お騒がせなDランドについてpart2

ちょっと余計な話をしてもよろしいでしょうか?

Dランドとはかけ離れた話になるかもしれませんが。

パワハラを受けた。だからこんな会社とんでもない。

・・・だったら辞めればいいのです。

そう、そんな酷い会社、辞めればいい。

そして・・・さあどこの会社で働けばいいか?

Dランドに匹敵するような素晴らしいテーマパークがあるかどうか?

・・・多分ないでしょう。

そうです。Dランドは唯一無二の仕事場。

あそこに匹敵するような仕事場はおそらく・・・ないんです。

そこが目の付け所なのでしょう。

だったらその会社を是正すればいい?

・・・そんなに簡単じゃありません。おそらく。

何が言いたいのかというとですね・・・。

唯一無二の何かを求めたい時にはそれなりの大きな代償がかかるんです。もうこれは仕方がない。

音楽の世界ではそれを嫌という程見てきました。

この世界にいると、そういう唯一無二のことがとても多いんです。

だから嫌だったら・・・きつかったら・・・音楽の世界になんか入らなければいい。

所詮この世界は残酷です。それはこの世界に仕事であろうと、学生であろうと入った人間でしかわかりません。

そういう世界にいる人間から言わせると・・・Dランドのことはそれほど驚かないんです。

嫌だったら辞めればいい。出て行けばいい。

平和な世界が良ければ、刺激のない、平凡だけれども温厚な仕事場で働けばいい。

出て行きたくないんだったら・・・頑張るしかない。認めてもらうしかない。

泣き言なんか言ってないで、あいつに嫌でも認めてさせてやる。のし上がってやる。あいつを超えてやる。成り上がってみせる・・・そういう気迫がないとダメなんじゃないかと。

私、厳しいこと言ってますかね?

でも少なくとも音楽の世界はそうですよ。

中途半端な気持ちでこの世界、やって行けません。

それはもう学生の時から始まっているはず。

音大生というのは正直、一般の大学生とは雲泥の差です。可哀想なくらい。

ちょっとまた変なこと言ってもいいですか?

私に言わせれば、ピアノ講師の仕事って大変なようで、実は大変じゃありません。

本当に大変なのは・・・

舞台でピアノを弾くことです(笑)

もっと言えば・・・

プロピアニストとして食っていく人間が一番大変です。

職業ピアニストから比べたら・・・職業ピアノ講師なんて大したことありません。

どれだけ舞台で完璧にピアノを弾くことが大変なことか。

そして、どれだけ聴衆を満足させることが大変なことか。

このあいだも某ホールで行われたピアニストのコンサートに行ってきました。

巷では受けの良い、いわゆる「ロシアンピアニスト」でしたが・・・まあ言っちゃなんですが・・・散々な内容でした。

ロシアンピアニストは世界で最高だなんて・・・どこが?笑・・・と言いたいです。

まあ言いすぎたかもしれませんが・・・それだけ舞台で弾くことは大変です。

私は思うんですが、どんなピアニストであっても最高潮な時はあったんじゃないかと思うんです。それは若い時かもしれません。

でも・・・仕事などの関係上、十分に練習ができなかったりして・・・だんだん下手になっていくんです。

世の中の職業ピアニストなんて、過去の栄光だけかもしれないんです。

それだけ、舞台でピアノを弾くことは大変です。

それを知っている人間だと、ちょっとやそっとのことで挫けませんし、ピアノ講師の仕事で音を上げるなんて、考えられませんし、Dランドのことでどうのこうのなんて・・・。

好きな職場なんだからもうちょっと我慢して頑張るしかないんじゃ?・・・と勝手に・・・思うのは言い過ぎかなあ?

でもですねえ・・・音大生とか、まあ卒業した人間とかって・・・

相当精神的に強いと思いますよ。知り合いがいたら聞いてみるといいです。

多分、高校野球児で体罰を受けているとかなんとかって・・・

音大生やプロ連中と大して変わりないですよ。精神的に。

言い過ぎかなあ(汗)

あーでもMランドはそういう中でも平和な世界なんで、気軽に来て下さいね。

院長は火の車ですが(笑) 。尻に火が付いて、必死に仕事にピアノの練習を・・・始めました(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お騒がせなDランドについて

