こんなことあるもんなんだな。

もう1ヶ月前なんですが・・・

東京に私が尊敬するフランス人のピアニストの公開レッスンがあり、行ってきました。

レッスンはいつもの通り、やっぱりすごくて、色々と勉強になったのですが、その時の話です。

と行ってもレッスンの話じゃないんですよ(笑)

その行き帰りの電車での話。

その日は9月でしたが、大概電車の中って、冷房で寒いじゃないですか。

なのでパーカーを持って行ったんです。寒くないように。

しかし電車の中は結構混んでいて、冷房が入っているにもかかわらず暑くて。

パーカーは着ずに邪魔だったんで、上の網でできてる棚に置いておいたんですよ。

そのまま、私はスマホに夢中になっていまして・・・

・・・と、「お!長津田だ!」

というわけで乗り換えです。

・・・と、電車を降りて、しばらく歩くと・・・

ああ!、しまったー。パーカー忘れたぁ。

しかし時すでに遅し。

電車はいっちゃうし、私の方は公開レッスンに間に合わないので急いでいたし・・・。

ええい、仕方ない。帰りに駅で聞こう。

・・・と、講習が終わって、再び長津田駅に戻り、その際、駅員に来たんですよ。

「白いパーカー、忘れたんですが、落し物で届いていませんか?」

駅員は拾得物係に電話しながら

「・・・いやー届いていないですねえ・・・。まあとりあえず明日になってこちらの方に電話してみてください」

と言われて、ある電話番号が書かれた紙を渡されました。

拾得物係の連絡先です。

しかし、今まで何度もありましたが、こういう場合、出てこないんですよね。

誰か持っていくこともあるでしょうし、届けられていても、駅の方でもいい加減な探し方で「ないですねえ」ということはよくある話。

あーだめかなあ。そんなに高い服じゃないんだけど、まだ新品で勿体無いし・・・

まあ仕方ないか・・・

このやりとりをするだけでも30分、かかってしまいました。

快速はいっちゃうし、何本も電車を乗り過ごしたし、あー早く帰りたいのに、何本も逃した上に、拾得物は見つからないし・・・

・・・あーやれやれ・・・

というわけで、長津田駅から電車に乗ったんですが・・・

・・・あーそういえばこの位置ぐらいの車両だったなあ。たしか前から2両目だったんだよなあ・・・

・・・と、その車両に乗ると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお!

なんと!あるじゃん!私の白いパーカー!。

鷲掴みしましたよ。思わず   (笑)

こんなことあるもんなんだな。珍しいなあ。横浜線なんて、何十本も走っているんだろうし、その中でなんでまた、たまたまこういうことあるかね?

何本もやり過ごしていたので、即座に諦めてすぐに乗っていたら、こういうことにはならんかったでしょうし・・・。

偶然って恐ろしいなあ・・・。

いやまてよ・・・これって・・・

間違いなく2017年、今年の運、使い果たしたなこりゃ。

なんてこった。

ひょっとして・・・

一生分の運もパーカーで使い果たしていないだろうな?(汗)

まあそれはそれとして・・・

公開レッスンはすごかったです。

いつも思うんですが・・・

未成年のピアノ学習者って、何が何でも指を鍛えるじゃないですか?

