全くもって実りのない盆休みとなってしまった。

いつものことですが、私はいつも教室が休みの時には、ピアノを猛練習するかと思いきや、何もせずに過ごすということがほとんどです。

しかも何もしません。なんかわかりませんがゴロゴロしているうちに夕方になってしまって結局何もせずに1日が終わってしまうのです。

多分、年金生活者の方は、何かに没頭して有意義に過ごす人と、私のように何もせずに終わってしまう人に分かれるのではないかと(汗)

生徒にはたんまり宿題を出しておくのですが肝心の私は練習しませんからねえ(汗)

全く困ったものです。

ただまあ・・・実を言うと・・・

私は今、仕事が週7日でして(汗)

お休みは年末、盆、ゴールデンウィークと、数少ない祝日だけなもんで(汗)ちょっと最近精神的、体力的に疲れることが多くなったなあ、と言う時にこの休みはありがたいものです。

昔は盆休みの時とかに、公開レッスンの見学とか、コンクールとかに全部費やしてしまうときもあって、その時は結構休みが終わった時には「しんどいなあ・・・」と思いながら仕事を始めた時がありましたが。

そういえば昔、あんまりおおっぴらに言えませんが、ロシアの有名なピアニストが(M,P)タイだかベトナムだか休暇の時に旅行に行って児童買春で捕まったニュースがありました。

あの時はロシアの政治圧力で即日無実釈放されたのですが、クラシックピアニストがヨーロッパとかではなくて東南アジアでバカンスかあ〜・・・と思ったものです。

音楽と全然関係ない南国で頭を空っぽにして精神的に休養というものいいかもしれないなあ・・・いや待てよ?そうではない理由があって東南アジアとか?!?!?

まあそれはいいとして・・・。

ゆっくり休んだのでこれから全てにおいて邁進です。

本当に思いますが私は死ぬ直前まで働いていないとまずいです。

生活費と言うこともありますが・・・いやそうじゃなくて・・・。

やっぱり動いていないとまずいです。

そして、いよいよ体が動かなくなって、リハビリも含めて体にムチを入れないとなあ・・・と思った時にいつか上記のような所に訪れて、体と目に喝を入れたいと思っています(?)

お前らテープ回してないだろうな?(古っ)

こんな言葉、今の若もんが聞いたらわからないんじゃ?

テープ回すって・・・セロハンテープでも回すんでっか?と。

今の時代、カセットテープレコーダーなんてもう見かけません。

特に録音機器の進化は凄まじくて、長年カセットテープだったのが(最も昔はオープンリール、家にも昔ありました)

その次がDAT.おーすごいの出たなと思ったら、MDとなって、それもいつの間にか消えて今では多分ICレコーダとかiphoneでデータをメモリースティックとかで移して・・・という時代ももう終わりに近づいているかな?

多分録音データはそのままインターネットでクラウドに上げてしまうのでは?

デジタルの時代になってからはなかなか周りの人も進化に追いつけないんじゃないかな?

私もパソコンの世界にはなかなか追いつくのが大変で・・・しかしそれに乗れないと、今の時代、仕事に関しては遅れてしまいます。

HPの作成もそうですね。最近サボっていますが。

ところで今回の吉本問題。若手芸人がギャラの問題を言っていましたが・・・。

こういう世界なんだから、安いギャラで生活できないなんて、言ってちゃいけないと思いますよ。

好きなことやってお金もらえるんだから、感謝しないといけないんとちゃう?

1:9の割合だとしても、好きな漫才で舞台に立てるんだから、それだけで感謝しないと。

人間、誰しもが好きな仕事で食ってるわけじゃない。

好きな仕事、やりたい仕事と、できる仕事、向いている仕事は違うんじゃないかと。

それでも漫才で食って行きたかったら、売れている芸人のように売れればいいわけで。

もちろん、売れている芸人でも事務所と揉め事があったから今回の件はあったんでしょうけれども、それと若手芸人の問題は違うのではないかと。

ピアノの世界も同じだと思いますよ。

この世界日本人でピアノの演奏だけで食っている人なんてどの程度の人数なんだろうと。

それでも、もしかすると、今夜もピアノを弾いているピアニストは「この仕事、私は向いていないなあ」と思いながら弾いている人もいるかもしれない(汗)

芸を使って食っていく人はそれだけの覚悟がないとこの世界、いとも簡単に入ってはいけないと思いますよ。

それだけの厳しさがあります。

どうでもいいんですが、岡本社長の会見はなかなかの漫才でいう”ボケ”だったんじゃないかと(笑)。

真夜中の攻防戦

うちのミルクは実はドアを自分で開けられます。

私が教えたのですが、実は開けるドアによっては困ってしまうことがあります。

教室の部屋はピアノのために湿度管理をしているので、ドアを開けてしまうと今の時期は湿度が上がってしまうので、開けてはまずいのです。

なのでいつも閉めっぱなしにしているのですが、ミルクがドアを開けてしまうと必ず私が来てドアを閉めるので、ミルクの頭には

ドアを開ける=私が必ずやってくる。

というデータがインプットされています。

本人は教室のドアは開けてはいけないということは理解しているようです。

ミルクが遊んでほしい時や、私を呼びたい時には、必ず教室のドアを開けて私に何らかの催促を促すのですが・・・

いや、昼間ならいいんですよ。いくらでも付き合いますが、それを夜中にやられるとですねえ・・・(汗)