今お騒がせなme too。。。

今週はピアノ講師や不動産ブローカーではなく司法書士をやっております。

建物表題登記を自分でしてきたのので、必要書類や図面作成の方法をまとめてみた

図面のコピー

まあそれはいいとして・・・。

me too.

わかります?

いつも英文ニュースを読むようにしているので、海外ではそういう表現なのですが・・・

いわゆる最近のセクハラ・わいせつ事件ですな。

つい最近もどこぞの政府高官だか財務省だか、そういう人に対しての新聞記者が「セクハラを受けました」とか。

まあ確かにレ●プとなると流石に、そりゃひどいなとなりますが・・・。

だけどねえ・・・「キスしていい?」とかっていう程度はねえ・・・。

結局あの政府高官、新潮社にはめられたんじゃん(笑)。

だいたい新聞記者やってんでしょ?ネタ探しやってたんでしょ?

だったらその程度のセクハラなんか押しのけてでもネタ拾ってこいって。

そんなに世の中甘くない。

世の中、コメンテーターは一言も言わないけど・・・何やってんのって。

昔は旧共産圏時代には共産圏の美女スパイが情報戦のために、西側諸国の男性駐在員に近づいて情報とか、拉致とか、さらには枕元での殺害とか。

危険だっていうんだったらこれからは新聞記者は催涙スプレーでも所持して取材に当たればいいだけのこと。

昔そういえば、日本の女性戦場記者がどこぞのアラブ諸国で銃撃戦に巻き込まれて死んだとかいうニュースがあった。

海外で記者をするということは、そういうこと。

命をかけて取材している記者がいる中で(これは女性だろうと男性だろうと関係ない)たかがセクハラまがいでどうのこうのって、・・・どうかね?

特に海外ではセクハラとかわいせつ事件だとか強盗だとか・・・自分の身は自分で守らないといけない。

海外の常識は犯罪に巻き込まれたら「巻き込まれた、あなたがいけない」でおしまい。

だけどなあ・・・つい最近のジャーニーズTOKIOとかはなあ・・・

ありゃまずいなあ。

ありゃ新聞記者じゃなくて未成年で夜8時で相手はアイドルだもんな。

時々セクハラ事件って、単なる男性差別じゃん、って思うことはあるけど、流石にこれはなあ。

だけど、流石に男性アイドルがかっこいいから自宅にまで行ったわけで・・・。

しかも事件日は2月12日ということで・・・

それって間違いなく女子高生がバレンタインチョコを届けに訪れたわけで・・・

これっていいシチュエーションだったら最高のラブロマンスだったわけなんですが・・・

あーそれが酩酊状態の男性アイドルがいきなりキスじゃねえ・・・。

私は思うに、最低限なんでいきなりじゃなくて相手に「すみません、キスをしてもいいですか?」

って断らなかたのかなって(笑)

そうすれば強制わいせつにならなかったのになあ。

あ!・・・やっぱダメだわ。

「キスしていいですか?」と言ったらその時点で政府高官がセクハラになったんだった。

アウトじゃん。

いやあ、世の中男性は生きずらい世の中になりましたな。

でもなあ・・・本当に思いますが・・・

諸々の事件、これ、立場が逆だったら、ニュースになりません。

男性記者が女性からセクハラとか、女性から卑猥な言葉を言われたとか・・・。

私なんか結構ありますよ。セクハラまがいのふっかけ発言。

全然、的を得ていない内容で・・・まあいいんですけど。

そういやつい最近、仕事の用で朝早く通勤電車に乗りましたが、疑われないように両手をつり革につかまって、バンザイ状態で満員電車に乗っていました村田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々と思うこと

1.ピアノさばき

最近はようやくピアノの練習がはかどりつつありますが、以前と比べて、随分ピアノが弾けるようになったなと(?)思っています。

昔は本当にピアノを弾くことが難しくて、困ったなあという感じしかなかったんですが・・・

まあどの曲も若い頃弾いた曲なので弾きやすいということもあるでしょうが・・・

ピアノを弾くということは素人から見たらすごいことのように見えるんだと思います。

でもねえ・・・ピアノを弾くことを仕事としている人にとってはまあなんていうか・・・まあ仕事なんで何度もなんどもやっているうちに当たり前になるというか・・・。

そのうち、効率いい弾き方が自然と頭に浮かんで・・・

誰でもそうですが、仕事になるともう当たり前になりますよね。

例えばこれ

この動画でピザを切るシーンが冒頭にあるんですが、これって素人にはできないじゃん!と思うけど多分仕事をやっているうちにできる人はできるんだろうと。

ピアノも同じですよ・・・・って

ピアノとピザを同じにすんな!・・・という意見が聞けそうですが。

とにかく、最近は難しい曲を数曲でも楽に弾けるようになったので・・・そろそろ時間も持て余せることになれば、いよいよコンサートを開いてみたいなと。

だけどいつも思うんですが、90分プログラムって弾く方も聞く方も大変なんじゃないかな。

私はいつもリサイタルなんて後半はぼーっとしてしるか、居眠りしているときも!!!。

どう考えても人間90分間も集中して、ピアノを聴けないんじゃないかと。

やっぱり90分のうち30分はトークでもして、観客を覚醒しておかないと(笑)。

そういえば、ユーチューブですが・・・

私はテレビを見ないんです。テレビって欲しい番組が見たい時に見れないじゃないですか。番組チェックも大変だし。

なんで最近はいつもYouTubeで楽しんでいるんですが・・・

見ている内容といったら・・・ピアノ演奏と思いきや・・・

いやそれが・・・

こんなのばっかり見ていまして・・・。

いやーYouTubeっていいですねえ。テレビよりよっぽどいいです。

 