まあそれはそれで間違ってはいないんですが・・・

鍛えるだけで終わっちゃうんですよね。

結局、やかましい音を奏でることしか習得しない。

音大なんて、速い、爆音、ミスなし、センスなし、止まらず。

正直、これだけでOKですよ。結構単純。単純作業そのものです。

一応、楽譜通り、形にはなっているけど、中身は何もない。

あのフランス人の演奏を聴くと、「芸術って何だろう?」と考えてしまう。

芸術を極めるには、明らかに一般人や一般ピアニストとは全く違う、別次元の面で生きていかないと、何も気がつかない人生になってしまう。

正直、まったく出くわさないんですよ。日本にいると。東京でさえも。

多分、日本人だけの中にいると交わらない。

そこが怖いところ。

今まで私、思っていましたよ。

東京は世界的に一大都市だって。

なんでも手に入るし、なんでも情報が入る、世界的に有名な都市だと。

まあ確かに機械関係やテクノロジー、医療関係はそうなんでしょう。

でも、クラシック関係は・・・

そりゃ確かに東京に出てくれば、フランス人の講習が受けられます。

だけどなあ・・・フランス人じゃん。日本人じゃない。

結局、クラシック音楽を極めようと思ったら・・・

東京じゃダメなんだなと。

ヨーロッパに行かないとダメなんじゃん。

私は神奈川県に住んでいますが・・・果たして神奈川県に住んでいるのと、例えば九州、北海道、沖縄に住んでいるのと・・・

差があるんですかって、言われても・・・

クラシック音楽においては、差がないんですよ。これ(笑)

九州だろうと、沖縄だろうと、東京だろうと、結局、クラシック音楽においてはヨーロッパに比べたら田舎そのもの。

昔、ポーランドで、高校から留学している、っていう人がいました。

確か青森から出てきている、って言ってましたが・・・

青森だって言うんで、田舎から出てきたんだなあ・・・と思っていましたが・・・

青森から直接ポーランドに直行は大正解です。東京を数年、経由しなくてよかったわけです。

逆にポーランド人教授から見れば・・・

「なんだこいつ、東京の田舎もんか?」

と思われているんだろうなと(笑)。

もちろん、おらが東京のクラシック連中はそう思わないんでしょうが・・・。

・・・話は戻りますが・・・

運を使い果たした俺の人生はどうなるんだぁー!?

 

 

 

 

 

 

 

 

かっこいい・・・とは何か?

なんたって今や選挙の話題でニュースは持ちきりです。

私は正直、あんまり選挙にはあんまり関心はないです。

色々と忙しいもんで・・・。

ただまあ・・・時々ニュースを垣間見るにつけて思うことは・・・

今回、かなり斬新な動きがあったにもかかわらず、小池さん準備不足だなあと。

付け加えて、そこになだれ込む政治家ってなんなんだろうと。。。

まああえて、どうこう言いませんが・・・

かたや、一方では古巣の連中が「立憲民主党」というのを立ち上げている。

これ、めっちゃ格好いいと思う。

名前も格好いいが(笑)主張も格好いいと思う。

今までの主張にぶれずに、流れに流されず、頑固に守り通す考え。

良い、悪い、時代にそぐわない・・・そう言う考えではなく、あくまでも自分たちの考え、主張を固守する。

今の時代、憲法を守ると主張することは、すなわち政権が取れないかもしれないということ。

それでもその考えを通すことは、与党になれないかもしれないけれども、そうであっても政治家としての主張を持つこと。

多分、どんな政治家でもスタートの時はそういう考えだったのでは?

政治家はそれでいいと思います。

フラフラしてもらっちゃ困る。

実は自分の母校からも国会議員が鞍替え立候補しているんですが・・・今回は落ちないといいんですけどね・・・。

少なからず、母校の連中は応援しているようなんで。。。

だけどなあ・・・小池さん・・・

あなたが総理になれるんだったら、状況はすんごく変わっていたんでしょうけど・・・計算狂ってませんかね?。

惜しいなあ・・・。

 

 

貧乏性な私・・・

私はコーヒー好きである。

しかし・・・最近ボンビーな私はコーヒーにお金をかけることができない。

昔は高級なコーヒー豆をよく買っていたのだが、最近はそういう贅沢はやめて、安いコーヒーを買っている。

どんなコーヒーかって?

