さて、ここで問題です。

ピアノ学習者にとって最大の敵、ライバルとはどのような人物でしょうか?

どなたにもいるはずです。

次回、ブログ更新時までの宿題としておきましょう。

先生にとっての心構えpart2

1.怒ったらあんたの負け!

はい、講師に対しての助言です。

私は一般的にはお世辞は嫌いです。

お別解を使って仕事をする気はありません。

本音で指導しないと生徒が進歩しないので、お世辞を使うんだったら本音で言わないとまずいと思うからです。

ただ、その私でもこの「怒ったら負け!」においてはお世辞ではないです。

今までの経験上、怒って指導しても結局効果はないです。

困ったことに(笑)

もちろん怒るという点では2通りあると思います。

本気で感情的に怒ってしまうことと、道具として怒ることと。

もちろんここでは道具としてですが。

まあそれでも時に道具として怒っていても感情は入る時はありますよね(汗)

それでもあくまでも道具として使うのですが・・・

これがまた意外と効果がない(汗)

結局その場しのぎで、家に帰るとまた不注意な状態で練習することや、はたまた練習をしない状態に。

特に「練習しなさい!」はもう無理ですよね。

講師が怒る道具を使うというのはもうこの時点で「白旗」なんですよ。

そう、「降参しましタァ」です。

どうやって生徒にやる気を持たせるか?注意力を持たせるか?

結局この点においては別の手段を持ちうることになります。

さて、ここからは講師は冷血人間にならないといけないと思っています。

講師に冷血なんて(汗)と思われるかもしれませんが、前にも言ったように私はお世辞は言いません。

お世辞を言って解決できるのでしたら、このコーナーは必要ありません。

それと忘れないうちに言っておきますが、私は指導するときは冷血人間的に冷静です。

絶対私情は挟みません。それすると必ず、公平さや平静、客観性、平等感を失います。

後ほど詳しく述べますが・・・。

さて、やる気を持たせる方法はいくつかありますが、

1.他の生徒とレベル比較をさせる

2.コンクール、合唱伴奏のオーディションに半強制的に参加させる。

3.発表会などで人前であえて、恥をかかせる。

はい、どれも強烈ですね(笑)

2.などは一見楽しそうに生徒は感じることも多いので、初期段階ではかなり効果がありますが、その後・・・地獄を味わうことも多いです(笑)

ここで全ての共通点は

他人との比較

です。

これが果たして残酷なのかどうか?

私は全く残酷と思っていません。

人生はいつでも競争です。

その競争に勝つか負けるか?・・・でしょ?

ここでお世辞、お別解を言っても仕方ありません。

誤魔化してはいけません。所詮世の中は生まれてから死ぬまで競争です。

他人との比較をして、それでも「私はこれでいいんだ」とあくまでもマイペースを保ってしまったら、こちらとしては打つ手はありません。

しかし、なにがしか、心に響いてしまったもの(ショックを受ける、ライバル意識を持つ)があれば・・・しめたものです。

子供がショックを受けることを避けてはいけません。

子供は意外とショックから学んで大きく成長することも多い・・・子供を舐めないほうがいいです。

ああ・・・もちろん、大人もですよ(笑)

そういう意味では狭い世界でやっているより、より広い世界に出して、旅をさせたほうがいいことは多くあります。

もちろんコンクールなどは限度などがあるので、様々な面で注意が必要ですが・・・。

なにがしかの刺激を与えて、奮起させる方が、叱って、怒って指導するよりよほど効果があります。

そういう点では一般的にはタブーとされている「他人と比べる」は大いに利用すべき手段です。

ただし、それをネチネチ口に出して叱るのではなく(笑)、そういう状況に黙って追い込むことです。

なんども言いますが・・・

所詮人生は他人と比べられてなんぼの世界です。

「他人と比べるのは意味がない!」と言う人がいたら・・・それは本当の高いエリアに到達した人間のみでしょう。

そこまで到達するまでは人間は何度も苦しむのです。

いくつかの煩悩、修行を経たもののみが到達する領域です。

そこに到達するまでは、子供も大人も比べられることを避けて生きてはいけません。

次回は・・・

講師も生徒も怒った人は最大のチャンス、能力、上達を失う。怒ったあんたが負けた理由

です。

健全な肉体には健全な精神が・・・

なんかこの言葉、聞いたことあるんじゃないですか?

