このヤロー、つい最近になって米津玄師のレモンって曲を知ったぞ。だったらお前メトネルのレミニシェンツァって曲知ってっか?!知らねーだろ、遅れてるなぁ。

令和の時代にクラシック音楽が絶滅しなければいいのですが・・・part2です。

なんかどれ聴いても同じ感じでどこが違うんだかわかんねえし、全然感動しないし、そのうち聴いてると眠くなってくるし・・・。

・・・え?クラシックのことですか?

そうですよね?現代ではクラシック音楽はそう思われている。

いや私はその米酢なんとかっていう曲を指していったんですがね。

さて、令和にクラシック音楽が廃れる可能性大の話題part2です。

・・・現在、もし生徒の中で才能豊かな人がいたとしても、私は音大は勧めません。もっとも自分で学費を稼いで、自由に使っていい身分で勉強をしたいというのならばならば、勧めますが。

音大は現在、学費が4年間でざっと900万円近い金額がかかります。

さらに卒業すれば、就職は皆無です。

昔は教員になればいいという考えもありましたが、現在では少子化でほとんど需要がありません。

もっとも、仕事を音楽関係に限らなければ、一応どこでもあるとは思うのですが。

しかし、せっかく音楽を勉強して卒業したら全く関係ない仕事につくということはどうなのだろうと。

昔はそれでもバブルの時代は、夫の稼ぎで暮らせていける時代だったので、女性は結婚すればまあどうにかなったとは思うのですが、現代は共稼ぎが主流です。

もちろん、自宅をピアノ教室で繁盛させれば共稼ぎということにはなるのですが・・・それは成功すれば、という結果論であって、そういう保証はありません。

この保証がないというのはとても怖いもので、単純にこの世界、稼ぐにはかなりのガッツと才能と運が必要です。

いやあってもやっぱり保証は微塵もない。

結局、この世界は誰もが入っていい世界ではないということなんです。

それでも学費が文系程度の金額ならば、まあ卒業したら一般企業に就職でいいじゃないか、といえますが、そうじゃない学費だと・・・。

私はとてもこんな進路、保護者に勧められません。

結局、趣味にしておいたほうがいいと言わざるを得ないのです。

逆に言えば、昔のように一家に一台、ピアノがあって誰かしらピアノを習っている世の中ならば、ピアノ教師という職業は成り立つかもしれません。

いや・・・そこがポイントなんです。

例えばですよ。

もし義務教育にピアノが入ってきたら・・・。

ピアノ塾なるものができるでしょう。

物理とか化学とか数Ⅱとか、世の中ちっとも良くならないのに「道徳」とか。

大人になってちっとも役に立たない教科なんかやるんだったらピアノを義務教育にして高校受験に入れちまったらよっぽどいい。

今やeスポーツなんてあるんだからeピアノショパンエチュードスポーツなんてあってもいい。

もしくは・・・まあ半分本気冗談はいいとして・・・

昔みたいに一家に一台ピアノを置いて誰かが習えばいいんです。

別に電子ピアノでもいい。

そういう風にしたら、ピアノ教師という職業は十分成り立つだろうし、クラシック音楽も廃れる心配はない。

全ての人がクラシックピアノをやるとは限りませんが、その中である程度の人たちはクラシック音楽に興味を持ってくれるでしょう。

クラシックピアノは確かに古臭いけれども、それでもいい内容はいっぱいある。

理解すれば興味を持てるようになる。

ヤマハなどはそういう、ピアノ業界を盛り上げる努力は惜しまないけれども、大学関係もそういうことを研究して世に訴えたほうがいい。

大学としては「そんなの関係ない」というかもしれないけれども、現実問題として、私がどの生徒にも音大に進むことを絶対に勧めない、という現状を考えれば、もっと大学側も考えていいと思います。

このままでは令和の時代に絶滅するのはほぼ間違い無いでしょう。


最近頭が良いんだか悪いんだかわからない政治家が時々いて困る

なんですかあの政治家?