一応、メーカー品です。

昔、学生の頃はよくこのコーヒーを買っていました。

あの当時は「なんてうまいコーヒーなんだろう」と思いながら飲んでいたんですが・・・

今買って飲んでみると・・・

「なんて不味いコーヒーなんだろう。。。」

と思いながら飲んでいます(笑)

人間贅沢になるのは良くないことです。

しかし、ここでわけわからないことは・・・

このコーヒーの値段はたかだか600円程度です。

だったら捨ててしまって、美味しいコーヒーを買ってくればいいんですが・・・

いやいかんせん貧乏性な私には勿体無いと言う意識が出てしまって・・・

「なんて不味いんだろう・・・」

・・・と、思いながら、一生懸命飲んでいます。

なんたって、360グラムも入ってましてねえ。。。

1回のコーヒーに使う豆の量は大体8〜10グラム。

いやあ、不味いなあ・・・という嘆きを少なくとも36回嘆きながら飲んでいます。

かといって・・・捨てるというのもなあ・・・。

ああ、そういえば、最近インスタントコーヒーも安いものを買ってきました。

半年前に

200gも入っているインスタントなんですが・・・一応メーカー品だからどうかなあ、と思ったんですがねえ・・・

いやあ、この半年間

「なんて不味いんだろう・・・」

と思いながら、やっぱり全部綺麗に飲み干しまして。。。

ようやく飲み終わったんで新しく別の銘柄を買ったんですが。。。

いやあ・・・お安かったんですが・・・これもまたですねえ。。。

・・・なんて嘆きを言わずにですねえ・・・贅沢は言わずに・・・

たっぷり200g入っております(汗)

現在は毎朝、これと付き合っております。

早朝、コーヒーを飲みながらいつも

「ああ、なんて〇〇〇〇」

と、嘆きながら清々しくない、苦い朝を毎朝、迎えております。

あ、ちなみに、もし、インスタントコーヒーで失敗したくなかったら・・・

迷わずに

を買ってくださいね。

コーヒー通の私が言うんですから、間違いないです。

今回、私わかったんですよ。

初めから、高い、美味しいコーヒーを買えばよかったんですよ。

そして、「美味しいなあ」と思いながら、1日1杯で我慢すればいいだけのことなんです。

それを、貧乏性で贅沢な私は、1日何杯でも、美味しいコーヒーを飲みたいと考えるから、こう言うことになるわけで・・・。

何も1杯分が500円のコーヒーじゃないんです。

どんなに高くてもせいぜい、1杯分換算では五十円です。

一日1〜2杯だけで我慢すればいいだけのことです。

ボンビーで欲張りな人間はこれだから、こう言う結果になるんです。

よくないですよ。

美味しい、と思うものは、どうせふんだんに飲んでしまえば、きっと飽きてしまうでしょう。

少ないから、その味が身に染みて、よくわかる。

そう言うとこ、俺はダメだなあ。

「違いと、慎み深さのわからん男は、ゴールドブレンド」

 

私の運勢は・・・?

私の生徒で占いに詳しい人がいるので聞いてみると、なんでも私の運勢は今年から3年間は最悪だそうだ。

なんでも来年から天中殺だとか。

しかしですねえ・・・あたしゃそれを聞いても驚かなかったですよ。

・・・というより、あまりにも当たっているので驚いたかなあ(笑)

まあ正直、今年、来年と、最悪ですよ。。。もう。。。

つい最近、自宅の引越しが終わりましたが、この引越し、実は今後まだあと、諸々を含めるとまだ3回もあるんです。

3回もですよ!!

全くもう。。。

天中殺の間は大きい出来事は避けるべき、らしいのですが、んなこと言ったって、避けられないんですよ、これが。

・・・というより、まさに天中殺、当たってんな、って感じ。

どうせ避けられない運勢なら、自分から飛び込んで行くっきゃないじゃん!と思っています。

引っ越しの間は、まあ残念ながらピアノを弾く暇がない状態で・・・

全くもう、こんな生活早く落ち着かせたい感じ・・・なのですが、当分落ち着きません。

本来は・・・引っ越しが合計5回のはずだったんですが(笑)、そのうちの1回を減らしました。

その理由は・・・

ピアノの運送ですよピアノの運送。

これ、誤算でした。

私が持っているピアノはcs2というピアノ。

多分世間では知っている人、ほとんどいません。

運送会社に聞いても、電話口のバイトのお姉ちゃんだと「ヤマハC2ですかぁ?」と言われてしまう。

c2じゃないんです。cs2なんです。

このピアノ、恐ろしいピアノです。

運送費、いくらだと思いますか?

