村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

DSCF3791

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

この写真の一番上を見て欲しい。

19:25 prague(プラハ行き)KE7606便・・・・Delayed 12:00(遅れて12時に離陸)

・・・おいおい,勘弁してくださいよ。

何となく,雲行きが怪しくなってきた。

このプラハ行きは本当に飛ぶのだろうか?

一応、航空券を買ったHISに電話をして聞いてみたが「航空会社はIATAという航空法律で守られており、遅延の場合は待つしかない。ただし交渉の余地はある」という話だった。

実際、プラハ行きはほかにも9:45分や12:45分など、他にもある。

すべて満席ということはないだろう。・・・ということで空港職員と交渉をしたが・・・

すべて「NO」であった。

しかもこの12時に離陸するはずだったが・・・なんと!!さらにまた延びてあとで電光掲示板を見たら・・・

「午後1:00離陸に変更になりました」

さらに1時間後

「午後2:00離陸になりました」

そして待つ事1時間、もう良いだろうと思ったら

「午後3:00離陸になりました」

 

・・・おい(泣)!!!

 

これにはさすがに私だけでなく、回りの乗客すべてカンカンである。

しかし、やはり何度も他の飛行機に乗り換えさせてくれと言っても「NO」である。

「私は今日もここの空港ホテルに泊まらなければいけないのか!?」

といっても「それは多分ないと思う」と頼りない返事・・・。

時刻はすでに午後2:00.もう空港に来てから7時間が経過している。

こうなったらもう独自に他の便でプラハまでの正規飛行券を買わねばいけないのかもしれない・・・。

そう思って窓口で調べたが・・・75,000円・・・。

道理でみんな諦め顔な訳だ・・・。

しかたない、暇な時間を空港でつぶすしかない。

・・・というわけで初日はオランダ空港で観光となってしまったのだった。

トホホ・・・。

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

DSCF3794

しかたねえ。こうなったら明るい時間からバーでやけ酒のんでやる。

今回、なんでこういう事態になったかという理由が実はあるんです。今回プラハに飛ぶ飛行機は実はKLMではなく、チェコ航空という飛行機会社なのです。

DSCF4201

これが問題のチェコ航空。

チェコ航空とはプラハと主要都市を結んでいる航空会社ですが、社会主義時代からある会社で、零細企業なのですが、共産主義崩壊後は、経営がかなり苦しく、幾多もの会社が買収に名乗り上げましたが、いまだに統合に至っていない会社です。

・・・という事は、多分、予備の飛行機もやはりないんでしょう。

壊れた飛行機は修理して飛ばすしかなく、また振替の飛行機を借りてくる資金もないということだと思います。

このアムステルダムからプラハへのフライトは、KLM、チェコ航空、大韓航空の3社が共同運行しているらしく、

たまたまこのチェコ航空に当たってしまったということなのです。

多分KLMだったらこんな事にはならなかったんでしょうが・・・いやはや、もしもチェコ航空に乗ることがあった場合はお気をつけ下さい。

・・・といってもまあ、こんな事しょっちゅうある事ではないと思います。多分かなり運が悪かったんでしょう。

アエロフロートなんかは定刻で飛ぶ事自体が珍しいって聞きます。ほとんど毎回3〜4時間遅れる事は当たり前らしい。

あるとき、アエロの飛行機が東京を定刻で飛ぶらしく、周りの連中が「オー珍しい!アエロフロートも改心したのか!?・・・と思いきや、どうも搭乗している客が妙にやつれた顔をみんなしており,事情を聞くと、昨日のフライトが24時間遅れて飛んだとか・・・。

まあそれに比べたらねえ、・・・。

 

次へ・・・