村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

本当に豊かな暮らしとは?part2

 

大人の生徒でよく聞く話なのだが、なんでも家族からピアノを習う事について,あまり家族から(特にご主人から)理解が得られないという話はよく聞く。

特にピアノをグランドピアノに買い変えるとなると、かなり高い買物(おもちゃ?)になる為に大反対されるらしい(というより電子ピアノを買うだけで喧嘩になるという話も聞く)

確かにピアノという楽器は高い。中古でもグランドピアノは100万円近い金額だ。

通常なら反対されるのは当然だろう。

しかし、ピアノは反対して,どうして車や家となると高価な金額でもお金を積むのか,購入価格25万円、13年落ちの中古の車に乗っている私にはよく分からない。

それだけ、一般人からはピアノを弾くということが別に必要ない贅沢な事と思われているのだと思う。

私は幸運な事に生まれながらにして家族に音楽の理解があり、早くからグランドピアノを購入してくれた事には大変感謝している(ただし,音楽で食っていく事には賛成されなかったが)

なので,一般の人達がピアノに関してどう思っているのかがわからなかったのだが、実は今年一般企業に就職したばかりの自分の生徒にいろいろ会社の事について聞くチャンスがあった。

一般企業は本当に現在は大変で,労働基準法などあったものでなく、12時間労働、サービス残業、昼食時間なし、休日出勤などは当たり前らしい。

もうこれだけで,日本人は働き過ぎなのだろうけど、どういうわけか,会社の社員はそれを何とも思っていないらしい。

しかも人間の価値はどうやら年収の金額で決まるらしく、また趣味は仕事!という人が未だに会社には大勢いるらしい。

あまりの劣悪な労働環境に加え,ピアノを練習する時間がないので会社を辞めたいと言ったところ、上司から「何でピアノなんて弾いてるの?あれは単なる娯楽だよね?カラオケや酒を飲みにいくのと変わらないんだから、そんな不必要な遊びは我慢して仕事の研修の勉強に時間を割きなさい」と言われたらしい。

まあ確かにピアノは娯楽ではある(汗)加えてただ単に弾いて酔っているだけと言われても私は何も反論できない(汗汗)

ただ・・・私は思うに上記の事というのはなんといっても日本らしい話だなあということだ。これが音楽の都ウィーンだったらそういう話になるだろうか?

日本人は本当に仕事好きである。といっても本人が望んで仕事をやっているのか?それとも食っていく為に我慢して本音を言わないのか?サラリーマンをやらずに好き勝手に生きてきた私にはわからないのだが、人生,仕事以外に何もないというのも悲しい人生だなあと私は思ってしまう。

もちろん,仕事が楽しい、仕事が趣味だ!というのなら良いのだが,もし・・・生きていく為に・・・本当は仕事なんてしたかないのだけれども・・・しかたなくとしたら・・・(っていうかぶっちゃけ仕事人なんて100%そうでしょ?)

それ以外に楽しみがない人生というのもどうなのだろう?

そういう点でピアノを弾いて一時でも現実逃避や,ピアノ独自の世界に入ってストレスが発散される・・・そして、さらに深い境地の勉強に入って自分だけにしかわからない楽しい世界に入れるのであれば,それほど良いことはない。

前にも私は書いた様にピアノには麻薬的な楽しさがある。それがあるから楽しい,その楽しいピアノを続けることや、ピアノを買ったり,レッスンにいったり,コンサートに行ったり・・・その為にお金を稼ぐのならわかるけれども,稼ぐが為に好きなピアノの時間までなくなってしまうのはどうなのだろうか?

究極には,何のために人間は仕事をするのか?・・・という哲学的な考えに行き着くのかもしれないが。

日本には「勝ち組」という言葉がある。なんでも収入が多い人間を「勝ち組」というらしいのだが、これも全くもって日本らしい言葉だなあと思ってしまう。

お金を多く稼ぐってことが良い事だという価値観はいったいどこから来たのだろうか?

正直言って私の持論では年収が多い=(イコール)幸せではなく、どちらかというと勤務時間がやたら長かったり,自分の時間がなかったり,自由を束縛されているとか,プライバシーがない、もしくは寿命を縮めるとか、もっと高収入な仕事になると身体が資本だったり(?)はたまたヤルかヤラレルか(?)というご職業(どちらも社長は多分同じ業界)だと思っている。

私は思うに、お金を多く稼ぐ事が幸せではなく,ちょっとボンビーだが本当に自分がしたいことができる理想の生活が送れている、ということが本当の「勝ち組」なのではないだろうか?

高い車を買うとか,高い洋服とか、高級住宅を買うとか、海外旅行に頻繁に行くとか(汗)・・・そういうもので幸せを感じるのならそれはそれでかまわないが(いやそれも良いかもしれない,一項目においては!)・・・そんなのも行き着く所まで行きついてしまうと、けっこうむなしいものなのではないだろうか?(いやそうでもないぞ!一項目においては!)

どちらにしても私はそういう安っぽい価値観の人間にはなりたく・・・いやなってもいいかもしれない。

 

次へ

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。