村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

一度は行ってみて欲しい街 ローテンブルグ

ドイツにはいろんな観光地がある。

私もいくつか行ってみたいと思う街はあるのだが,なかなかその願いかなわず,なぜかウィーンばかり行っているという失態をしでかしているが、今回ある街に久しぶりに訪れてみた。

その名は「ローテンブルグ」

確か20年前に一度訪れたのだが今回も行ってみようかなと思った次第だ。

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

DSCF5313

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

ローテンブルグはドイツの中世の街(1600年代)がそのまま残った街で、第2次大戦の時に多少の空襲の被害があったものの、すべて以前の様に修復されて現代に残る街である。

別にこの街に特別な文化や音楽関係があったわけではない。当時としては別に珍しくもないちょっと田舎の街だったのだろうが,1600年代を境に街の経済が衰退してたまたま中世の町並みが残ってしまったらしい。ちなみに街の風景は1600年代とほとんど変わっていないらしい。

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

DSCF5117

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

DSCF5118 DSCF5147
DSCF5161
DSCF5186
DSCF5119
DSCF5108

ドイツの建物はウィーンなどに比べるとどちらかといえば地味である。

質実剛健というくらい、実用性を重んじているのだろうが、その地味さの中にもドイツロマンを感じる所がおもしろい。

そういうドイツロマンの建物を見ていると,ブラームスが聞こえてくる。

DSCF5172
DSCF5231
DSCF5092
DSCF5168

これらはすべて石で出来ている街の城壁なのだが、なんて重〜い雰囲気なんだろう!

特に左の城門はすべてが真四角で構成されているあたり、まさに・・・ベートーベンである!

日本とヨーロッパの決定的な違いはもちろん建物にあるが、それ以外にも実は強烈に感じる事がもう一つある。

それは「照明」である。イルミネーションのヨーロッパのセンスレベルは極めて高く、日本とは比べ物にならない。

ここローテンベルグでも存分にヨーロッパのイルミネーションレベルを痛感できる。