村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

2010年3月 懲りずに5度目のウィーン旅行とミュンヘンの旅

2009年の秋に私は2010年春の発表会後の年度末に発生する2週間ものお休みの時に行く,海外旅行を計画していた。

今回はいったいどこにいったものか?と思ったのだがどういうわけか,頭の中にはある訪問場所が実は外せないでいた。

いったいそれはどこかといえば・・・それはウィーンである。

しかし・・・しかしである。

私は実はウィーンはもうかれこれ4度も行っている(汗)

私はイギリスやブダペスト、さらには生まれ故郷(?)か知らんがロシアにさえも行っていないというのに、なんでまたウィーンに行くのだろうか?

それは私にも実はよくわからない(笑)

ただ、なんとなく・・・なんつったらいいのか・・・なんとなあーく、ウィーンのカフェでまったりと・・ケーキとコーヒーを飲みたくなるのである。

ただそれだけである。

それだけでわざわざ他のまだ行ってもいない観光地に行かずにウィーンにまた行くとは、お前はバカか?・・・と言われそうであるが・・・。

しかし、私は旅行であちこち観光巡りをするのはあまり好きではないのだ。

よく分けのわからんパック旅行に「1週間で豪華!パリ、ロンドン、ベニス、ローマ、ウィーン、5都市を訪れる旅!」・・・とかいう旅行チラシを見ることがありますが、あれって、観光している時間より移動している時間の方が長い。

パリのエッフェル塔を5分で見物して・・・はい!次はベルサイユ宮殿を40分スピード見学して・・・はい!もうロンドン行きの電車にのりますよ!・・・なんて感じ。

もちろん,いろんなところを見てみたいという願望はありますが・・・でも一都市に滞在しているといろんな事が見えてくるものなのです。

・・・というわけで、今回は懲りずにまたウィーンに,さらに電車で移動してミュンヘンへも行ってきました。

ウィーンの観光内容はなんどもこのあたりに書いてあるので重複しない内容を書きますが、それ以外に今回は別の視点で書いてみようと思います。

すなわち、「俺たち日本人は何か間違っちゃいないか?」です。

いつも海外旅行に行くと痛烈に日本との習慣、文化の違いを感じるのですが,今回はゆっくりとした旅行だっただけにそれをなおさら痛感しました。

そして、そういう文化、習慣の違いを知らなければ・・・日本人の特徴を知らなければ,クラシック音楽を演奏する事は無理なのではないか?という一つの答えに当たったわけです。。

そのあたり、このHPの読者にもわかってもらえたらと思っています。

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

DSCF4737

ウィーンと言えば・・・ケーキとメランジェ(カフェオレ)

これがあるから海外旅行は止められない(?)

 

次へ

2010.4.1