マンションから例えばマンションに移動の場合・・・

20万円ですよ!20万円!。

サイズがあまりにでかいんです。

ピアノに詳しい運送会社「あーあのフルコンピアノね」

私「いや、違います!セミコンです!。家庭用のセミコンです!(値を下げるために)」

運送会社「いやお客さん、cs2はねえ・・・コンサートピアノなんですよ。サイズがでかいでしょ、あれは。だから人手がいるんです。値が張りますよ、これ」

私「・・・汗」

もし、このピアノを一度マンションに移動して、その後でまた移動すると・・・つまり40万円かかるわけで・・・。

まさに天中殺になるようなピアノを私は買っていたとは気が付きませんでした。

そうでなくても引っ越し、大変でした。

私は引っ越し業者に頼むとお金がかかるので実は自分でやったんですが、もうほんと、ダンボール箱、幾つ運んだんだろう?

100個はあったんじゃないのかなあ?

一生懸命、荷物は減らしたつもりだったんですが、それでもねえ・・・。

最後に、車には載らない大きい家具が最後に残りまして・・・

どうしたかというと・・・

台車で夜な夜な運びましたよ。

まあ2トントラックを借りるという方法もあったかとは思いますが・・・

一応マニュアルトラックは運転できるんで。

後で、とある生徒から「なんだ、2トントラックなら持っているから貸してあげたのに!」

と言われましたが(汗)

まあ引っ越しはいいです。

しかし、まださらなる大きい問題が2〜3も・・・。

全く落ち着けないこの数年。

それでも「生きているだけでも、儲けもん」と思わないとね。

やってられませんわ、これ。

 

 

 

 

 

 

世間では色々と・・・

お騒がせしているようですが・・・

まあ女性が社会で活躍することはいいことだとは思いますよ。

しかしだんだん、女性も男性と変わらないスタンスになりつつあるなあと。

それは良しとしてですねえ・・・私も現在、ダブル不倫中です♪( ´θ`)ノ

え?なんですと?・:*+.\(( °ω° ))/.:+

そう、しかもダブル不倫といっても私だけ、3人も女性を抱えてのダブルでんな。

しかも自宅ですでに3人と同棲をしております!。

ご紹介しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやこれではロリコン幼児となってしまうでんがな。

こいつら来た時は生後1ヶ月でした。

私の知り合いが、親猫のいない仔猫5匹を保護したらしく、その後で誰か面倒見てくれないかと尋ねて来ました。

私は「えー、引越しも控えているし、猫はねえ・・・しかもうちにはウサギもいるし・・・」

といったら嫁さんが「まあかわいい!!」といってなぜか2匹も引き取る羽目に・・・。

一応嫁さんの妹が1匹引き取って行きましたが、現在妹が旅行中なので、1週間ほど、うちらが2匹を面倒見ています。

昔、子どもの頃、確かに猫は飼っていたのですが、いや今はいろいろ忙しいし、自分は自分の環境で毎日テンパっている状態だし、とても猫の世話なんかできるわけないじゃないか、と思っていたんですが・・・

なぜか朝になると、自分から早起きして、猫のトイレ掃除にカゴ掃除、水に餌と、なぜか自分から率先して世話しております。

いろいろと私も忙しいと、世間のこと、構っちゃいられません。

自分のことと子供達のことだけで精一杯です。

なので、やれ不倫だの、ミサイルだの、って・・・

どうでもいいじゃないですかそんなこと。

・・・ってなりません?

ミサイル?そんなのどうでもいいよ。なんだったら村田ピアノ音楽院目指してミサイル打ち込んでこいよ。キム野郎。

・・・ってやっぱそういう発言やめておこうかな。

どちらにしても」本当にどん底だと、世間のこと、どうでもいいです。

それだけ、世間が気になるのは実はすごい幸せで安泰な生活をしているという証拠ですよ。

そういう境遇にいる人々は感謝しないとね。

まあ確かに、飢餓地域とか、戦闘地域に住んでいる住民は、そんなこと気にする余裕ないんじゃないのか?

