村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

衝撃のX都市夏期講習7

 

さて、他の講師陣ではあるが、実は講師は約8名ほどいたが、中には(私の見知ではありますが)あまりたいしたことないかな?と思う先生もいました。

しかし、中には、とんでもないくらいすごい先生もいるんです。

その中の一人、

 

短パン先生

 

実はこの人、このX国ではかなり有名です。youtubeにもいくつか印象的な演奏が・・・。

まあそれでもyoutubeではそれほど驚かなかったのですが、実際、レッスンの聴講に出向いて聞いてみると・・・これがまたすごかった。

なんていうか・・・地底からわき上がってくる音楽というか・・・。

もちろん、データ的には演奏のダイナミクスが大きい、ということなんですが・・・しかし、そういう風にデータ的な面とか、言葉で説明するとか・・・そう簡単に言えないくらい、何ともすごい演奏でした。

いったい曲の演奏のときにどういうバックグラウンド、バックボーンがあるんだ?・・・と思ってしまうことがたびたび。

特にショパンの演奏は、もうこれは圧巻。

とても日本人が真似できる物じゃない。

たとえば食べ物で言えば、それがケーキやラーメン、寿司や天丼、どんなものでも究極においしい店と、たいしたことない店との差は言葉では説明できないけれども、うまい店の味は言葉抜きに感動しますよね。

それと同じです。

 

さて、話に戻りますが、実はこの時期、気候的にかなり暑くなってきていて・・・しかし、レッスン室には冷房が入らない部屋もいくつかありました。

そこで、先生達はレッスン室に扇風機などを置いて、対処していたんですが、この先生は・・・自ら短パン姿でレッスンをしていたのです!

そして・・・なぜか・・・受講生もみんな短パンでした(笑)

二人揃って短パンのレッスンは・・・ちょっと日本ではお目にかかった事がない(汗)

しかもこの先生、レッスン室ではいつも短パンにサンダルなのですが、これが休憩時間に学食に出向く時は・・・なぜかスラックス姿に革靴を履いている(笑)

いかんせん、学食は生徒もいればお偉方の教授もいっぱいいるので・・・。

あれ?短パン先生、今日はきちんとした格好だな・・・そう思って後でレッスン室を覗いてみると・・・あ!やっぱり短パンにはき変えてやがる!。

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

DSCF9326

ご覧の通り、短パンにサンダル。多分奥の控え室にスラックスと革靴が(笑)

アル中先生

 

さて、この先生も上記の短パン先生と同じく、ショパンの演奏はすごかったです!。

やっぱり、なにかバックグラウンド、バックボーンが全く違う。

何度聞いても地底からわき上がってくる演奏(汗)

同じ言葉でしか説明していませんが、そういう風にしか説明できません(汗)

とにかく圧巻です。

よく、たとえばロシア物を勉強したかったらロシアに、フランス物を勉強したかったらフランスへ、とは言いますが、近年は余りそういう事は関係なしに、良い先生に就けば良い、お国は関係ない、と言う話を聞きます。

確かに「コカイン先生」は実はアメリカ人です。

しかし、そういう例外はありますが、やはりそのお国柄はどうしても省けないものがあります。

そうでないと、この二人の演奏を説明できない。

 

そして、この「アル中先生」は後ほど私がレッスンを受けたのですが、この時に、このあだ名が思いついたのでした。

詳細はまた後ほど・・・(笑)

 

・・・続く・・・