村田ピアノ音楽院

since1996

謎の東洋人

item1

私は旅行に出ると何故か中国人か韓国人にどうやら間違えられるようだ。

確かにメガネをかけるとそう見える。

例えば以前、中華航空でローマに行った時、機内には日本人と台湾人が乗り合わせていたのだが、どのスチュワーデスも私には台湾語で話し掛けてくる。他の日本人にはきちんと日本語で話し掛けて、台湾人には台湾語で話しかけているのにだ!

また、以前オランダに行った時に、アムステルダムの駅で、どうやら観光案内で困った韓国人であろうか?私を見つけるや否や、ラッキー!とばかりに駆け寄って来てハングル語で話しかける有り様である。

近年では、日本人だけでなく、韓国人や中国人もかなり海外旅行に来ているので単純に日本人なのか、韓国や中国人なのか簡単に判断は出来ない。

今回も間違えられるかな?と思いきや、どうやら今回はなんとか日本人として通用しそうだなと思っていました。

ところで今回泊まったプラハのホテルですが、季節外れという事もあって、日本人観光客はとても少なかったのですが、ホテルにはスーツ姿の日本人がいました。多分仕事で来ているのでしょう。ビジネスで来ているから、気軽に話し掛けるのはまずいだろうなと見ていたら、「地球の歩き方」というガイドブックを見始めたので、「あ!仕事もかねて観光もしているんだな」と思い、気軽に話し掛けたら「あれ!?あなた日本人だったんですかぁ!?てっきり韓国人か中国人だと思いましたよ」と言われてしまった・・・。

さて、ホテルでは通常チェックインをする時に必ず住所を書かされるのですが、私としては国外で住所は知られたくないので、いつも適当に書くのです。3-2-10 oraaーnemui hayaku、mesiwokuitai-city japan とか・・・

どうせ、日本語なんか分からないでしょうし。・・・と適当に書いて、最後の「japan」を汚い字で書いて、出しました。ホテルのカウンターの人はちょっと読めなそうな顔をしていましたが「ok」と行ったので大丈夫かなと思いました。帰りにチェックアウトした時に、受け取ったレシートにはJAPAN ではなく「Hong Kong」=香港と書かれていました。

これで今までの旅行経験ではとうとう全戦全敗となってしまったようだ。

 

次のページへ

 

 

 

2005極寒ベルリン、プラハ旅行記インデクス

 

  1. 成田空港にて
  2. コペンハーゲン空港にて
  3. ベルリン1
  4. ベルリン2
  5. ベルリン3
  6. プラハ1
  7. プラハ2
  8. プラハ3
  9. プラハ4
  10. プラハ5〜テスコにて〜

内容一覧表