いろんな意味があるとは思うのですが・・・私自身は自分なりに解釈しています。

ピアノを弾く人間は健全な肉体がないと、健全な精神力を持てない。

はい・・・またまた説教じみた内容ですが(笑)

一種のピアノ道です。

現在、私の母が入院しているんですけど、病棟が橋本駅そばの病院の6階なんですよ。

毎回、下着やパジャマ等の着替えを洗濯して持っていくんですが、病院までは必ず自転車で行きます。

最初のうちはガソリン代を節約しようかな?と思っていたんですが、そのうち、毎回自転車で行くようになりました。

だいたい7分ぐらいかな?

もちろん全速力です(笑)

はっきり言って車と変わらない所要時間です(笑)

病院に着いたら・・・

今度はエレベータに乗らずに階段で6階まで上がります。

もちろん全速力です(笑)

こーんな感じで上がります。

もちろん、5階あたりから残念ながら、バテて歩き始めますが(笑)

最初はエレベータを使っていたんですが、いつも混んでいて、なかなかエレベータが来ないんで、もう面倒くさくなって、階段で上がるようにしたんです。

ある時から気が付いたんです。

よくスポ根(スポ魂?)とかって言いますよね?

私はこのスポコンはピアノ道に通づると思っていますよ。

前にも言いましたが、ピアノ指導よりピアノを弾く方がはるかに精神力、体力とも必要なのですが、その時、やっぱり精神力がないと練習が続かないんです。

持久力的な精神力かな?

諦めずに続ける力という感じかな?

それって・・・私のように自転車で全速力で走って全速力で階段を登ることとかなり似ています。

どちらもタフでないとできないことです。

だからってピアニストがマッスルなわけないですけどwwww。

どんなことでも、しんどいのを我慢して続けることによってなにがしかを得るわけです。

我慢できなかったら・・・得ることができない。

ピアノを諦める人はこの辺りを反省して下さい。

若いプロのピアニストとかって本当にすごい精神力ですよ。

当たり前ですけど、多分一日中弾いている。

それが仕事と言われればそうですが・・・

それ、あなただったらできますか?・・・ですよ(笑)

私ももう一度、頑張らないとなあ・・・とは思っているのですが・・・

いやちょいと最近は年齢的でしょうか?(汗)

疲れが早くやってきてなかなか抜けない(汗)

なので、余計に体力を維持するためにも、訓練をしています。

結局精神的に諦める人、持たない人って、どこかで甘えがあるんだと思いますよ。

どこかで自分の体と精神に”喝”を入れないといけないと思います。

しかしですねえ・・・

実は母が今度は町田市の山のてっぺんのリハビリ病院に転院するらしく(汗)

ここから自転車だと約30分でしょうか?

しかも途中から急激な坂あり!

いやこりゃ参った・・・。

先生にとって必要な心構え

はい、これはいわゆるピアノの先生たちへの助言集です。

果たしてこれがシリーズともなる様な、膨大な内容に膨れ上がるかどうかはわかりませんが、とりあえず、思いついたことを書いていきたいと思います。

多少厳しいことも書くかもしれませんが(汗)まあそこは・・・私も同じ。

同じ修行者として反省している最中でもあります。

世の中、完璧な先生はいないでしょう。

一方でとかく世の中の流れ、世情、流行に流されてしまう講師もいるかと思います。

しかし、それは危険ではないですか?という私からの問いでもあります。

多少なりとも参考になれば?と思っています。

1.講師たるもの、生徒と同一視線、友達になってはいけない(?!?)

