あーあれはどうかなあ

なんでもある有名な日本人トランペッターの音楽講習会で、ある中学受講生がそのトランペッターからビンタを食らったというニュースを見ました。

メディアはほとんどはやはり、そのプロトランペッターを責めているようですが・・・。

まあよくみておいてください。

ここでトランペッターを非難しているコメンテイターは・・・まあ言っちゃなんですが、偽善者とみていいでしょう。

人をどう判断するかって・・・こういう時に判断できるんですよ。

事情はニュースでよくみましたが・・・動画もあったようで、みました。

まあ正直・・・ありゃ中学生が悪いでしょう。

しかし、その中学生に対して、どう考えても暴力はいけませんと、言っているようですが・・・

そりゃ違うな。

あのような講座に出ている生徒というのは当然、プロを目指したい人たちでしょう。

それで、何たって講師は世界的に有名なミュージシャンです。

憧れのミュージシャンに習いに来ているのに、ああいう態度はないでしょう。

私だって、マールボロー先生とか、他の先生で、ムカッとすること、ありますよ。

でもねえ・・・だからってあからさまに反抗するっていうのは・・・だったら習わなきゃいいわけです。

というか今後習うことができなくなる可能性がある。

それでもやるっていうんだったら、もう去っていけばいいわけです。

師匠がいらないんだったら、自分だけで勉強すればいい。

目の前の宝の山を授けてくれる巨匠から宝をもらわずに、去っていけばいい。

小学低学年なら・・・まあわからないわけでもないですが・・・中学生でねえ・・・

プロの世界は厳しいです。

そういう中で、せっかく巨匠とも言える先生に習っているんだから、最低限の礼儀は・・・外国でもあるでしょう。

あれじゃあ、巨匠に対しての尊敬がない。

中学生が後で謝りに来て、トランペッターは許したかどうかわかりませんが、怒って破門にすれば、その生徒はそれっきりな訳です。

損するのは結局その生徒。

トランペッターはしばらく非難の的でしょうが、1年も経てば、元に戻ります。

しかし生徒は破門のままです。

私だったら・・・

バカだなあ、あの中学生・・・哀れだなあ・・・

と思うんですがね。

音楽家の連中だったら、多分全員そう言うと思いますよ。

文部省管轄の教員はどう言うかわからないけど。

 

投稿者: 村田ピアノ音楽院

http://www.muratapiano.com