この間,位牌を買いにいってきました

位牌なんてまあ、今までは何とも思っていなかったし、人は死んだらそれっきり・・・と思っていましたが・・・。

もちろん、今でも死後の世界なんて信じていません。

・・・頭の中では・・・

そう、頭の中の理性的頭脳ではそう考えるんですが・・・

心臓の部分の心の中はですねえ・・・。

人の気持ちはそう簡単に割り切れないものがあります。

わかっちゃいるけど・・・。

位牌に人の魂が入る、と言われれば、やっぱりねえ・・・

だから位牌はみんな磨き過ぎて、あっという間に漆が禿げるんだとか・・・

人はやっぱりやるせない気持ちを何かにすがるんだと思います。

何かにすがって、気持ちを平静に保つんだと思います。

ちなみに今回買った位牌は・・・

黒檀です(笑)

そう、ピアノに詳しい人なら知っていますよね?

わが村田ピアノ音楽院のピアノの黒鍵も本物の”黒檀”です。

この位牌がまた結構、ずっしり重い。

先祖の霊は盆に家に帰ってくると言われています。

そんなこと、もちろん今まで信じていませんでしたが・・・。

ただですねえ・・・

実は不思議な出来事が昔の家ではよくあったんです。

現在の教室の建物の前の私が10代の頃の建物の時代なんですが・・・

何故か盆時期や、お彼岸時期になると玄関の呼び鈴が必ず2〜3回鳴るんです。

それで玄関に出てみると・・・だれもいない(怖)

これ、実は結構ありました。

その度に「ははあ、おばあちゃんにおじいちゃんが来たな!」

と、みんなで冗談まじりに言って、その後墓参りをしたものです。

その時は、半信半疑でしたが・・・。

今年は盆提灯を置くかもしれません。

何度も言いますが、正直,人間は何かにすがって気持ちの整理をしているにすぎません。

逆に考えれば、霊体験とか、心霊写真とか・・・

そんなもの、全然信じません。

正直「ばかばかしい」とまで考えてしまいます。

自分の気持ちの整理をつけているだけなんです。

だからそうわかっていても•••先祖の霊を盆にお迎えしなくてはいけないと。

長い歴史の中で、人間はどの世界でも、そのような行動を起こすわけです。

どうでもいいんですが・・・

私が死んだ時は、教室のピアノの黒鍵をばらして、みんなにお配りしたいと思っています。

私はその36鍵の黒檀鍵盤で(今、数えました・笑)生徒の皆さんの演奏を監視したいと思います。

「なんだその歌い方は!」

「テクニックがなっとらん!」

「いつになったら楽譜が正確に読めるんじゃ!」

・・・と、激を飛ばしたいと思います。

 

 

 

教室の移転先

教室の移転先ですが、多分みなさん一番気になっている情報だと思うので、載せておきます。

移転先はこちら

ああ、違った。ここは我がふるさと、ワルシャワのショパンの心臓が収められている教会。

こちらです

なんて、あーこんなとこでレッスンできたらいいんですがねえ。

実際はこの辺りです。

この教会のすぐ近く。

ちなみに

今度米軍基地内に南北を横断する道路ができたので相模原駅からはアクセスが楽になります。歩いて15分。自転車だと大体5分ですかね?

加えて、現在の生徒限定で、なんらかの方法で相模原駅まで来てくれた生徒は、北口ロータリーから教室まで無料で車による送迎を毎回します。

なのでもし、ご希望の子供の生徒がいらっしゃれば自転車なり(更生病院近くには2時間駐車無料場所があります)、電車なりで駅まできていただければと思っています。

色々とこちらの勝手な都合でご迷惑をお掛けして、大変申し訳ない気持ちです。

移転時期はリフォーム終了時期なのですが7月下旬に完了のようで大体8月になるようです。

乞うご期待を!

 

いやちょいと海外にpart2•••企業戦士 JAPAN(笑)

ドイツにはクリスマスの時期にクリスマスマーケットという、いわばクリスマスのための出店が中央広場で催されるという行事があります。

ヨーロッパでは非常に有名で歴史のある行事です。

日本でも最近ではこの時期、ドイツから展示ものをとり寄せてやっているようなので、ぜひ見に行っているといいと思います。

https://tokyochristmas.net/

ただまあ•••ドイツと比べて食べ歩きの値段がちょっと•••。

さて、今回、ドレスデンのクリスマスマーケットに行った時のことです。

 

dscf1952

dscf1938dscf1959

非常に盛り上がっていたのですが•••一応、辺りはもう真っ暗です。

dscf1949

なんかまるで夜の8時ぐらいかな?と思えるのですが、実はこちらは早く暮れます。5時ぐらいになると真っ暗になるんです。

実はこの時間帯•••まだ6時なんです。

観光客と思しき人たちもいましたが、どう考えても地元のジモティーばかりのようでした。

実は、このマーケット、午後4:30ぐらいからすでに人だかりです。

「なんだよ、こいつら無職かよ笑」

•••と思ったのですが、それがどういうわけか5時を回る辺りからさらにその無職と思しきドイツ人たちが(?)さらに増えていきます。

要するに、この人たちは•••無職じゃなくて、退社した会社員達のようでした。

6時になると、もう本当にすごい人でごった返していました。

ドイツ人たちは普段は大人しく見えるのですが、ここで飲み歩きをしている人たちはとても陽気でした。

何を話しているんだか知りませんが、とても楽しそうです。

•••ウヘーなんでまた6時でこんなに人が集まるんだよ。今日は平日じゃん。今日は会社ないのかよ。それともやっぱりみんなプー太郎かよ(笑)

dscf2016

特にグリュースワイン、というこの時期に飲むホットワインを飲んでいる人たちはとても陽気です。

日本でいうならば、立ち飲み場やショットバーさながらです。

dscf2019

いや−6時でこれだから、8時になったら激混みなんじゃねえの?

