人間死ぬ気でやれば大概できる

この時期に面倒な確定申告(汗)

今までは税理士に任せっきりだったのですが資金的に今は厳しいので(笑)自分でやって見ました。

しかも・・・これがよくわからない「青色申告」汗。

青色申告用のソフトがあるので初めて申し込んでやって見たんですがね。

これがまた・・・さっぱりわからん・:*+.\(( °ω° ))/.:+

今まで音楽の世界だけ生きてきた人間にとって経営学は全くわかりません。

相模原青色申告会とやらの会に入ればいいのかなとは思ったのですが、もう申告の時期なので間に合いません。

いやあ・・・参ったなあ・・・と思いながら、1月下旬から毎日パソコンでお勉です。

仕訳を登録

もう何が何だか分からなかったのですが・・・しかし、そもそも確定申告は税務署からは「ご自分でやってください」と催促されています。

確かに難しいのですが、所詮「自分でやって」と公から言われるということは、なんとか自分の力でできるということなんだろうと。

たかをくくったのは良かったが・・・毎日苦戦の連続(笑)

でもようやくできましたよ。

丸々1ヶ月かかりましたが、やってみたら理解できました。

行政機関が一般市民に強いる仕事は難しいようでやってみるとそうでもないことっていっぱいあります。

やれ住宅の法務省への登記申告とか、二輪大型、普通自動車運転免許証の取得とか(私は教習所というところに行ったことがないんです・笑)

お金がかかることっていうのはもちろん、専門家に頼むほうが確かに無難ですが、そもそも「一般市民はやってはいけません」という内容以外は、できないことはないようです。

まさか自分で家やら、ビルやらをとび職になって建てるわけではないんですから(笑)

今回は青色確定申告ですが、人間死ぬ気でやればやってやれないことはないのかなと。

ただし・・・ピアノはですねえ(汗)

人間誰でもできることではないんで(汗)

あ、ただし、ソナタレベルまで弾けるようになることは大して難しくないですよ。

青色確定申告や、大型二輪の免許証取得となんら変わりないです。

みんなできる人はやっているんですから。

大丈夫、できる人は世の中いっぱいいるんですから。

大勢の人ができるということは、あなたにもできるということ。

必要なものは、忍耐力、精神力、努力。

そして・・・浅はかな「自惚れ」笑

お金がなくても誰でも生まれつき持っています。

私が言っているのは・・・

プロピアニストに混じって海外のレッスン研修を受けるとか(汗)

海外コンクールを受けるとか(汗)

リサイタルを開くとか(汗)

でも、ここでめげてはいけません(笑)

人間、いつになっても目指すこと、成長し続けること、上を目指すことは必要ですし、避けられません。

自分に与えられた試練だと思って・・・

さあて今日も難題試練な曲に挑みますか(汗)

小市民的(笑)

とあるドラッグストアーに入ったら・・・

こーんなものが売ってたのですかさず3つをゲット!

これはすなわちですねえ・・・コーヒー豆なんです。

粉じゃなくて。

結構気に入っている豆だったもんで、小踊りです。

まあでもですねえ・・・半額って言ったって・・・

一袋600円程度なんで、所詮300X3=900円程度、得しただけです。

もちろん900円を大きいととるか、さほどではないととるか?

まあ正直、大した金額ではないです(笑)

なんかの楽譜を買っちまったら、1000円をはるかに超えるでしょう。

でも、私はこの3袋のコーヒー豆を900円もお得に買えて、しかもしばらくはコーヒー豆に困らなくていい!

しばらく美味しいコーヒーをお得に飲むことができる!

これで私は幸せな気分になれるわけです。

ああ、なんて私は安っぽい人間なのでしょう(笑)

でも、大事なことは、得したのが900円だったから幸せじゃないんですよ。

金額はどうでもいいんです。

かといって、もし900万円得したとか、損したとなると・・・ちょっとでかいんですが(汗)

人間が金額の大小に関わらず、幸せな気分になれるかどうかが大事なんですよ。

幸せな気分はお金じゃ買えない。

いや・・・金があれば人は幸せになれる。

そう思う人はいるかもしれない。

でも多分・・・そういう人は孤独で可哀想な人だと思いますよ。

「嘘言っちゃいけない。負け惜しみをいうもんじゃない」と金持ちから言われるかもしれませんが(汗)

でも私はそう思っています。

だいたいお金持ちってどれぐらいの年収からそういうのか?

多分明確じゃないです。

アラブの王子ぐらいを金持ちというのか?それとも年収1000万円で金持ちと言っていいのか?

そういう判断じゃなくて。

大事なのは自分が幸せな気分なのかどうか。

裕福な人でも不幸な人はいる。

貧乏でも私みたいにコーヒー豆を3つ買って幸せだと思っている奴もいる(笑)

人の幸せ度と年収は、実はあんまり関係ない。

現実的に今までどう考えてもあの人、金持ちだよなあ・・・と思われる人で、かわいそうな人だなあ・・・と思う人、結構いました。

お金という価値観で全ての基準を決めている人は本当にかわいそうな人。

それで人生が終わるのだから。

と同時に昭和から今度の新しい年号に向けて

日本は豊かになったのですが・・・本当にそれは豊かになって幸せになったのか?

真剣に考える必要はあるでしょう。

・・・というか、バブルを境にみんな貧しくなっちまった(笑)

それで果たして今はみんな心が貧しいと言えるのかどうか?

バブルの頃はみんな本当に幸せだったのか?

ただ単にキラキラ、ギラギラしていただけじゃないのか?ってね。

みんなが可愛がってくれているミルクも買ってきたわけではなく単に拾われた猫です。

でもペットショップに行ってもこの子はいなかったわけで・・・。

似たような子はいるかもしれませんが、この子は唯一無二な訳で・・・。

私の言いたいこと、伝わると良いのですが・・・。




andante

 

「アンダンテってどれぐらいの速さなんですか?」

と聞かれ・・・

「ああ、歩く速さです」

・・・、と、答えるのはアナログな回答なんです。

だからメトロノームという機械が必要なんですよね。

だったらアンダンテとかいう曖昧な言葉はやめて、全部メトロノーム数字で示せばいいんです。

ちなみに私は「アンダンテってどれぐらいなんですか?」

と聞かれたので、「歩く速なんでつまり・・・」

・・・と、私の歩く速さを示しました。

誰がなんと言おうと、私は歩くとき、こう言う速さで歩くんですから仕方ありません(笑)

もうちょっと速いかな?

世界的には

・・・と、これがアンダンテの速さらしいのですが・・・

そんなにゆっくり歩いて駅まで歩いてたら人生が終わっちまうだでよ。

あたしゃそんなに暇じゃないし、日本はそんなに暇人ばっかりじゃないよ!

だいたい歩く速さなんて同じ日本でも首都圏、官庁の速さと過疎地のじいちゃんばあちゃんとでは違うでしょうし。

まあゆっくりすぎても速すぎてもいけないと思うので一つここは・・・

これを参考に・・・。

どちらにしても、速いとこ、アンダンテとか、アレグロとか、アダージオとかって・・・

デジタル時代にそういう楽語は似合わないって。

 

ちょっと今日は忙しいので明日の夜にまた追加ブログを。

最近土日が忙しいんです(汗)