発表直前で、あたしゃ思うんですがね

新年号、まだ発表されていない直前なんですが・・・(am8:40)

いっそのこと、新年号

一九

そうやってくれませんかね?

え?なんですか?

いく?ですか?

イク!!

なんかちょっとHな言葉ですが(笑)

いやそうじゃなくて・・・

もしくは二度とテロのないような世の中を願って上九一色村にちなんで・・・

あれ?この言葉知っている人はまさに昭和生まれなんですが(汗)

いやそうじゃなくて・・・

面倒臭いんですよ。西暦との兼ね合いが。

いつも思うんですけど、世界は西暦なんです。

だけど日本にいると、何かと平成だと「あれ?何年だっけ?」と。

わからなくなることしばしば。

なんども言いますが、世界の情報につながっていると、大概は西暦なんです。

加えてパソコンにおいてはデータはほとんど西暦です。

そういう中で年号というのは本当に面倒くさい。

だったら、一九とやってですねえ。

一九、3年

とやれば

19+3=21

つまり西暦2021年。

今年は一九元年ですから

19+0=19

西暦2019年。

逆に西暦から調べる場合はもし西暦2020年なら

2020-19=1・・・一九、1年。

もうこれでいいじゃないですか?

小学生も老人も色気付いた若い姉ちゃんも(?)、元オウム信者もわかりやすい親しみやすい言葉。

しかし年号って、どうなんでしょうかね?

そりゃ伝統ではありますが・・・本当、迷うことしばしば。

在日外国人なんか、けっっこう迷うことあるんじゃないのかな?

一番まずいのはですねえ・・・

昭和生まれの連中はこれから

「あ!あいつ、明治生まれのジジババじゃねえか。」

というような、言われる立場に置かれること。

「昔ねえ、浅間山荘事件なんてあったのよお」とか

「サリン事件なんてテロがあった時、たまたま新宿駅のヨドバシカメラにいてねえ」

とか

「玉音放送聞いた時はみんながっかりしてねえ」

・・・そこまで歳行ってないか(笑)



投稿者: 村田ピアノ音楽院

http://www.muratapiano.com