ばっかだなあ(汗)

ロシアと戦争して勝てるわけないでしょうが。

相手は核保有国。もうこの時点で結果はわかっている。

核は使わずして威嚇で終わらせる。これが近代戦争史の歴史。

だから北朝鮮が核保有だからみんな焦っているわけだ。

トランプも応援するわけない。そうすれば結果は100%日本が負ける。

負けたら、4島返還チャラ、だけでは損害は済まない。

経済的、人命的にかなりの損害が出る。

北海道を半分取られるかもしれない。

問題は・・・あの人、東大経済学部卒業の官僚上がりみたいだけど、偏差値が良いから頭の考えもいいかといったら違う、という証明。

だいたい外交交渉という戦争が本当の政治家の仕事っていうことをわかってんのかなあ。

昭和初期の太平洋戦争前の時代に生きてれば陸海空軍大臣に抜擢されて、よかったのにね。

令和の時代にクラシック音楽が絶滅しなければいいのですが・・・1

ジュラシックじゃないですよ。クラシックです。

というより・・・平成の間にクラシック音楽が絶滅しなかったのは奇跡でしょう。

今の時代は全てデジタル時代です。

車でさえもオートマ車がほとんどでマニュアル車なんかもうほとんど売ってません。

全てが自動だったりデータ化されて、さらにコンピュータ化されてそのデジタル化に遅れる人間が「鈍臭い」と思われる時代です。

私のようにスマホを扱えなくてオロオロしてしまう人などはまさに「鈍臭い」と思われてしまうわけです(汗)。

と言っても・・・私はスマホよりもパソコン派なんですが・・・。

しかしどちらにしてもデジタル化の時代なので、アナログ的な発想や操作はもはや古い時代となりました。

音楽においてもデジタル操作を必要としない楽器=ピアノはもはや時代遅れでもあるし、クラシック音楽という日本で言う歌舞伎みたいな古い音楽はもはや若い人の心を掴む事は至難の技です。

それでも細々とクラシック音楽はかろうじて生き延びていくとは思うのですが・・・時代に取り残されてしまうのは避けられません。

こうなった原因は単にクラシック音楽が古臭いから・・・というだけではないとは思っています。

古臭いというのは、今に始まったことではなく、おそらくラフマニノフやメトネルが死んでしまった時から古臭さは始まってしまったと言っていいと思って今ます。

ラフマニノフ以降の作曲家でそれ以降、ヒットした作曲家がいないのです。

もちろん武満徹やメシアンがいるじゃないか!・・・という人もいるかも知れない。

でも、どうですかね?メシアンや武満徹が一般大衆に受け入れられるのか?

もちろん、芸術と一般大衆文化を比較するのは間違っているという人はいるかも知れない。

でも、それ、間違っていると思っていますよ。やっぱり一般大衆が受け皿なんです。そこがないから衰退していく。

やっぱり今の時代に売れっ子クラシック作曲家がいないのがまずは致命的だと思っています。

もちろん、例えば合唱曲などではヒット作はあるかも知れない。

しかしそこんとこ、一般のピアノ曲用にもヒット作を出して欲しいです。

やれ12音技法だのなんてこだわらずに、出して欲しいんです。

でもそう言うのは多分・・・もう他のジャンルの音楽家に移ってしまったんでしょうねえ。

それはそれ、仕方がないです。

ただ、それだけでクラシック音楽が衰退したわけではないです。

特に私が言う、令和時代に絶滅するかも?と言う危惧はこれとは別です。

そこのあたり、また次回お伝えしたいと思います。

つまりは・・・音大なんですよ。原因は。


100連休ぐらいあったら何かできるかもしれない

全くもって無意味な連休だった。

何もしていません。なんだろうなあ。

今回私は7連休でしたが、結局10連休ぐらいあっても私には無意味ですね。

自分は色々とローンを抱えているので引退はないのですがもし60歳で隠居したら・・・いやあダメ人間になるでしょう。

一生連休というのはね・・・もう認知症になります。間違いなく。

ところで最近ひどい自動車事故が多いです。

日本は平和な国なので戦争がないのですが、交通事故で亡くなる人はいまだに多いです。

車は進化しているので運転者は助かるのですが、歩行者はそういうわけにいかない。

そんな中、琵琶湖でまた事故があり、保育園が記者会見で記者が保育園に責任転嫁するというニュースがありましたが、記者という仕事は上司から「面白いネタを探してこい」と言われたかなんだか知りませんが過酷な仕事です。

しかし私は昔、ピアノを中学生の時に一旦辞めたのですが、その時にその説明を先生に説明をしに行く時に父に

「先生にピアノをやめて将来何になるつもりだと説明するんだ?」

と、言われたので・・・

「新聞記者になりたいと言います」

と言ったら父が

「もっとまともな仕事をやりますと言えないのか?弁護士とか科学者とか?」

と言っていたのを思い出します。

何で新聞記者じゃダメなのかなあ?と思っていましたが・・・。

ああ・・・こういうことをするのが記者と思われているわけね世間は(汗)

そりゃやめとけというわな。

もっとも、もきちんと新聞記者になればいいのですが、それすらなれずに週刊誌の芸能人追っかけ記者にでもなっていたら・・・汗。



だらだらと連休が過ぎていきます(汗)

私は月曜日から半分休みが始まって・・・今日は木曜日。

色々とアレやるこれやると決心して連休に突入で・・・のはずが・・・何もやっておりません(汗)

では何をやっているのか。

多分何もやっていないんでしょう(汗)

頭の回路は一昔前のパソコンのようにCPUがゆっくり回っています。

だから連休はダメなんですよ。人間ダメになります(汗)

辛うじてピアノの練習を頑張っていますが・・・気合が入りません。

ところで・・・先週は実は約4日間、サラリーマンを送っておりました。

え?サラリーマン?

はい、サラリーマンです。

どういうことかというと・・・いや単に毎朝通勤電車に乗っておりました。

ただそれだけです(汗)

でもたったそれだけで、ほんと、大変でした。

所用があって毎日、都心に電車で通っていたのですが・・・よくやるよなあ、サラリーマンって、あれを。

やっぱり私はできないなあ。もう勘弁してって感じ。

ところで都心の所用というのは・・・とあるところで以前も行ったことのあるピアノの公開レッスンを見学に行っていました。

今はボンビーなので(というより全くレパートリーがない汗)レッスンは受けずに見学のみですが・・・。

いつも思いますが、ほんと、考えさせられます。

いかにピアノを弾くことが難しいかと。

いつもそうですが、生徒とフランス人の先生との間の差は歴然で・・・。

そして、ほんと、フランス人は全然音量を出さずにほとんどmezza voce状態で演奏を構成して・・・。

まあ、わかる人はわかると思うのですが・・・。

そしていつものことは・・・

海外ではすでに生徒はうまいんで・・・何もレッスンする必要ねえじゃん!と思うぐらいうまいのですが・・・やっぱり日本人はまだ発展途上国みたいで(汗)・・・。

ダメなんですよね。日本人はただ単にパソコンキーボードみたいに弾いている。これ、プロでも同じ人、結構いる。

いやそれはもちろん自分もそうですよ(汗)。

ところでこの講座、実は某楽器店主催なのですが、何回か行っているもんで、いつも受付をしてくれる人には顔を覚えられてしまい、今回受付でお金を払おうとしたら受付の人から「あ、村田さんですね、」と言われました。

おお、名前まで覚えてくれましたか!・・・という感じでしたが。

翌日の朝、またいくと今度は新米女性社員のような見たことのない人が受付です。

おっと、通しの聴講券、出さないと・・・と思って財布を漁っていると・・・

「あ、村田さんですね。どうぞお入りください」

と、顔パスの状態。

なんだよ、顔と名前、覚えてんだ。こりゃ気分がいいなあ。でもなんで俺のこと知ってるんだ?・・・まあいいか。

しかし、さらに翌日の朝、また違う受付の若い女性社員がいましたがこれもまた

「あ、村田さんですね、どうぞお入りください」

え?なんでこの人も知っているの?

講座が終わって帰ろうとしたら、どういうわけか今度は女性社員全員3人が

「村田さんさようなら」

はて?・・・大奥のような感じでそれはそれで気分がいいのですが・・・

なんで知っているんだ?

まあ最もここは輸入楽器店。私は多分お金を持っている趣味でピアノをやっているどこぞの暇な会社役員オヤジとでも思っているのかもしれない。

事実、ここに出入りしている人は本当にお金があると思います。

でも私はお金ないんですよ。営業されても無理なんですよねえ。

いやしかし・・・果たして私は趣味でピアノをやっている暇なオヤジと思っているのか?

一方で私は名前と顔写真がインターネットで載ってしまっている、いわば指名手配犯。

先日も皇族の机にナイフを置いていった犯人がどういうわけか数日で逮捕されるという、どんだけ国民を見張る技術があるんだよ?という感じでしたが。

私も同じように犯罪を犯せば、たちどころに捕まる運命かもしれないこの世界。

やはりこの業界や楽器店に私が出入りする時は

もはやこういう格好で出入るするしかないのかもしれない。