まあそういう不幸せな人たちに比べたら、自分はまだ幸せかもしれません。

・・・生きているだけで儲けモン・・・

墜落した JAL日航123便に乗るはずだった明石家さんまがそう言っていました。

本当かどうかはわかりませんが。

 

 

あーあれはどうかなあ

なんでもある有名な日本人トランペッターの音楽講習会で、ある中学受講生がそのトランペッターからビンタを食らったというニュースを見ました。

メディアはほとんどはやはり、そのプロトランペッターを責めているようですが・・・。

まあよくみておいてください。

ここでトランペッターを非難しているコメンテイターは・・・まあ言っちゃなんですが、偽善者とみていいでしょう。

人をどう判断するかって・・・こういう時に判断できるんですよ。

事情はニュースでよくみましたが・・・動画もあったようで、みました。

まあ正直・・・ありゃ中学生が悪いでしょう。

しかし、その中学生に対して、どう考えても暴力はいけませんと、言っているようですが・・・

そりゃ違うな。

あのような講座に出ている生徒というのは当然、プロを目指したい人たちでしょう。

それで、何たって講師は世界的に有名なミュージシャンです。

憧れのミュージシャンに習いに来ているのに、ああいう態度はないでしょう。

私だって、マールボロー先生とか、他の先生で、ムカッとすること、ありますよ。

でもねえ・・・だからってあからさまに反抗するっていうのは・・・だったら習わなきゃいいわけです。

というか今後習うことができなくなる可能性がある。

それでもやるっていうんだったら、もう去っていけばいいわけです。

師匠がいらないんだったら、自分だけで勉強すればいい。

目の前の宝の山を授けてくれる巨匠から宝をもらわずに、去っていけばいい。

小学低学年なら・・・まあわからないわけでもないですが・・・中学生でねえ・・・

プロの世界は厳しいです。

そういう中で、せっかく巨匠とも言える先生に習っているんだから、最低限の礼儀は・・・外国でもあるでしょう。

あれじゃあ、巨匠に対しての尊敬がない。

中学生が後で謝りに来て、トランペッターは許したかどうかわかりませんが、怒って破門にすれば、その生徒はそれっきりな訳です。

損するのは結局その生徒。

トランペッターはしばらく非難の的でしょうが、1年も経てば、元に戻ります。

しかし生徒は破門のままです。

私だったら・・・

バカだなあ、あの中学生・・・哀れだなあ・・・

と思うんですがね。

音楽家の連中だったら、多分全員そう言うと思いますよ。

文部省管轄の教員はどう言うかわからないけど。

 

理想と現実と志

色々生きていると、時々まあ、色々とですねえ・・・人間挫折したくなることや、そうは行っても理想の世界への憧れとか・・・。

そういう中で葛藤をしたりするわけです。

理想なんか高く持つもんじゃないと・・・

そう思っていた方が人間楽なのかもしれません。

しかし、そう思いながら生活している人はきっと、恵まれている人に嫉妬心を持つのではないかと。

芸能人のスキャンダルとか、不祥事が気になったり変に喜んでしまうのは、そういうことでしょう。

人間の心理なんてそういうもんです。

芸能人は羨ましい・・・自分は恵まれていない・・・。

しかし、それは大きな勘違いです。

芸能人が羨ましいと、思うような気持ちの余裕がある人は実は、結構幸せだと思いますよ。たとえ裕福でなかったとしても。

何をもって幸せなのかっていう観点かもですね。

私なんか・・・もう・・・最近は本当に色々境遇で困っていて、そういう中じゃ、芸能人や政治家のことなんかどうとも考えませんよ。全く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金銭的もそうですが精神的に余裕がないんで、他人のことを羨んでいる余裕はありません。

ただ、今後、どう自分の人生を作っていくかで、現状に甘んじることなく、理想、志を持っていきたいとは考えていますが・・・

理想とか、志を高く持つことはそれはそれで大変です。

楽な方へ人間流れていきたくなるんですが・・・。

最後に自分の人生が終わりに近づいた時、これで満足だったか?そう思えるようになりたいと考えています。

もちろん、志や理想を追い求めすぎるとしんどいです。

夢はあくまでも夢で語っているだけなら楽しくて、現実化することはとてもしんどい。

自分の老後の人生、どう生きるか?

