外壁塗装

宣伝ですが、新しいブログ、作りました。

真面目な音楽ブログ ご覧下さい。

———————————————————–

教室に来ている人なら、おおよそ気がついているとは思うのですが、教室の建物の外壁塗装が(汗)かなり劣化しています。

もう塗り替え時期なのですが・・・いやこれは私の責任ではなくてですねえ(汗)。

そもそもあの建物の所有権は父と兄のもので今まで私は口出しできなかったんですよ。

今年の春にようやくあの建物を私が維持してよろしいという、許可が出たので私がこれから建物の維持を任されたという次第なんです。

そこで一番最初のリフォームがまあ外壁塗装ですね。

しかし、これがまた建物がでかいだけあって、見積もりがですねえ・・・汗。

あの建物は実はかなり有名な鉄骨住宅メーカーで、そのホームメーカーに見積もりを取らせたところ・・・なんと!かる〜くヤマハC6Xグランドピアノが買える見積もり金額(汗)

もちろんそんなお金があったってあたしゃC6Xなんて買いませんよ。

だったらフルコン中古を買ったほうが正解。

フルコンがでかすぎるんだったら、S6の中古でいいでしょ。

探せばS700Eという幻の名器もある。

まあどちらにしてもホームメーカーの金額はどうも。。。汗。

そこで他社の外壁塗り替え屋さんを探していますが・・・

だいたい7〜8社ぐらいかなあ?

まずはお話を聞いて見積もりを出してもらうのですが、これだけの多くの会社に相談すると、意見がまちまちでなかなか決めずらい。

そして、どこが信用できてどこが危ないのか、なかなかわかりません。

もちろん、一番安心できて(?)あとでまあ多分何かあってもクレームが通りやすいのが建てたホームメーカー会社なのでしょうけど。

なので現在、外壁塗装について自分なりに研究中です。

しかし・・・当たり前ですが素人ゆえ・・・わかりません(汗)。

多分一般の人はもうどうにでもなって適当に選ぶのかなあ?とは思うのですが・・・

凝り性の私はなんとか頑張って勉強しています。

・・・と、こういうことをやっているとすごく思うことがあります。

私は住宅や塗装に関しては完全な素人です。

しかし、ピアノや指導に関しては一応わかっています。

一般の人がピアノ教室を探すって、まさに、この外壁塗装並みの苦労があるんだろうなあと。

しかしここが面白いのですが・・・

じゃあピアノ教室は大手だったらさすがに安心だろう。一番高いけど一番間違いがない。

はい、これ、ブー、です。

金額も一番高いとは限らないでしょう。実は。

もっとも例えば受験コースとかで、どこぞの大学講師が来て指導と言うのならばまあ、ある程度は大丈夫かな?とは思いますが・・・。

もちろん、講師、教授であっても、私から言わせれば、それすらも安心はできません。

一方でそういう人に習っていて、私のところに単発レッスンに来た人の指導内容は、講師が海外留学のある人だと、まともな指導をしていることが多かったですね。

と言うことで・・・

次回、真面目ブログかもしれませんが、春に向けて、新しい教室を探そうとしている人に対して、一体どこの教室が良いのか?ポイントってなんなのか?

を描いてみたいと思っています。

でもですねえ・・・

じゃあ私がHPなどをみて良し悪しがわかるかって言ったら?

わかりません。

例えば・・・

HPで「うちの教室は」

1.ソルフェージュの充実

2.無理のない脱力奏法テクニック

3.音楽性を豊かにする指導

・・・を、心がけています!

と書いてあったら・・・

もう、うちの教室と互角のレベルじゃん!・・・となってしまいます。

文章で書いてしまうのは簡単なんです。

この辺り、外壁塗装のHPも同じです(笑)

その辺り、攻略法(?)を次回書きます。

投稿者: 村田ピアノ音楽院

http://www.muratapiano.com