「子供が練習しない」とお悩みの方に一言、「子供は練習しないのが普通です!」

 

おそらく子供を習わせている親の一番多い悩み事だと思います。

どうしたら子供が自主的に練習してくれるか?

残念ながら、この特効薬はありません!しかし、この事を考える前に、一つ考えて欲しい事があるのです。

村田ピアノ音楽院の大人の生徒には、練習をする気がないといった悩みをもっている人はおりません。

それは当然の事で大人の生徒は自ら、ピアノがうまくなりたい一心で習いに来ているわけですし、皆ピアノが好きですから、当然みなさん、よく練習しています。

しかし、習い始めの子供はピアノの面白さはわかりません。ピアノは精神年令が上がらなければ、面白いと感じる事が出来ないからです。

それでもある程度の進歩は必要なので、毎日の日課として練習を「強制的に」やらせるわけですが、もうこの時点で、大いに無理があるのです。

結果的にはどの子供も、少しずつピアノの面白さが分かってくるまで「細々と」続けさせる以外に方法はないという一点に尽きます。

では、そのピアノの面白さをどのようにして、しらしめるか?

おそらくそれは、「自分と他の生徒との比較」及び「人前での演奏」ではないかと思っています。

自分よりもうまい生徒の演奏を聞いて「私もあのように弾けたら・・・」もしくは「人前で演奏してみたい」という啓発です。これにより、初めは、単なる演奏願望が、次第にピアノを弾く面白さへと変わっていく生徒が多いのです。

やはり、他の生徒とのかかわり、及び人前での演奏が、進歩を促すと思います。

村田ピアノ音楽院では、年に一度の発表会だけでなく、ピアノの面白さが、少しずつわかりはじめた生徒を集めて、ホールを借り切ってのピアノ弾き会『プチ発表会』を設けたり、クリスマス会などを設けた場でピアノを弾くチャンスを与える事により、この啓発を促しています。

また、ご家庭で、もしくは車の中でクラシックのピアノ名曲CDをいつも流している環境にする事も大事でしょう。それにより無意識の内に、あの曲が弾きたい、この曲が弾きたい、という願望が本人の中で形成されるはずです。

大事な事は本人自ら興味を持たせる傾向に持っていく事だと思います。

 

dscf3366a

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU