村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

ピアノを演奏するということは本当に難しい。

ピアノを弾くという行為は実際、こういうくだらないブログとか、インチキテクニック講座とかネグレクトカンタービレ講座とかを書く事よりはるかに難しい。

HPに自分の動画を載せる為に、この間プレッシャー大会や、プチ発表会などでの自分の演奏を録画したのだがどうも満足できずにもう一度,ホールをわざわざ借りて(!)何曲か収録したのだが・・・やっぱりすべて満足に録画できたわけではない。

まあきちんと仕上がっていなかったので練習し直してもう一度収録に挑むだけなのだが、しかし中にはまともに弾けていたと思っていたにもかかわらず、収録したあと家に帰って見て「がっかり」という演奏も多い。

つまり演奏最中の演奏はうまくいっていたと思いきや,冷静にあとで聞いてみると実はうまくなかった(汗)ということなのだ。(もっとも録音機材の限界という一面もあるが)

演奏している最中にいかに自分の演奏に対して冷静に客観的に判断しながら弾く事がいかに難しいか,という所は本当に大変なものがある。

ただ、このあたり、たとえば自分の今日の服はいまいちだなあ,格好悪いなあ・・・と神経質に思っていても実は他人が見ると「いや,別にそうでもないんじゃないの?」ということは良くある。

なので自分の演奏の、ある部分が気にくわなくとも他の人にとってはそれほど気にならないこともあるかもしれないのだ。

もっといってしまえば,こだわって考えて弾いていても他人にはその差がわからないということもあるかもしれない。

あまり余計に神経と時間を費やして作り上げた演奏が実は!テキトーに弾いた失敗演奏と「それほど変わんないんじゃないの?」

と言われてしまう可能性はあるのだ。

しかし,逆、という(?)こともあるかもしれない。つまり,自分が満足のいく演奏ができた!と思っても,他人から見れば「気に入らない」「何が良いんだかわかんない」と言われてしまう可能性もあるのだ。

たとえば・・・まあこんなこと言ってはいけないのだろうけれども・・・

去年かなり有名になった若き日本人ピアニストがいたが・・・正直言って・・・私はあの演奏のどこが良いんだかさっぱりわからない。

もちろん,きちんと弾けているし,よくこなして弾いている。しかし・・・私には何も伝わってこない。

でも彼は自分の思った通りに弾いているのだろうし,彼のファンも,良しとする審査員も多いだろうと思うので,それはそれで良いと思う。

私の演奏も気に入ってくれる人がいればいいのだが・・・もしいなければ・・・

ある友人が言ったのだが

「所詮自分の演奏なんてマ●ター●ーションだわな」

と言ったのを覚えている。

確かに,自分だけ気持ちいい思いをしているだけで、もし他人が感動してくれない演奏をした場合ほど場違いなことはない。

もっともピアノを勉強中の生徒ならまだしも,私の様に動画を載せる場合はよほどの自信がないと。

ストリップ嬢じゃあるまいし,何を舞台で俺はやってんだろう?(もしくは何をwebで全世界配信してるんだろう?まさかいかがわしい動画を配信しちゃいないだろうな?)ということになりかねない。

そういう心配事をしながら,また来週ホールでも借りて収録にいそしむか・・・。

 

・・・と、前置きがほんのちょっと長くなったが,ここからがいよいよ旅行記である。

今回オペラをまたウィーンで・・・と思ったのだが,ちょっと他のオペラ楽団も聴いてみようではないか,というわけで今回はミュンヘン国立歌劇場にも寄ってみたのだった。

ミュンヘンは私自身は初めて訪れたのだが,まあハッキリ言って観光する様な都市ではないようだ。

ウィーンと違って街全体が美しい・・・わけではない。

しかしミュンヘンは何でもヨーロッパの中ではひときわ人気の高い,きれいな街らしい。

まあ確かにきれいなんだが・・・観ていて楽しいかと言われればねえ・・・。

とまあ、だからといって隅々までミュンヘンを観たわけではないのですが,とりあえずオペラ劇場へ。

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

DSCF5078

ミュンヘン駅前。まこういっちゃ何ですが・・・殺風景。

DSCF5401

劇場内も・・・なんか地味・・・おじさんも・・・地味・・・

DSCF5400

一見,派手そうに見えますが,ウィーンやプラハのオペラハウスに比べたら結構地味なもんです。

ところでこの写真の右上にある天使の様な像。

私にはどう見ても

svg

ナチスの紋章に見えるんですがね・・・。ああおっかねえ。

まあとにかくドイツは質実剛健と言われるくらい、とにかく地味です。しかしそれは都市だけであって、観光地に行けば,また違った美しさがあるのですが・・・でもウィーンに比べたらやっぱり地味ですね。

さて今回の題目はロッシーニの「セビリャの理髪師」

バイエルン楽団の内容はというと・・・

よかったですよ!なんかぶっとい演奏されるかと思ったんですがなかなかセンシティブかつリズミカルな軽い演奏でよかったです。

ただねえ・・・やっぱり派手さがないのよねえ・・・。

そういう面ではウィーンはとにかく上品かつちょっぴり派手だし,時に過剰にロマンチックだったり・・・。

もうこういうのは本人の好みでしかないです。

ちなみに私はバイエルン国立歌劇場は・・・もう来ないかな?

やっぱり自分にはウィーンの演奏気質が合ってるんだろうと思います。

あとは・・・私がもう一つ大変気に入っているベルリンフィルですね。

次回は是非ベルリンフィルのオペラを観てみたいですねえ(ということで次回旅行記の内容は決まり?!?)

 

次へ