村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

幼児コース

衝撃のX都市夏期講習12

 

中年ババー「それは出来ませんのよぉ。オホホ・・・なんでしたら他のお部屋にまた変えましょうか?」

・・・この野郎・・・

まあしかたない。確かに事前に長期滞在という事で宿泊費が安くなる事を条件に事前予約をしたホテルだ。切り上げで滞在を短くするのは契約違反なので、そういわれても仕方ないかもしれない。しかし、ホテルのサービスがこれじゃあ、サービス不備だろう。こちらの都合でキャンセルするわけじゃあるまいし・・・。こちらに落ち度はない・・・。

そう考える事、0.5秒(笑)。

次なる行動である。

 

私「(でかい日本語で)貴様ふざけんな!この野郎!」

・・・と言いながら、フロントのデスクを両手で思いっきり叩く「ドカン!」

おばさん、ややおっかない日本語とデスクの叩く音にたじろぐ。

そのあとで「(英語で)部屋を変えるだと?結構だよ!」

おばさんも負けてはいない。

ババー「では他のアパートメントなどのホテルはどうですか?こちらがご用意いたしますよ。ホホホ」何故か向こうは笑顔で返事をする。

私 (かなり怒った顔とかなり大きい声で怒鳴りながらさらにもう一度デスクをおもっきりドカン!と叩きながら、もう一度日本語で)

「お前舐めとんのかこの野郎!ふざけんのもいい加減にしろ!このクソババァー!!お前今度会ったらボッコボコにしてやるぞ、この野郎!」

ほとんどヤクザと変わらない脅し口調。

・・・と、ここまで騒ぐと、さすがに奥にあるレストランの客達が,何だなんだ?とびっくりして出てきた。

私はここぞ!とばかりにさらに続けた。

私(英語で)「ホテルに泊まるやいなや、エアコンは壊れている、部屋を変えても同じく壊れている、それだけでなく、シーツは取り替えちゃいない、トイレットペーパーは補充していない、排水溝は詰まっている、シャンプーはないし、お前は嘘をつくし、自分の責任を部下になすりつける。このホテルは酷いホテルだ!誰がこんな酷いホテルに泊まるか!日本だったらこんなホテルとっくに倒産だ!ついでにお前は即刻首になっているぞ!とっと金を返せ!」

ババー(かなり怒りながら)「契約は日本の代理店を通している。勝手に金は返せない!」

私(やはりもう一度デスクをドカン!と叩きながら「今すぐ上司か支配人をここに呼べ!」

ババー「支配人はもう帰宅していない!」

私「今すぐ支配人に電話しろ!」といってもう一度デスクを思いっきりドカンと叩く。

他の見物人以外に、ちょうどチェックインしたがっている女性客がホテルのフロントに立ち尽していた。正直顔が引きつっていたと思う(笑)

私はもう一度上記のホテルの苦情を大きい声で女性客に聞こえる様に再度英語で言いまくった。

さすがにフロントのおばさんもまずいと思ったのか、

おばさん「(やや焦った顔で)もっと小さい声で話してくれませんか?」

私(全くもって大きい声で)「小さい声で話して欲しかったら、とっとと金を返せ!早く支配人に電話しろ!」

と、やはり同じくデスクを思いっきりドカン!と叩く。

・・・チェックインしたがっている女性がかなりビビった顔で私を見ている(笑)

ようやくおばさん、支配人に電話をかける。電話ではX語で話しているので

私「英語で話せ、英語で!俺に話の内容が何なのか、わかんねえだろうが!」と日本語で叫んだあとで英語で話す。

 

・・・そう、これは感情的に私が応対している様に見えますが、実はかなり計算された行動です。

大概、外国のホテルではこの程度の苦情でキャンセル扱いにはならないでしょう。それが海外です。

しかし、回りに迷惑をかける客がいる場合は別です。あきらかに営業妨害の客がいて、加えてホテルにとって不利な発言をしている。そんな客があと7泊も残っているのでは、ホテルとしてもたまったもんじゃない。

あとは、従業員を脅すという点では怒った日本語はある程度効果はあると思います。

日本語はどちらかというと、はっきりした発音で、これが怒った口調だとかなり外国人には怖い印象を与えるらしい。

とにかく、ホテルがいやがる客になれば良いわけです(笑)

もちろん、度が過ぎれば警察に連行です(笑)なので何も壊さず、実力行使には出ず、侮辱や脅迫になる言葉は発せず・・・。

 

ようやくどうやら支配人に事の事情を伝えたらしい。電話を切ったあとで、明日の朝7時に来るからその時にもう一度支配人に話し合いをして欲しい。と言ってきた。

私「OK。明日の朝7時だな!!」と言って、もう一度、面倒な客という印象を決定的に受け付けるために、もう一度デスクを思いっきりドカン!と叩いて部屋に帰る。

・・・まあこんなもんで良いでしょう。とりあえず今夜は引き上げて明日朝です。

 

さて、一夜明けて7時にフロントに行くと・・・昨日のムカつく様なおばさんと打って変わって、明らかにインテリ風の女性支配人がやって来ました。

支配人「奥の部屋でお話しをしませんか?」

私「いや結構!ここで充分だ!」

そう、チェックアウトの多い時間帯にひと騒動を起こす方がよっぽど効果がある。私は譲るわけにはいかない。

・・・と・・・意外とあっさり向こうはキャンセルに同意しました。

マジでよかったです(汗)何たってただでさえ具合が悪い時だっていうのに・・・(汗)

 

とりあえず荷物をまとめて、そそくさホテルを出て・・・次なるホテルはアメリカ資本のホテル「ノボテル」です。

さすがにこれぐらいのレベルのホテルだと、サービスは超完璧でしたよ!。

どちらにしても、ホテルっていうのは安いからといってチェーン店以外に泊まると、ろくでもない目に遭うという良い体験をしましたよ。

 

全く今回の夏期講習はいろいろと衝撃事件が多い(汗)

しかし・・・衝撃事件はこれだけではありませんでした。

次回は・・・いよいよ、ろすけ先生の衝撃レッスンです(怖

 

 

2013.8.15

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。