なんでもDランドでパワハラがどうのこうのとニュースになっております。
まあ確かに酷い話ではあります。夢の国の裏側でパワハラで非常勤社員がいじめられていると。
ただ・・・これを聞いて、果たして「なんて酷い話なんだろう」と思う人はどれぐらいいるんだろう?
もちろん、当然の話ではなく、酷い話ではあります。
しかし・・・多分「ああ、やっぱり」と思う人は結構いるんじゃないかと。
あれだけ無理をしてでも(?)夢の国の世界を作り上げることは大変ですし、かなり無理があります。
もちろんそれだけのことをあのエリアのみ、実現可能にすることはすごいことです。
その不可能に近いことをやってのけることはむしろ、相当裏方の社員、非常勤社員が努力していることは間違いないです。
ただまあ・・・それが努力というより・・・かなりシビアな状況で無理をして作り上げているだけのことなんだろうと。
今回の件はパワハラであることに間違い無いのですが、だからと言って自由な社風で運営していったら・・・・果たしてDランドが夢の国のコンセプトを守り続けられたかどうか・・・。
現在は辛うじて夢の国を保ち続けているは思うのですが、それはそれで現在のパワハラまがいの指導をやってまでして維持しているだけの話なのではないかと・・・。
違ってますかね?
大人数で大きいことを成し遂げているプロジェクトの場合はその下で下敷きになっている社員がごまんと居るもんなんじゃないかと。
それで社員は使い回しでどんどん辞めさせられているとしても、それで保っているわけで・・・。
一社員や、バイト生なんて、一つの生きている部品にすぎない。
多分そうなのではないかと。
そうやってうまく動かしているに過ぎない。
もちろん想像ですけど・・・。

それともう一つ。
どんな世界でも憧れの世界の裏側は汚いもんです。
音楽の世界も裏は汚いと言われていますが、それは音楽の世界だからではなく、たとえ音楽の世界であっても、結局やっているのは一般の人間なんです。
芸術家なんじゃないか?・・・というのは間違いなんです。
芸術家だって火星人じゃない。人間なんです。
人間のすることなんて結局、一般の会社員、成人と変わらない。
音楽の世界であってもゼネコンであっても(いや差別する気は無いですよ)公務員であっても(いやもちろん、差別する気は毛頭無いですよ・汗)結局は(音楽家、ゼネコン社員、公務員)=人間なんで、裏は色々あるわけです。
憧れの世界なんて結局人間が運営しているのですから、色々あって当たり前です。
もちろん、そこで子供の教育という面があったら、そこは確かに汚れていては困りますが。。。
でもまあ・・・子供には見せていないだけで、結局見せないように汚れた世界がはびこっているだけだと思いますよ。
流石にそこだけは教育者は「見せちゃいかん!」という道徳心、倫理観・・・というか任侠は持っているんだと思います(笑)
私はそのあたり、この世界では一人で長くやっているのでよくわかりません。
時々耳にはいってくるだけですから。
DランドもPランドも大して変わりないですよ。
Mランドも最近変なことばかりやってますし(汗)
どこもかしこも裏方はめちゃくちゃです(笑)

ああ幻の宮下教室

まあそれはいいとして・・・。
私自身はあまり愛着はないんです。ただまあ・・・
ピアノが置いてある部屋の音響効果だけは、抜群だっただけに惜しいです。
現在小山の方はピアノの位置を多少変えまして、響は宮下ほどではありませんが、かなりよくなりました。しかし宮下の抜群の音響効果には勝てません。
ただ・・・実は現在色々青写真は作成中でして・・・
いずれお金が貯まったら、教室内を改造リフォームします。
おそらく宮下に肉薄できるはずです。
私としてはそれよりもベース基地、小山に戻れたので、これからこちらで頑張りたい一心です。
地元の長老たちも喜んでいました。
それにしてもみんな本当に元気です。
70代80代ばかりなのですが、なんともなく自転車に乗っていろんな作業や、現役で仕事をしている人たちばかりです。
歳を感じない。
それはいいとして・・・
ニュースでこんなのがやっていました。
https://www.gizmodo.jp/2018/11/google-piano-genie.html

 

わけわかんねー(笑)
単に子供のいたずら弾きじゃん(笑)

黒鍵ねえし(笑)
第一、これってピアノに自動演奏機械を組み入れないと・・・。
これで曲を弾いたとは言えないでしょう。
こんなことやってるんだったら・・・













 

真面目に練習しろっつうの。