今お騒がせなme too。。。

今週はピアノ講師や不動産ブローカーではなく司法書士をやっております。

建物表題登記を自分でしてきたのので、必要書類や図面作成の方法をまとめてみた

図面のコピー

まあそれはいいとして・・・。

me too.

わかります?

いつも英文ニュースを読むようにしているので、海外ではそういう表現なのですが・・・

いわゆる最近のセクハラ・わいせつ事件ですな。

つい最近もどこぞの政府高官だか財務省だか、そういう人に対しての新聞記者が「セクハラを受けました」とか。

まあ確かにレ●プとなると流石に、そりゃひどいなとなりますが・・・。

だけどねえ・・・「キスしていい?」とかっていう程度はねえ・・・。

結局あの政府高官、新潮社にはめられたんじゃん(笑)。

だいたい新聞記者やってんでしょ?ネタ探しやってたんでしょ?

だったらその程度のセクハラなんか押しのけてでもネタ拾ってこいって。

そんなに世の中甘くない。

世の中、コメンテーターは一言も言わないけど・・・何やってんのって。

昔は旧共産圏時代には共産圏の美女スパイが情報戦のために、西側諸国の男性駐在員に近づいて情報とか、拉致とか、さらには枕元での殺害とか。

危険だっていうんだったらこれからは新聞記者は催涙スプレーでも所持して取材に当たればいいだけのこと。

昔そういえば、日本の女性戦場記者がどこぞのアラブ諸国で銃撃戦に巻き込まれて死んだとかいうニュースがあった。

海外で記者をするということは、そういうこと。

命をかけて取材している記者がいる中で(これは女性だろうと男性だろうと関係ない)たかがセクハラまがいでどうのこうのって、・・・どうかね?

特に海外ではセクハラとかわいせつ事件だとか強盗だとか・・・自分の身は自分で守らないといけない。

海外の常識は犯罪に巻き込まれたら「巻き込まれた、あなたがいけない」でおしまい。

だけどなあ・・・つい最近のジャーニーズTOKIOとかはなあ・・・

ありゃまずいなあ。

ありゃ新聞記者じゃなくて未成年で夜8時で相手はアイドルだもんな。

時々セクハラ事件って、単なる男性差別じゃん、って思うことはあるけど、流石にこれはなあ。

だけど、流石に男性アイドルがかっこいいから自宅にまで行ったわけで・・・。

しかも事件日は2月12日ということで・・・

それって間違いなく女子高生がバレンタインチョコを届けに訪れたわけで・・・

これっていいシチュエーションだったら最高のラブロマンスだったわけなんですが・・・

あーそれが酩酊状態の男性アイドルがいきなりキスじゃねえ・・・。

私は思うに、最低限なんでいきなりじゃなくて相手に「すみません、キスをしてもいいですか?」

って断らなかたのかなって(笑)

そうすれば強制わいせつにならなかったのになあ。

あ!・・・やっぱダメだわ。

「キスしていいですか?」と言ったらその時点で政府高官がセクハラになったんだった。

アウトじゃん。

いやあ、世の中男性は生きずらい世の中になりましたな。

でもなあ・・・本当に思いますが・・・

諸々の事件、これ、立場が逆だったら、ニュースになりません。

男性記者が女性からセクハラとか、女性から卑猥な言葉を言われたとか・・・。

私なんか結構ありますよ。セクハラまがいのふっかけ発言。

全然、的を得ていない内容で・・・まあいいんですけど。

そういやつい最近、仕事の用で朝早く通勤電車に乗りましたが、疑われないように両手をつり革につかまって、バンザイ状態で満員電車に乗っていました村田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 村田ピアノ音楽院

http://www.muratapiano.com