多彩な「錯覚的音色」の作り方の基礎

 

前回も述べましたが、機械的、科学的にはピアノの音色は「柔らかい音と硬い音」しか存在しません。

ではどのようにして多彩な音色を生み出すのか?

そこには

 

  1. 硬い•柔らかい
  2. ペダル
  3. 音量の調節

 

この3つの組み合わせで多彩な音色(というより和声感)を作るという法則があります。

実は1の「硬い•柔らかい」という要素は3の音量調節に結びつくものではあるのですが、特に3.の音量の調節には重要なカギが隠されています。

 

 

ポイント1 

音色のすべての秘密は音量の調節にある。

多彩な音色の秘密は実は非常に簡単な理論でしかありません。

すなわち、音量の調節です。これがすべてなのです。

逆に言えば、意外かもしれませんが、音量の調節が自由自在にできれば、すべての音色を習得できたことになります。

一方で残念ながら、音量の調節が曖昧な演奏はかなり存在しますし、うまい演奏者であればあるほど、この点で敏感です。

 

 

ポイント2 

たった3つの和音であっても練習すべきことは山ほどある。

例えばあなたがド•ミ•ソの3和音を弾いたとしましょう。

メロディーともなるかもしれない一番上の「ソ」をフォルテで。

次にド•ミを非常に弱いpp音で弾いてください。

加えて、できればペダルを踏んで下さい。

下のド•ミを限りなく小さい音で弾けば、思っている以上に澄んだ響きになるはずです。

次に

下からド•ソ•ミを弾いてください。

同じようにやはりメロディーともなる「ミ」はfで。

下のド•ソはppの弱い音で。

加えてペダルも踏んでください。

下の2和音を非常に弱い音で弾けば弾くほど、思っている以上に澄んだ和音を作れるはずです

この場合、下の2和音はもうこれ以上小さい音で弾いたら音が消えてしまうという状態が安定して作れなければなりません。

逆に2和音の音量が大きくなればなるほど、つまらない響きになってしまうはずです。

 

 

ポイント3 

ピアノの最も難しい点はピアニッシモを安定して出せるかにかかっている。

あなたはピアノを弾く点で難しいと思うことはなんですか?

•••速く弾くこと。かつ大きい音を出すこと•••

勿論それも難しい。しかしある程度レベルが上がってくると、実はピアニッシモで弾くことに難しさを感じ始めるはずです。

実際、音楽的に弾こうと思った場合、最も難しい点はこのピアニッシモを安定して出せるかなのです。

そして、多彩な音色を作ることも、このピアニッシモにかかっています。

まずはスケール、もしくは和音でこれ以上音を小さくすると音抜けしてしまう、その一歩手前の状態の演奏をずっと維持できるよう訓練することを勧めます。

動画では機材のマイクの関係上、それほど小さい音で弾いてはいないように聞こえますが、実際はpppの音で弾いています。

瞬時にピアニッシモがすぐ作れるか?

これがまずは多彩な音色を作るカギです。

ピアニッシモで弾くことは難しくない•••そう思う人はいるかもしれません。

しかし、そう思っている人には、音色の習得は不可能です。

実際、音楽的に弾けていない人の演奏のほとんどの原因はここにあります。

もう一度言いますが、ピアニッシモの音を出すことはすべての音色の変化のかぎなのです。

 

 

2016.1.28

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU