村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

衝撃のX都市夏期講習15

幼児コース

子供コース

DSCF9460

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

DSCF9462

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

さすがオイルマネーに湧く国、サウジ。ホテル周辺の車はもうほとんど高級車ばかりです。

しかも、どう考えても新車としか思えないものばかり。

昔、中東アジアの出稼ぎ関係者が日本に来て「日本は新車ばかり走っている」と言っていたそうですが、今や逆の現象が起きていますな。

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

DSCF9470
DSCF9472

写真を見ただけでは分からないとは思いますが、あまりに暑くて誰も歩くものはいない(笑)

DSCF9474

これは歩道橋なのですが、ななんと!冷房完備!(笑)

DSCF9476

これは電車のホームです。地下鉄ではありません。しかし・・・やはり冷房完備!(笑)めっちゃ涼しい!

さて、ドバイの観光地図をもらって検討した所、いろいろ見るものはありましたが、やはり世界一のビル、ブルジュ、ハリファを見に行くことにしました。

いやいや驚きましたが、ドバイは今やオイルマネーを元に様々なビルが建設ラッシュで随分栄えているんだなと気がつきました。

DSCF9478
DSCF9480
DSCF9481
DSCF9483
DSCF9497
DSCF9496

これがブルジュ、ハリファ。確かに極めて高く、そしてかっこいい。

このビルには展望台があるのですが(予約制)、残念ながら、この日のチケットは既に夜以外は売り切れで、夜9時以降しかチケットがないという話。飛行機は12時発で10時には空港にチェックインなので、ちょっと間に合わないなあ(汗)

ドバイで驚いたことは、街中で英語が比較的通じるという事です。

実はドバイの自国民というのはなんでも人口の20%程度で、残りは外国からの出稼ぎ労働者らしい。そのために彼らの共通語という事で英語はこの国では第2外国語らしく、電車の中でも実は半分以上が英語をしゃべっているという感じでした。

駅に行っても店に入ってもどこでも英語が通じてほっと一安心です(笑)

さて、今回予想外にドバイで足止めを食らいましたが、まあ確かに翌日仕事があるという点では大いに困り,多少はエミレーツを恨みましたが、逆に、ドバイでちょっとした観光に3度の食事付きホテルがついてきたというのは、ある意味感謝した方が良いのかもしれません。

ただまあ・・・ドバイはもう良いかな?と思いました。

もっとも近代的なビルではなく、モスクなどに観光に行ければよかったのかもしれませんが、いかんせん時間もないし、はたして日本人ごときがそういう所に行っても大丈夫なのか?という予備知識もなかったのでなんですが・・・。

しかし、次回旅行日程を組む時はプラス一日の余裕をもたないと今回の様にえらい目に遭うということを痛感しました。

アエロフロートやアリタリアなどの遅延が珍しくない航空は別として、優秀な部類のエミレーツ航空でさえも遅延があるというのは、やはりどこの航空会社でもある話なんだなと思いました。

 

さて、次回は今回のまとめでいろいろ感じた事、これからの自分にとっての宿題、また学校の他の写真や、そして・・・帰国後に気がついた、最後の・・・衝撃のX都市夏期講習、最後で最大の!!衝撃事実をお知らせです!

 

続く・・・

 

 

2013.9.8