ・・・

実は不思議な出来事が昔の家ではよくあったんです。

現在の教室の建物の前の私が10代の頃の建物の時代なんですが・・・

何故か盆時期や、お彼岸時期になると玄関の呼び鈴が必ず2〜3回鳴るんです。

それで玄関に出てみると・・・だれもいない(怖)

これ、実は結構ありました。

その度に「ははあ、おばあちゃんにおじいちゃんが来たな!」

と、みんなで冗談まじりに言って、その後墓参りをしたものです。

その時は、半信半疑でしたが・・・。

今年は盆提灯を置くかもしれません。

何度も言いますが、正直,人間は何かにすがって気持ちの整理をしているにすぎません。

逆に考えれば、霊体験とか、心霊写真とか・・・

そんなもの、全然信じません。

正直「ばかばかしい」とまで考えてしまいます。

自分の気持ちの整理をつけているだけなんです。

だからそうわかっていても•••先祖の霊を盆にお迎えしなくてはいけないと。

長い歴史の中で、人間はどの世界でも、そのような行動を起こすわけです。

どうでもいいんですが・・・

私が死んだ時は、教室のピアノの黒鍵をばらして、みんなにお配りしたいと思っています。

私はその36鍵の黒檀鍵盤で(今、数えました・笑)生徒の皆さんの演奏を監視したいと思います。

「なんだその歌い方は!」

「テクニックがなっとらん!」

「いつになったら楽譜が正確に読めるんじゃ!」

・・・と、激を飛ばしたいと思います。

 

 

 

何でも屋、村田ピアノ音楽院の・・・

私は常日頃、何でも屋のピアノ講師を目指しています。

自分がレベルが高い講師なんだとか、レベルが低い講師だからどうのこうの、とは思ってはいないんです。

自分が出来る仕事はなんでも引き受けてやろうと思ってやっています。

大学講師だったら幼児は教えないだろうし、その逆だったら、ピアノの先生相手には教えられないでしょう。もちろん、X講座の教授が習いに来ても困るが(笑)。

そういう中で最近、非常に力を入れている分野があります。

今まではやれテクニックだとか、音楽性とか・・・どちらかというと上級ばかりだったけれども・・・

今は楽譜が読めない生徒に対しての指導の上達にかなり力を入れています。

もちろん、今までそれなりにソルフェージュに力は入れていたつもりですが・・・。

どちらかというとこの世界、自分で頑張って這い上がってこなくちゃいけない、と言う風潮はあります。

テクニックでも、音楽性でも・・・。

つまりは指導側としては、そんなとこまで教えられないよ、自分で勉強してねと・・・。

なので、テクニックや音楽同様、多分ソルフェージュ(読譜訓練)においては市場では野放し状態です。

この時期、多分子供のピアノ界ではどこぞの団体のコンクールで盛り上がってはいると思いますが・・・。

でも子供の指導に置いて本当に大事なのはなんなのかっていつも思っています。

そりゃ将来、ショパコンで(日本じゃないですよ、本物のポーランドのですよ、)入賞するぐらいの国際ピアニストになりたいんだったらわかりますが・・・子供の指導で本当に必要なものは・・・

コンクールじゃなくて・・・

一人で楽譜が読めるかどうかだと思いますよ。

大人になった時にショパンやラベル、ラフマニノフの楽譜が読めて弾けるレベルにあるかどうか・・・

賞なんか取っているより、よっぽどそっちの方が大事です。

それが出来て次にコンクールなら分かるんですが・・・。

そういう中では自分はきちんとソルフェージュは指導してきたと自負はしていたつもりですが・・・

まだ改善の余地があるかもな・・・と最近は思っています。

人間、これで良いだろうとか、完璧だろうとか,ここまで指導したんだからとか・・・

そう思ったらダメだとは思っています。

そう思わずにまだ改善の余地があると思っていなかったらピアノ講師としては失格でしょう。・・・まあ,あんまり厳しいこと書いて、ピアノ講師達が縮み上がっちゃ困るんで、この程度にしておきますが(汗)まあ自分の出来る範囲内で、まだ改善の余地があるんだったら、改善すれば良いだけのこと。

でもピアノ講師は、仕事と、プライベートと、ピアノの練習は全部、均等にわけて考えたほうがいい。

どっかで、指導が全部になっちゃったり、ピアノの練習ばかりになっても困るし・・・

プライベートばかりで・・ってのもねえ(汗)

指導、自己研鑽、プライベート、この3つはどれも浸食されずに独立してやっていかないとダメでしょう。

3つのバランスはどれかでも崩れると、必ずおのおのそれぞれ、影響が出ます。

まあちょっと私は最近、自己研鑽は進まないですねえ(汗)

そろそろ本気で1時間ぐらいのコンサートを開こうと思わないと・・・