村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

衝撃のX都市夏期講習10

 

さて、アル中の先生についてですが、この先生のレッスンにはいろいろと自分が考えさせられてしまうことがありました。

まず、「なんでそんなに君は速く弾きたがるのか?」と言われてしまいました。

かつ、速く弾くということは、曲の雰囲気を殺しておおざっぱでいい加減な演奏になりがちです。

その点を改めて指摘されてしまいました。

確かにその通りです。

自分では分かっていたつもりが、また言われてしまったという感じでした。

ただまあ・・・ここに来て改めて「曲というのはゆっくり弾いてでも、内容を表現しなければならない」ということに日本ではどうしてもする気になれないのです。

ここが面白いところで、日本では曲をゆっくり弾くと「あいつはテクニックがない」と言う風に言われてしまう。

なのでゆっくり弾く事は、恥ずかしい事だ、という風潮が日本にはあると思います。

しかし、こちらでは「表現がないことは恥ずべき事だ」という風潮なわけです。

もっとも、外国では恥ずべき、とか、恥ずかしい、と考える習慣はないのかもしれません。

他人が何を考えようが自分は自分。相手や他人は関係ない。あくまでもマイペースです。

そういう発想が海外にはある。

結局は自分がどうしたいのか?どう弾きたいのか?が重要になってくるわけです。

と同時に、「テクニックがないんだったら簡単な曲を弾けば良いじゃないか。」という事も言っていました。

確かに、挑戦する事は必要ではあるだろうけれども、その辺りが結構日本と違うなあ、と思ってしまいました。

もちろん、テクニックの研究も大事です。しかし、テクニック至上主義になってしまうと、見失ってしまう事も多い。

と同時に、やはり自分は表現においては充分考えていたようで、まだまだ未完な部分が多かったなと反省してしまいました。

充分に表現しなくてはいけないという点では、私の場合はとにかくスピードを下げないと音が聴けないので、とりあえず今後は反省しながら、スピードも考慮して弾かなければなあ、と反省しました。

一通り弾くという事と、相手を納得させる演奏とは全くレベルが違う。

この事を痛感したレッスンでした。

 

・・・さて、この先生の名前ですが(笑)

この先生も他の先生と同じく、気楽にやっている感じで、前のレッスンから次のレッスンに移るときに「ちょっと煙草を吸ってくる」と言って毎回10分程度、外で喫煙タイムです(笑)

しかし・・・ここがしっかりしている所で、私がその休憩時間の時にマズルカを練習していて、弾き終わった頃に教室に戻ってくるわけです。

つまり、煙草を吸いながら、しっかり生徒の演奏を聴いている。

戻ってくるなり私に「君、ショパンはどういう気持ちでマズルカを書いたと思う?」

私「え?あ・・・いや・・・そのぅ・・・わっわかりません・汗」

もちろん簡単に言えますよ。「祖国を思って書いたと思います」って。

でもそんなに単純じゃない。まだまだ私は勉強不足。

マズルカの「マ」もわかっちゃいない。

さて・・・このアル中先生のレッスンが始まりましたが,私のそばに寄ってくると何やら特殊な匂いが・・・。

そう、二日酔いの匂いです(笑)

そういえばこの先生、昨日も何となく、ふらつきながら怠そうにレッスンやっていたなと。

ひょっとしてこの先生、いつも二日酔いか?(笑)

真相は分かりません。しかし、夜は浴びるほど酒を飲んでいるのは事実のようでした(笑)

ちなみに、このアル中先生と短パン先生は何となく演奏スタイルは似ています。

どちらも豪快という点ではかなり似通っていると思います。

ただ、豪快だけではない、何がしかの湧き出てくる特有の感情も二人とも似通っていました。

あの演奏、なんて言ったら良いのか・・・とても真似できるもんじゃない。

ショパンの気持ちがわかっているというか、なんというか・・・。

ちなみに二人ともX国民です。

おまけに二人とも変に気が合うようで、よく二人でいました。

私が3階の練習室でリストの「ため息」を練習していた時にたまたま二人が揃って外を歩いていたようで、窓から漏れてくる私の演奏の冒頭メロディーを二人でカラオケ風に歌いながら通っていたそうです(笑)

 

さて、残る先生は本命、露助(ろすけ)先生ですが、その衝撃のレッスンの前にもう一つ、衝撃の事件を次に述べたいと思います

 

 

 

2013.,8.3

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。