副業??

さて、このハンマーらしきものはなんでしょう?

発表会が近いので、練習して来ない生徒の頭を殴る。

・・・いいえ、良いアイデアですが違います(笑)。

調律するためのチューニングハンマーです。

結構ずっしり重いです。

チューニングハンマー兼、体罰道具なわけです。

ピアノは高音部などはせっかく調律しても結構狂います。

まあ特に強いタッチで弾くとあっという間に狂う。

その度に調律師を呼んでいると、すごくお金がかかってしまうので、困っていたのですが・・・

これがあれば、大丈夫ですね。

あ、でも素人は手を出さないほうがいいです。

ピアノはギターなどと違って、弦が3本あり、その3本のうち1本でも狂うと、まずいので、3本全部ぴったり合わせるわけなのですが、それが意外と難しい。

また単純に音が合っていても実は微妙に伸びのある音やくすんだ音など、実は調律は微妙にずれなどがあるようです。

ただ一音のみ、ずれた音だけならば直すのは私たち素人でもできますが、全域の音の調律は結構難しい。

やったら多分取り返しのつかないチューニングになるでしょう(笑)。

調律をしてもらった状態を(特に高音部を)なんとか半年ぐらい、いつでも綺麗な音の状態で保つことぐらいならば、できるとは思います。

でも多分半年経って、季節が逆転してしまうと、流石に中、低音部も狂うので、そこまで狂ったら、プロに任せるのが無難です。

ちなみに、チューニングハンマーは

まあ中国製でしたが、アマゾンで3000〜5000円ぐらいで売っています。

もし、もっときちんとしたパーツが欲しい場合は「渡辺商店」とかいう通販の店があるので、利用したら良いと思います。

ハンマーのヘッドサイズが違った場合はこのお店でヘッドをかえればいいようですね。

ピアノはやっぱり高音部が完璧な調律で初めて美しい音が出るので、やっぱりハンマーは必携ですね!

これからは生徒の皆さん、いつでも極上の良い音で弾けると思いますよ。

 

 

 

 

 

色々忙しいもんで。。。

しばらくブログを書いてはいませんでしたが・・・

色々と忙しいんですよ。

ピアノ?

全然弾けません。

多分子供の生徒より弾いていないでしょう(笑)。

全ては6月以降にスタートです。

ピアノも。

今は仕方がないです。

それは別として・・・。

ピアノ曲に「さ●らさく●」っていう曲あるじゃないですか。

あんまり詳しく書くと、まずいんで(笑)。

あの曲を見たとき・・・色々とわかったことがあります。

なんで日本人はピアノをガチャガチャ弾きたがるか?

なんでいつまでたっても日本人は海外ピアニストとあまりに違いすぎるのか?

この曲ですよ。この曲が全てであり、答えです。

やっぱり日本人はこういう曲が好きだし、こういう風に何でもかんでも弾きたいんですよ。

私がこの曲を弾いても、正しく解釈したら、どうしても、こういう風に弾くしかないと考えてしまいます。

なんていうんですかね?

響というか、余韻がないというか。

全てははっきりしていて、鋭利というか?

フルートと、尺八の違いというか。

まあそれがいいんでしょう。もちろん。

ちなみに・・・

私はこの曲、絶対に生徒には弾かせないですね。

え?なんでかって?

決まってまんがな。

曲が●作だから・・・ではなく・・・(そんな駄●なんてこと一言も言ってません・世紀の大芸術作品です!汗)

弾いたら後で・・・どこぞのJ団体からお金をせびられるに決まってまんがな(笑)

それはいいとして・・・。

最近、とあるコンクールでポーランド人審査員がこういう文を発表していました。

非常に意味深いです。

とても大事なことを書いてあります。

加えて、暴力的、攻撃的な演奏をしないでくれと。

私は日本のコンクールとかって聴きに行きません。

想像できるんです。どういう演奏かなんて。

もちろん自分も気をつけないといけない。

自分だってそうかもしれない。

逆に言えば・・・

そういう演奏を聴いてしまうと自分だってひょっとすると感化されてしまう。

これはとても危険なことです。

そうならないためにも、ポーランドにでも勉強に出かけたいところですが・・・汗。

いつになることやら・・・。