テクニックについて

あなたは次の様なテクニックのお悩みはありませんか?

  1. 脱力が思うようにいかない
  2. 腕が痛くなる
  3. 腱鞘炎になりやすい
  4. 音が抜けやすい
  5. 力が入る
  6. テクニック的に安定して弾けない
  7. オクターブが苦手
  8. トリルや細かい動きが苦手

これらの原因のほとんどは、腕の重さを利用せず、また力を抜いていない(脱力できていない)事から生じます。

当音楽院では、ハイフィンガー奏法ではなく、本来のピアノの弾き方(重量奏法もしくは重力奏法)を学ばせています。

 

 

ハイフィンガー奏法と重力奏法(重量奏法)について

ハイフィンガー奏法とは指を高く上げて指の力を利用する奏法ですが、この奏法は、腕の疲れや腱鞘炎を引き起こしやすく、もはやヨーロッパでは使われていません。日本はこの奏法を明治初期に導入しましたが、近年、非効率的であるとの見解から若手の留学帰りのプロフェッショナル、ピアニストを中心に消えつつあります。

重力奏法(重量奏法)とは、腕の重み、上半身の重みと手首の動きを利用して、常に腕の力が抜けている状態で弾く奏法です。ショパンが初めに使いはじめたと言われており、腕の疲労無しに難曲が弾けるため、ヨーロッパでは100年前から、この奏法が主流になっています。

詳しい事は、こちらのテクニック早わかりスピード講座をご覧下さい 。

村田ピアノ音楽院

since1996

内容一覧表