新庄すごいです

47歳でもう一度挑戦することは良いことだと思います。

周りへの影響は計り知れないですね。

私もこれから色々と頑張っていこうと思っている最中だったので、刺激をもらいます。

そういう中で

こういうことを言う元プロもいるけど、言っちゃいけない。

後輩にこう言うことを言うのは人を疑います。

こういう大人になってはいけない。

まあそれはいいとして・・・。

自分が何かをやろうと思った時にはエネルギーとか気迫がいると思います。

やっぱり自分には気迫が最近欠けていたなあと。

何かを成し遂げる人を世間は「天才」と言って片付けてしまうけど、それはひょっとして自分に対しての「逃げ」かもしれません。

もちろん逃げてもいいんですが・・・それで自分が納得する、後悔しないのであれば。

自分が目標としていることができなかったら・・・

本当に自分は究極にエネルギーを注いでいたか?

私は結構今まで反省ばかりですよ(汗)

やっぱりどこかで少しずつ「逃げ」ていましたから。

プロはすごいです。絶対逃げないし、否定的な言葉も出さない。

そういう積み重ねが「天才的」な成し遂げに至る。

見習わないといけないです。

一切のことで言えますが、否定的な言葉を口に出すと、良くない要素を呼び込む。

肯定的な言葉のみだけ出せば世間と、運がついてくる。

結局は自分に打ち勝つことができるかでしょうか?

自分の持つ弱い部分をどこまで打ち消して強い自分になれるか?

それが実現できたら、誰でもあらゆることを実現できるんだろうと。

世の中、まるで「頑張らなくてもいいんだよ」と、子供たちに言う風潮がある。

私はそういう言葉は決して生徒に使わない。

私は究極に頑張らせることにしています。

実際は子供の限界を見たら、意外とできるものですよ。

子供の限界を見限っちゃいけない。

そういう中から、将来タフな大人が生まれてくる。

「頑張らなくていい」ことが正しいのだったら新庄は挑戦しなくていいことになる。

もしくは新庄だけが特別な存在なのか?・・・まあ確かに特別な変わり者かもしれない(笑)

わずか1%の可能性しかないのだったら諦めたほうがいい?

だから頑張らなくていいのか?

新庄が言っている「夢」は実現しないかもしれないのですが、実現しようが、しまいが、それが夢なんです。

簡単なことだったら「夢」とは言わない。

1%しかないから夢だし、頑張れる。

他に50%もあるのに半々の可能性だから「頑張らなくていい」からその可能性も捨ててしまっている人はいないだろうか?

投稿者: 村田ピアノ音楽院

http://www.muratapiano.com