私は・・・戦うことに決めました。

安息、休息、安泰、ご隠居は求めないと。

くたばって倒れて死んでいこうと思っています。

クレッシェンドのように。

あ、もっともリタルダンドはするかもしれませんが(笑)

精神面で若くいることはとても大事です。

体がついていかなくても、精神面でなんとかごまかして(?)保つのも重要。

無茶して肉体的衰退を精神面でカバーすることも重要(笑)。

どんなにくたばっても精神面で乗り越えていこうと考えています。

最近、ユニクロの店に行ったら、穴あきのデニムが激安売りしていました。

最近貧乏なんで、安いんだったら買おうかなと。

最近来た女子大生の生徒も穴あきデニムを履いていたので、その生徒に

「ねえ、先生もさあ、穴あきデニム、ユニクロで安かったから買おうかなと思ってんだけど、どうかなあ?おかしいかなあ?」

その生徒は大笑いしながら「いいんじゃないですかぁ?」

・・・俺も買おうかな?

生徒が良いんじゃないですか、といったんで・・・

変じゃないですよね???

俺、歳いってないよね?

まだ若いよね?

ホームレスって言われは・・・

 

モーニングコーヒー

私はよく喫茶店のモーニングメニューにいきます。

いろんな店に行くのですが、最近、結構内容的にいい店を見つけました。

MAX CAFE

近所にも新しく店ができまして、行ってみました。

結構ボリュームもあって,コーヒーもまあまあです。

同じ様なメニューは実はドトールにもあるのですが、どう考えてもこちらの店の方が上手のようです。しかも値段もかなり手頃です。

このあたりではいくつかあるのですが、断トツ、いいんじゃないですかね?

競合店としては、星乃コーヒー、コメダ,高倉町コーヒー・・・あれ、これぐらいかなあ?

しかし・・・実はもっとも強力な競合店が1店あります。

・・・というより多分、商売仇にはならんでしょう。

知る人ぞ知る・・・地元の喫茶店、●里です。

この樹●という店はコーヒー専門店です。

昔からある店で、地元のコーヒー好きには有名です。

もともと、個人で経営しているというだけあって、マスターは昔から変わっていません。

おまけに個人経営店なので年末年始など、確かこの間張り紙で12月30日まで営業と書いてあったので30日に行ってみると、お休みということもあったり(笑)

•••でもまあ、個人経営なので30日まで営業するのもかわいそうです。

または、ゴールデンウィークのような激混みの時にはちょっとコーヒーの味が薄い時も(汗)

また、HPには30周年と書いてありますが、•••多分もう34年経っています(笑)

私が高校生の時に既に通っていましたから。

そんなこんなで、個人経営らしい店ですが、味は逸品です。

ここのメニューの「ストロングコーヒー」は私のお気に入りです。

砂糖もミルクも入れずに飲んでみると分かりますが、あそこまで美味しいコーヒーの味を作るのはどこの店でもできることではありません。

もちろん他のメニューもすごく美味しいのですが、あの店はコーヒーだけでも生き残っていけるでしょう。

どんな店でも「何でも出せます。なんでも屋」だと、特徴のない店になってしまいます。

星乃コーヒーはフレンチトースト、コメダは居心地の良さ。

そうなるとドトールは•••ちょっと印象は薄いかもしれません。

さて、•••我が村田ピアノ音楽院の特徴はなんでしょうか?

•••そりゃ決まってまんがな•••

『何でも屋』です。

できることなら、全てのレベルをダントツに高い状態にしたいところですが•••

もしかすると、特徴のない、レベルが中流程度なのかもしれません(汗)。

店長のブログだけ特徴があって•••汗。

ドトール音楽院、と呼ばれないためにも•••日々努力を•••。