豆まきの秋でございます

はい、豆まき。

秋ですが豆まき。

つまりですねえ・・・新教室のチラシ配りでんがな。

これ聞いてびっくりする人いるんですがね。

まあよくいる、怪しげな中年男が昼間チラシを各家庭のポストに入れているじゃないですか。

あれやるっていうんですか?って感じ(笑)

そうっすよ。

どうせ怪しいやつなんだから(笑)。今更ジタバタしたってねえ。

よく経験しましたよ。昼間チラシ配りやってて警官から職務質問。

以前チラシ配りやってて便意を催したんで教室近くまで戻ろうとしたら・・・

警官が「ちょっとオタクなんて名前?」って。

こちとら漏れそうだから「後で!」って言ってるのに「いやちょっと待って!」って。

私は無視して走る。警官は血相を変えてパトカーで追っかけてくる。

めんどくさいんでパトカーが入り込めない路地に入ってさらに走る。

とうとう警官はパトカーを捨てて走って追いかけてくる。

すごいことにパトカーも追っかけてきて玄関まで来ました。

「ちょっと待て!」

他人の家だと思ったんでしょう。

何食わぬ顔で鍵を取り出してそのまま玄関を開けてトイレへ。

10分ぐらいかなあ。ようやく終わって玄関に出ると・・・

いるんだなこれがまだ警官。しつこい(笑)。

交通取り締まり同様、不審者ノルマでもあんのかね?

そんなこんなでとりあえず、秋の豆まきです。

でも色々これって意味があるんです。

私が教室を引っ越すと言ったら近所の長老がみんな「残念だねえ、貴洋くんの教室引っ越すの?。ここでピアノの先生と言ったら貴洋君だからねえ。寂しくなるねえ 」

これ、結構辛かったですよ。

地域の結びつきって大事なんだなって。

ここに仕事だけじゃなくて自分という人間が根ざして住んでいくには地元の認知が必要なんだって。

もう一つのチラシ配りの理由の一つ。

それは・・・体力づくりです。

だってあなた・・・今までは自宅と教室が別だったんです。

それが今や・・・教室兼自宅です。

ある意味理想ですが・・・ある意味やばいです。

今までは自宅から教室まで体を鍛える意味で自転車で漕いでいたわけです。

しかも見たことある人なら知ってるとは思いますが、私の漕ぐスピード、だいたいいつも時速30kmです。

いやそれって競技用自転車じゃないですよ。

軽快車ですが時に6段変速のママチャリで30kmの時も。

そりゃ警官が追っかけてくるわな。

それが今や朝起きてそのままピアノへ・・・。

そしてレッスン室で夜までずっと過ごして・・・そして深夜になったら寝室に移動して寝る。

時々2階に階段で上がる。それだけ(汗)。

教室は平家にしようかな?という計画もあっただけに・・・そりゃまずいでしょ(汗)。

そんなこんなで、今は体力をつけるためにも・・・。

この辺のおまわりさんにも認知してもらわないと、面倒なもんでね。

てな訳で、なかなかピアノの練習、はかどりません。

metner sonata 練習したいんだけどなあ。

 

 

投稿者: 村田ピアノ音楽院

http://www.muratapiano.com