よく、先生というものは学校などの教員がそういう理想像を持たされているような気がするんですが・・・

でもそれって結構危険性が伴うと思いますよ。

先生は生徒のことをよく理解して、同じ仲間という意識かつ、同じ目線、同じ背丈で生徒の中に溶け込まないといけない。

・・・そりゃ確かに理想的な内容でしょう。

そうすれば先生は生徒から尊敬される。

・・・いやそれって・・・私は正直、怪しいと思っています(汗)

それはあくまでも、生徒がよくできた人間の場合だけです。

よくできていない(?)つまりグレている連中だと、正直生徒から舐められるだけです(笑)

グレている連中には連中の事情があるでしょう。

家庭環境が悪いのかもしれない。

でもだからと言って学校で暴れていいわけじゃないし、先生を舐めてもいけない。

一方で単純に大人に甘えているだけなのでしょう。

でも甘え方が間違っていると、結局空振りになるだけ。

これは実はピアノの講師にも同じく言えるだけではないかと思っています。

講師はある程度は威厳がないと結局生徒がいうことを聞かなくなる可能性があります。

いうことを聞かなくなると・・・ピアノが進歩しません(汗)

家でも親の言うことを聞かず・・・教室でも講師のいうことを聞かず・・・

これが最悪のパターンです。

こうならないためにも、ある程度講師は昔の体育の先生みたいに

「おっかない(笑)」

もしくは

「従わないといけない、目上の存在」

と思わせないといけないんです。

だから、生徒と仲良くなっても良いのですが、どこかで一線を引いて、ある時は自分が「ボス」として君臨できる状態にしないといけない。

そうしないと、生徒が勝手なことをしだす結果になって生徒本人が利益を伴わなくなる。

昔、我儘な生徒がいまして・・・

いや、それが子供じゃなくて大人だったんですがね(汗)

色々レッスンがうまくいかなかった時があったのですが、生徒に不満が溜まって・・・どういうわけか夜中の11時に私の教室に残業中に怒鳴り込みに来たんですよ(怖)

30分も延々と苦情をわめいて(汗)

 流石に最後には警察を呼ぼうかと思いましたが(汗)

次回のレッスンの時にはピアノに不満をぶつけて乱暴に鍵盤を叩いてとんでもない音を出すし(汗)

私のピアノはほぼコンサート用フルコンピアノなのであのピアノでおっもいっきり叩いたらどういう音になるか(汗)

それでその生徒はその後、辞めていきましたけど(汗)

結局これは単純に私が仲良くして同一目線になって同じ友達感覚でいたから 講師として舐められていたわけです。

逆に言えば私に様々な点で甘えていたんでしょうけど・・・。

講師に従わずに好き勝手にピアノはやってもいいんだ・・・それでもピアノは進歩する

・・・という雰囲気を私が醸し出していたんだろうと思いますが・・・それがいけなかった。

あくまでも講師はピアノの先輩なので言わなければならないこと、守らねばならないことはきつく言ってでも従わせなければいけなかったのでしょうが・・・。

そこを甘く接しているとこういう事態になりかねない。

道理のわかる子供(大人)ならば問題はないんですが・・・

時代的には先生という職業は周りからよく見られないといけない、八方美人・というしがらみがあるかもしれませんが・・・。

どうやったら生徒がどんな状況になっても、ついてきてくれる存在になれるか、従ってくれるかは・・・

まあ確かに難しいですよね(汗)

次回は

怒ったら講師の負け!

を・・・書きます。

あ、それと最後に書いておきますが・・・

どんなことがあってもピアノ学習者はピアノにフラストレーションをぶつけないでくださいね。

仮にフラストレーションを車に乗ってぶつけたらどうなるか?

車は凶器になります。

たとえレーシングドライバーでもそんなことはしない。

ピアノにフラストレーションをぶつけたら・・・

ピアノから一生恨まれますよ。

一生ピアノを上手く弾けなくしてやると、ピアノから怨念を持って祟られます。

ピアノってそういう楽器なんです。

生きているんですよ(!)

どうやったら上級レベルに早く到達させられるか?

・・・ということは?上級レベルに達したら、また別の問題があるということです(笑)

はい、上級は上級でまた悩ましい問題があります。

では上級とはどういうレベルのことを言うのか?

ここでは例えば一般的な名曲集、例えばリスト愛の夢、シューベルト即興曲、ショパンワルツ、さらに上のショパンポロネーズ、ラヴェルソナチネ等、もうあとはどんどん好きな曲をやっていいと言うレベルです。

一般にはそう言う名曲が弾けるようになるためにみなさんピアノを習うわけです。

そこまでどうすれば早く到達させられるのか?