•••と思いきや•••

8時になるとほとんどの店は閉めてしまったのです。と同時にほとんどの客は帰ってしまいました。

そう、8時になると今まで激混みだったマーケット場はがら〜んとなってしまったのです。

いったいみんなどこに行ってしまたのか•••。

いや、それは単純にみんな帰宅したんです(笑)。

え?だってまだ8時じゃん(笑)まだ盛り上がらないの?

そう、これがヨーロッパ。

夜は自宅で家族とともに過ごすんです。つまり6時になる前にさっさと仕事を辞めてマーケット場に出向き、そして8時になるや否やさっさと家路に着くんです。

これ、日本で考えられますか???

日本のサラリーマンは終電が来る11時頃まで居酒屋で奥さんや上司の悪口を叩いて、そして終電に乗って帰る。

だから終電って酔っ払いばっかりじゃないですか?

でもこちらじゃ夜9時に路面電車(トラム)に乗ってみなさいよ。

が〜らガラです。

ヨーロッパはとにかく残業をしません。そして9時には街から人がいなくなります。

これ、最初にヨーロッパに来た時はびっくりします。

ヨーロッパで夜9時は店はもちろん閉店ですが人もいなくなるので、この時間帯に道に迷うと、ともすると迷子になりかねなくて焦ってしまうのですが(笑)日本に帰国して夜11時に電車に乗ったら,がらがらと思いきや•••笑。

この日本とヨーロッパ人の残業時間の差はなんなんでしょうかね?

日本は最終電車に乗って帰らないと生活できないんですかね???

我々日本人は人生のほぼ大半を会社で過ごしています。

かくいう私もなぜか?自営業ですが、この夜11時現在でも(?)パソコンをこうして打っています(笑)

しかしヨーロッパ人は人生の半分は家族と過ごしているのかもしれません。

アベノミクスはある程度は成功したのかもしれませんが•••。

その結果•••。

どっちがいんでしょうかね?

ISIS戦士達もすごいけど、日本企業戦士も侮れないぐらい、すごいです(笑)。

追加情報ですが、実はドイツのクリスマスマーケット、最終日は23日だそうです!

24日、25日は家族と過ごす時間のために、営業は23日で終わりだとか。

ちなみに東京で行われるクリスマスマーケットは25日の夜10時まで営業です。

サラリーマン達よ!夜10時まで飲んで歌って、そして•••10時を回ったら•••。

終電まで次の店にハシゴだ!!。

いやちょいと海外に•••。

ついこの間、ちょいと海外に行っておりました。
講習?
•••んなまさか(汗)。
この時期に講習なんてどこもやっていません。もしそういう風に言い訳をして海外に行く奴がいたらマンパーセント嘘です(笑)。
さて、今回はドイツとチェコに行ってきました。
まあいつも旅行記は書いているんで、細かい内容は割愛しますが、旅行している間は観光気分というより、日本との差を常に感じていました。
•••どうしてこんなに日本と違うんだろう•••。
それがやがて、ピアノ演奏にも結びつくんですよこれが。
そのあたりを今回まとめてみたいと思っています。

なんで日本はこんなに物価が高いんだ?

いつも思うんですが、これ、本当に痛烈に感じます。
実はヨーロッパでは、移動手段に最近は長距離バスが大活躍しています。
https://www.flixbus.com/
http://www.eurobus.sk/en/
https://www.studentagency.cz/
実にいろんなバスが営業しています。
金額も調べてみればわかると思いますが、とんでもないぐらい安いです。
かといって、安全面で問題があるのかといえば、私が乗った感想では全く感じませんでした。
一例ですが、今回私はベルリンからドレスデンまでバスを使ったんですが、距離にして200km。
これ、運賃いくらだと思いますか?
たったの700円ですよ!
しかも席は指定席です。
どういう訳か、乗っている最中にコーヒーも無料で配られて、新聞も配られます(ドイツ語だったんで当然パス笑)
一方•••。
私が今回利用した成田空港までは空港バスを利用しましたが、これが町田から3000円もかかりました。
しかも距離にして100km程度です。
日本とヨーロッパと比べて、ヨーロパの方が高い品物ってなんだろう••って考えると•••。
ガソリン。
これは実はヨーロッパの方が高いんですが、それ以外は•••見当たらない。
食料品に関して言えば、外食に於いては日本とさほど変わらないとは思います(しかし味と量は全然違います笑。ヨーロッパ人が日本で外食したら、ぼったくりと言われてもしかたがないでしょう)
しかし、加工していない食料(肉、野菜、パン、魚)においては多分日本の3〜4分の1です。
日本の野菜の高さは正直、ヨーロッパでああいう値段だっら暴動が起こると思いますよ。もしくは政権が潰されるかもしれません。
このあたり、日本はこれからさらに消費税が上がる訳ですが、これ以上物価が上がって、どうするんだろう•••と疑問に思います。
私は生まれつきどケチ人間ですので、とにかく値段が高いものに対してはどうしても手控えてしまう癖がありますが、さらにヨーロッパから帰ってくると、さらに消費気分がなくなってしまいます。

物質的に豊かなことはいいことで幸せ。

 

それはヨーロッパでは通用しない発想です。
何に幸せを感じるか?何を第一と考えるか?
この辺りが、日本や中国はまだ発展途上国でしかない。
また次回、いろいろ書いていきますが今日はこれぐらいで。

dscf2182-1

今回乗っていたバスのシート。思っているより座り心地がめっちゃいい。