村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

衝撃のX都市夏期講習11〜ホテルでYAKUZAと化した夜〜

 

X国の女性は少々気が強い。

そもそも日本の女性自体が他国と比べると物腰が柔らかいだけなのだと思うのだが、まあそのあたりは他国に行くとよくわかる。

おまけにX国は元々、旧共産圏国だ。

資本主義国と違って、社会主義国家は平等精神があるので女性の地位が認められている。故に女性は気が強い人が結構いるらしい。

実際今回も空いている練習室があったので、正式に予約して借りにいったら、既に他の女性が勝手に利用していたので「あのう・・・すみません、この部屋、借りているんですけど・・・」と言ったが「ここはあたしが使ってるの!」と言われてしまい、しかたなく管理人を呼んでどうにかしてもらおうとしたのだが、やはりどかない(汗)

まあですね・・・そのピアノを練習していた姉ちゃん、超!、超!!、超!!!美人だったので(笑)そのまま私の方が引き下がったのですが・・・。

 

しかし、今回とある別件では引き下がりませんでした。

実は今回泊まったホテルですが、初日に来て,(夜になると気がついたのですが)、昼間は暑いのですが夜になると結構寒い。そこで暖房をつけたのですが,一向に効かない。

翌日の朝、フロントの男性に言ったところ、「部屋を交換できるので朝食後にまたフロントに言いに来てくれ」というので、朝食後にフロントに寄ったところ、別の金髪の中年女性がいて、なぜか「部屋は交換できません!」と言われてしまった。

「いやしかし、さっき男性のフロントマンはOKだと・・・」と言ったのですが、やはり出来ないと言われてしまい、「あとでエアコンの調子を見て修理しておく」と言ったので,どうだろうかなあ、とは思ったのですが一応まかせる事に。

夕方、学校から帰ってきて、調子を見たのですが、やはりエアコンは効かないようでした。

しかたなく、またフロントに出向いて苦情を言ったところ、ようやく部屋を交換できることになり、別の部屋に移ったのですが、これがまたどういうわけか、やはりエアコンが効かない。

困ったもんだな・・・と思ったのですが、翌日学校へ行き、昼過ぎにホテルに戻ったところ、いつもの部屋の掃除をしているようで・・・実はしていなかったんです。

掃除機はかけている様なのですが、まずベッドのシーツを交換していない。

そして、トイレットペーパーの予備の補充をしていない。

なんだこりゃ困ったもんだな・・・と思ったのですが、実はこの日は下痢をした当日ということもあり、とりあえずベッドで寝ていました。

夜になって体力が多少は戻り、シャワーでも浴びるかと思ってシャワールームでお湯を流すと、排水溝がすぐ詰まります。おまけに備え付けのシャンプーが空。

加えて部屋のカード式の鍵の調子が悪く、途中で機能しなくなってしまった。

全くこのホテル、困ったもんだなあ。はずれじゃん。・・・と思い、しかたなく、具合が悪い身体でフロントに行き、トイレットペーパーとシャンプーがないと言いました。

加えて、部屋のカードの交換をしてもらいましたが、この時も同じく金髪の中年女性だったのですが、「シャンプーはきちんと毎日補充してあるはず。きちんと確認してくれ!」と言って取り合ってくれない。

トイレットペーパーはこの時もらいましたが(だいたい、きちんと補充しとけって!)、シャンプーはひょっとすると自分の確認ミスかも?と思って部屋に戻り、確認しましたがやはり補充されていない。

やや、苛立ちながらも、もう一度フロントに行き中年女性に「シャンプー入っていないじゃないですか!」と言ったが「すぐにかかりの者を部屋によこすから待っててくれ」と言います。

「今すぐ補充して欲しい!」というと「わかった」というので部屋に戻ってベッドで寝ていましたが、1時間経っても係の者が来ない。

・・・なんなんだこのホテル、わけわからん。まだここに俺は7泊もしなくちゃいけないんだぞ・・・。

かなり今回は怒ってフロントに出向き「どうなっているんですか!」といったところ、この中年ババー「私のせいじゃない!その仕事は私の仕事じゃない!文句があるんだったら掃除の係の者に苦情を言ってくれ!」といってわざわざ掃除の係の男性を呼び「こいつがいけないんだ」といって責任逃れ。

何言ってるんだこのババー?係の人をすぐよこすっていったのはお前じゃないか?だいたい、シャンプーは補充してあるはずと言ったのもおまえだろうが・・・。

 

私「ここのホテルはどうなっているんだ?トイレットペーパーは補充していない、エアコンは壊れている、排水溝は詰まっている、シャンプーはない、シーツは取り替えていない、ルームキーカードは壊れる、非常に困る!」

といったところ

中年ババー「はっ?だからなんなんですか?」

 

・・・ここで私、完全に切れました・・・

 

・・・と、同時に、ある作戦を瞬時に頭の中で冷静に計算したわけです。多分,秒数的に0.5秒でしょう・・・

 

0.5秒後に

私「俺はこのホテルを明日チェックアウトしたい!。明日以降のお金を返金して欲しい!」

中年ババー「それは出来ませんのよぉ。オホホ・・・なんでしたら他のお部屋にまた変えましょうか?」

 

そう、日本だったらこれだけの問題があればキャンセルはできる事はあるかもしれないが、ここは外国。こういう事はかなり不可能と思った方が良い。

もちろん、このババーがこう言う事ぐらいは0.5秒間の間に想定内で予想した事だ。

そう、次なる作戦である・・・。

ここで私は至上最強の強硬手段に出たのだった。

そう、ここX国で私は、

THE,YAKUZA!

 

に変身したのだ・・・

 

続きは後ほど・・・

 

 

 

 

2013.8.10

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。