シリーズ〜私をこの世界に連れ込んだ(?)先生達6

私が外国人の先生についてからは、私のピアノに対する考えは一変しました。

単純には、今まで私が疑問に思っていたことが全て解決、または納得したというか・・・。

反面、なぜ、日本人はこうも納得できないレベルや指導が多いんだろう?と思いました。

これまでの話では、私は圧倒的に日本人の指導者をこき下ろしています。

しかし、これは非常に情けないことで、自分だって日本人な訳です。

しかし・・・悲しいかな?この辺りは・・・

海外の状況を知っている人ならば、納得できると思います。

逆に言えば・・・外国人の指導者に触れていない人は、一生その状況で終わってしまうわけです。

今まで私はなぜ日本人はこうも海外の指導者と違うことが多いのか?なぜ日本人はセンスが悪いのか?ずっと考えてきましたが・・・。

正直、明確な答えは見つかっていません。

ただまあ言えることは・・・。

日本人と外国人との違いは音楽的センスだけではないということです。

テクニックももちろんですが、それだけではなく、思想、哲学、習慣、常識・・・。

その全てが日本人とあまりにも違うわけです。

この辺りは海外に旅行した人ならばわかるでしょう。

全てが違っていれば、音楽的センスやテクニックも違うのは当然なわけで・・・。

もちろん、毎年多くの留学生が海外に行っては帰ってきますが・・・。

残念ではありますが、日本人が海外の考え、習慣を日本に持ち込めないのと同じように、いくら海外で勉強しても、結局日本に音楽性を持ち込めなくなるようなのです。

結果、いつまでたっても日本は日本の音楽性から抜け出せないことが多くなる。

もちろん、海外で活躍してる日本人も多くいると思います。

おそらく海外から帰ってこない、もしくは海外に帰化してしまっている人は、大丈夫なのかもしれません。

決して明確に断言はできないのですが・・・。

海外と日本と比べて・・・日本の方がいいや・・・と思う人は・・・。

結局ダメなのかもしれません。

音楽だけでなく、他の全てが。

逆に言えば・・・

日本で変人扱いされている人は大丈夫!(笑)。

日本の変人は海外では正常です(笑)。

私が初めて cegledyのレッスンを受けた時は、学内でコンチェルトのオーディションの最中で、実力的に受かるわけもなかったのですが、一生懸命練習していました。

先生だったらたとえ受からなくても、生徒が一生懸命練習していたら、ダメだとわかっていても「頑張りましょう!」と言って付き合うでしょう。

しかし、師匠は「アー、 ムラタサン、オーディションハ、アキラメマショウ。ムリデス。モットダイジナベンキョウガ、イマホカニアリマス」

これ聞いて、私は非常に悲しい顔をして、是非受けたいと懇願したんですがねえ・・・それでも先生は、許さなかったですねえ(笑)。

しかし、今思えばこれは当然な成り行きでしょう。

日本人は、言いたいことをオブラートに包んで、本音を言わずに建前で進める。

もうここから、日本人はダメなんです。

もしもあなたが・・・日本で変人だったら・・・。

安心してください。十分見込みがあります(笑)。

あ、あともう一つ、

あなたが年齢を全く意識しない中高年だったら・・・。

十分見込みがあります(笑)。

変人で、中高年だったら・・・

もうこれは合格でしょう。

私のように。

 

 

 

投稿者: 村田ピアノ音楽院

http://www.muratapiano.com