小室哲哉とか桂文枝とか・・・

興味本位でインターネットの情報を読んでみました。

なんたってあなた、小室哲哉(59)とか桂文枝(74)とかですよ(汗)。

すんごいなあ・・・と思いまして(笑)ニュースを読んではみましたが・・・

まあ桂文枝はいいとして・・・

小室氏の会見の内容は色々と、考えさせられてしまいましたね。

単純な不倫釈明会見かと思いきや・・・

引退と介護についての会見でした。

結構、内容的にズシンときましたね。

才能の枯渇、という内容については、もう10年前から、とある大学で教鞭をとるという話から、巷では「もう本人は仕事に自信がないのでは?」という噂話がありました。

おかしな話かもしれませんが、所詮、世界的トップクラスの音楽家が、大学で教鞭をとるというのは、よほどのことがない限り、ないんです。

プロって、そういうもんなんですよ。そんな暇があったら・・・。

まあ、この辺り、業界の人間でないと、わかりにくい話ですが・・・。

完全に分野が違う音楽の、さらに作曲家と(自分は)演奏家という、全く畑違いの音楽家ではあるけれども、そこはそこ、やっぱり共感する部分は多々ありました。

正直、枯渇、ではないでしょう。

単純に体調とか、精神的とか・・・。

多少、鬱も入っているのではと。

小室氏の音楽がどうとかこうとか、そういうことを言うつもりはありません。

少なくとも、当時日本で大絶賛された音楽ですから、それはそれですごい作品を出したことは間違いないです。

彼が「私は引退しても作品は私から離れてずっと演奏されていってほしい」

これって、すごいコメントだと思いますよ。

ラベルや、ラフマニノフが同じようなコメントをした内容ですから。

そんな小室氏が介護について触れていました。

介護はですねえ・・・やった人でないとわかりません。

だからって。不倫していいとは限らないですが・・・。

しかし、こう言う報道も、もういい加減にしたほうがいい。

くだらなすぎる。

バカな日本人が増えるだけ。

もちろん、その報道につられてしまった私もバカな日本人ですが(笑)。

どこぞの音楽家が「こういう問題は奥方様だけが言える権利を持っているのであって、他の人間が言う権利はない」

まさにそうだと思いますよ。

どっちにしても、介護の重さはやった人間でしかわからない。

今や、介護は政府がかなり支援をしてくれていて、一昔前から比べれば、かなり助かっています。

しかしそれでも・・・正直、それは介護殺人が減っただけ、と言うことにすぎません。

未だに問題山積です。

それをまあ・・・どこぞのバカなコメンテイターは発言ギャラが欲しいのか、それとも売名行為なのか知らんけど、場違いなひどいコメントをしている。

介護を本当にやった人間だったら、ああいうことは言わない。

それぐらい、気持ちは複雑ですよ。介護って。

綺麗事では済まされないものがある。

子育てとは180度違う。

まあいいんですけど・・・。

話は違いますが、なかなか忙しくて、ピアノの練習がはかどりませんが、それでも3月とかの発表会は何かしら弾かないといけません。

なので・・・

これと

これ、弾きます。

これぐらいしか練習時間ないんですよ。これがまた。

あけましておめでとうございます

遅ればせながら、おめでとうございます。

いや私はおめでたい年明けではなかったのですが・・・。

年が明けて、意外なことがありました。

年賀状が結構届いています(笑)

まあ親が亡くなったことを知らないのならまだしも・・・。

おかしいなあ・・・あいつ香典持ってきたのになあ・・・なんで年賀状よこすんだろ?(笑)

もっと変わった出来事は・・・

年賀状に「いつもブログ欠かさず見てます!!」

・・・って・・・お前ブログみてねえだろ(笑)。

まっいいんですが(笑)。

 

ところで新年早々、言い訳がましい言い訳コーナー。

演奏の録音って意外と難しいです。

この間のyoutube演奏ですが、自分の演奏も未熟ながら、録音技術も未熟なんです。

そのためですが・・・単なるボデオカメラで録音なので、音質に問題があるんです。

つまり・・・小さい音が小さく録音されていないんです。

全部なんとなく大きい音で弾いているような演奏になっています。

さらに、結構大きい音を出していたんですが、そういう感じではないように録音されています。

これは非常に難しい問題で、実は生の演奏に近い録音をするには、機材の質もあるんですが、マイクの本数も問題があるんです。

ピアノなどのレコーディングって、写真を見ればわかるんですが、10〜30本はマイクを使うんです。

そうやって本物の音質に迫るんですが・・・。

この辺り、しかし私がそれをすることは不可能なので・・・

あーああいう演奏じゃなかったんだけどなあ・・・。

結局本物の演奏を実感してもらうには生の演奏しかないんですが・・・

まあ今後はなんとか生に近い状態の再生を目指したいとは思っていますが・・・

 

最近思いますが・・・人間プライドなんて持つもんじゃないと思います。

持っていると色々と邪魔をする。

プライドなんか持っていて、なんの役に立つのだろう?

役に立つ、という主張があるんだったら意見を聞いてみたい。

多分に・・・そういう人は虚栄心しかないし、大した実力なんて持っていないはず。

「私にはこの点に関しては誰にも負けないという自負とプライドを持っています」

・・・それって・・・世界レベルを知らないんじゃ??。

一度「プライド」という言葉を出すと、その人はもうそれ以上成長しない。

これ、間違いないと思っています。

本当に状況判断ができる人は、上のレベルを知っていて、「自分はまだまだです」

というのでは?と思いますよ。

もっとも、子供に自信を持たせるためにプライドを持たせるっていうのはわかりますが・・・大人がプライドなんか持ったってねえ。

話は変わりますが・・・。

続々と新年、お菓子が届いております。

感謝!

感謝!!

感謝!!!

中身も豪華に!

おや?

よーく見るとすでに著しく減ったお菓子が・・・(汗)。

おかしいなあ、レッスンは昨日の夕方から始まったばかりなんだけどなあ・・・汗。