 

2.大人はえらいことを言うけど・・・

ついこの間、子供のピアノ発表会が終わりました。

発表会はいつも私の挨拶で終わるのですが、当然のごとく、そう言う時は私は教育者らしき言葉を並べて挨拶です。

偉そうなことばかり言うわけですが・・・いやしかしですねえ・・・。

大人なんて偉そうに言える人間じゃないですよね。ほんとは。

「天才はいりません、努力家のみです」とか

「今の地道な積み重ねが将来のあなたを決定づけます」とか

「自分の実力を100%出し切っていますか?」とか・・・汗。

あー頭、痛いや(笑)。

大人は誰でもえらいこと言えませんな。

本当の努力家だったら今頃大人は全員ノーベル賞博士か、億万長者です。

誰だって大人は怠け者です。

なので、本物の努力家の子供を見ると・・・頭が下がります(汗)。

ぜひ立派な博士か世界経済を動かす大人になって欲しいと。

私、今まで50年間も生きてきて・・・自分の人生、何だったのかね?・・・と思いますよ(汗)。

あーこの程度の人生だったなと。反省しきり。

まあそれでも平凡に暮らせるようになればいいんですが・・・。

努力したつもりでしたが・・・そうでもなかったんだろうな。

残された時間で頑張るしかないかと。

最近よく思うんですが・・・

私、ピアノをやっていなかったらどういう人間になっていたんだろうかと。

きちんと真面目にサラリーマンやっていましたかね?

平凡に慎ましく、一家を守るお父さんやっていたんですかね?

それとも・・・やっぱり今と同じく、破天荒な人生だったんでしょうか?

考えないことにします(汗)。

最近近所の長老たちとよく立ち話をします。

「いやー私もそろそろですよ」

とかいうんですが・・・。

まあでも皆さんそう思えないぐらい、元気ですが。

私もそろそろこの長老たちのお仲間入りするんだろうなあ。

それまで頑張らないとなあ。

いやーそろそろですよ・・・と言えるぐらい、頑張ったなあと思える人生にしないと。

 

 

 

いよいよ新たな境地へ

去年から色々と騒動があり、それがようやく片付けつつあります。

もうそろそろ私としては決着をつけて早いところ、ピアノに集中したいところです。

この1年はあまりにも色々と考えてしまうこと、今まで経験のしたことのない世界、とんでもないお金の動きを経験した年でした。

そしていろいろ考えさせられた年でした。

家のこと、親のこと、ローンのこと、兄弟間のこと、

非常に核心に迫った内容です。

そして何より、何の収穫もない年でした。

私は思うに、”不動産”というものは動かない財産の名のごとく、動かさないほうがいいと思いますよ。

動かすのは本当にエネルギーと不幸を呼び起こします。ろくなことが起きない。

動かすんだったら、そもそも最初から買わないで一生賃貸で暮らしたほうがいいです。

賃貸か?持ち家か?

この結論は、絶対”賃貸”と思っています。

不動産関係は、損をしていない、と思いきや、結構お金がかかる。

そして、一旦不動産を得たら、一生動かさないこと。売り買いをしないこと。

この一言に尽きます。

今回、ようやく子供の発表会が終わりましたが、実は今回は、私は発表会当日、しょっちゅう不動産屋と電話で話をしていました。

非常に切羽詰まった契約関係が立て込んで、非常に忙しかったのです。

休憩時間にも不動産関係とやりとりをして、私の講師演奏直前までも、電話でやりとりをしていましたから(汗)

これはその内容の一部終始です。

演奏中も不動産の関係で頭が一杯でした。

しかし人間の脳ってすごいです。

確かイルカも右脳と左脳を使い分けていて、泳ぎながら寝ているとか聞いたことありましたが。

思えば去年のブログ、つまらない内容ばかりでした。

もうちょっと笑いのツボを抑えたものを提供しないとね。

と同時に、数多くの曲をこなしたいと思っています。

メトネル、という作曲家もこれから多く取り上げていきます。

この1年の出来事はいずれ、詳細をゆっくり書いていきたいと思います。

人間、何もない暇な人生って幸せなことですよ。

何の変化もないからつまらないなんて・・・

それは贅沢ってもんです。

お金はなくとも、平凡に暮らせるということはいいことなんです。