ここには3つの指導ロジック(論理)があります。

1.読譜力の習得。

2.重量奏法的テクニックの初歩段階の習得。

3.ペダルを含めた音楽表現のイロハの習得。

この3つを習得させられれば、必ず上級に入れます。

論理的にはこれでおしまいです。文章で書けば簡単ですが・・・。

しかし、そこに到達させるために講師は、様々な問題に直面するわけです。

事実、私が二人生徒を受け持って、同じ指導をしても、同じレベルに同じ時期に到達できるとは限りません。

一方で早い段階でハイレベルな生徒になる生徒もいれば、途中で脱落してやめてしまう生徒もいる。

しかし私は同じ力を注いでいます。

どこが違うのか?

もう30年、この仕事をやってきて、多分1000人は指導したんじゃないかと思うのですが、このあたりはなかなか難しい領域です。

正直、私や親にはどうすることもできない領域がある。

同じ兄弟でも違うことはよくある。

一つだけはっきりしたデータがあります。

ピアノが早い段階で上級レベルに達する生徒は勉強の成績も良いパターンが多い。

いや・・・これって・・・別に頭が良いからとかって、いう差別じゃないですよ(汗)

そう勘違いされると困るんだけどなあ(汗)

そうじゃなくて・・・

ちなみに私は勉強、得意じゃなかったですし、成績も良くなかったです(笑)

この辺りじゃ有名な4年生高校って言って(ほぼ全員浪人するという意味)、3年間派手に遊べる、北里大学病院そばの高校だったんですがね。(地元ではかなり有名)

話を元に戻しましょう。

学校の成績が良い悪いって、灘高に行くわけじゃないし、そこそこの成績をとるのに頭が良い悪いはないです。

単純にどこまで本人が真面目に勉強に取り組んでいるか?でしょう?

ピアノも同じなんですよ。

やっぱり、真面目に、真剣に取り組む性格があるかどうか?

性格的に、真面目、真摯、真剣、熱意、忍耐。

これだけあれば、ピアノはすぐ上級に到達します。

今までの経験上。

上記の内容、一つでも欠けると、やっぱりまずいです。

5つの言葉って同じようで実はみんな違います。

まあ、真面目と真摯はちょっと似ているかもしれませんが。

どちらにしても、上記のような性格を持てるかどうか?

この5つを持てれば、ピアノはもちろん、勉強も、仕事もうまくいくんじゃないのかな?

親もどうやってこの性格を子供のうちに習得させるか?が本当は大事だと思うんですよ。

もちろん、言葉で書くのはやっぱり・・・簡単です(汗)

これはもう・・・私は思うんですが・・・

幼児の時ですね。

未就学児の時に、どれだけこの性格を持てるように教育できるか?じゃないかと思っているんですよ。

遅くとも小学1年生。

反抗期が始まったら・・・もう手遅れ(汗)

幼児も結構教えてきましたよ。

もう半端ないくらい(笑)

今も数えてみたら9人、幼児がいます(驚)

こんなにいたかって(笑)

で・・・みんな性格がバラバラ。

それはそれ、様々な性格があっていいんですが・・・。

上達が早い子はやっぱり総括して”真面目”ですよ。

幼児期の性格はその後、あんまり変わらないかな?

もちろん例外もありますが。家庭環境の変化ですかね?

でもおしなべてそのまま行きます。

だから幼児の時のしつけを含めた教育は多分、人間形成に大きい影響があるんだろうな、と思っています。

一方で・・・

じゃあ大人になったら、自分はこういう性格になっちまったから、いいんだ。・・・はいけないですよ(笑)

大人はすぐそうやって、言い訳をして逃げたがる(笑)

変に屁理屈つけて賢くなっちゃうんですよ。

大人も、真面目、真摯、真剣、熱意、忍耐

大事です。

10代でグレる奴はそれはそれで家庭環境のせいにしてもいいけど、20代になったら、もうグレている理由は自分自身が悪いんでしょ?

いつまでも他人に責任をかぶせずに自分で反省しないといけない。

一方で・・・

子供は親を見ているんで・・・

嘘でもいいから(笑)親も・・・

真面目、真摯、真剣、熱意、忍耐・・・

のふりをしていないといけません(笑笑wwwwwwwwwww)