村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

いろいろこまごまと 4.8

 

その1

発表会が終わった3月下旬,私はかねてより狙っていた冬物バーゲンを買いに出かけた。

場所はご近所のアリオだ。

私は正直服にあまり興味がない・・・と言うのは嘘で(汗)

あるんですがお金がないんで買えないんです(汗)

セーターなんか,「ああ,良いなあ」と思うものがあっても高いんで諦めるんです。

しかし・・・

この3月下旬にもなると、高かった冬物がとんでもなく安く売っているのだ。

私は一気に冬物をまとめ買いしてしまった。

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

DSCF9886

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

DSCF9885

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

どれもこれも超高かったセーター。紺色のセーターなんて最初2万円で売ってたんですよ、これ!

DSCF9888

とてつもなく羽毛でふわふわしているダウンジャケット。

超暖かい。これさえあれば懐も心も寂しくても冬を越せる(?)

DSCF9889

ジャケットも安かった!

みんな半値以下でした。(セーターは1/4!。いったいどれだけの利益なんだろう・笑)

あ〜よかった!

ちなみに・・・これらを買って・・・まだ一回も着ていません(笑)

そう,今年の冬までお預けです(笑)

 

 

その2 セ●ン●レ●ンコーヒー裏技

そう,最近コンビニで良くやっているのが挽きたてコーヒ−の販売。

その中でもひときわ安くておいしいのが●ブンイ●ブンコーヒーだ。

ありゃけっこういける。

しかも100円ときている。正直金額と味のバランスは驚きだ。

あれじゃ缶コーヒーを買う人がいなくなる。というより価格破壊に近い。

消費税が上がった昨今,未だに100円で売っている事はすごい。

ちょっと商売的に安すぎるんじゃないのか?と思ってしまうのだが。

ところで、この●ブンイ●ブンのコーヒーの裏技があるのを、知っていますか?

先日店に出向いて、私はカップを買ってそのままミル機に行き、カップをセッティングして,レギュラーサイズの方を押そうと思って・・・

と,ここで間違ってラージサイズの方を押してしまったのだ!!

「あ、やばい!,間違った!」

しかし、私があたふたとして店員を見るも,店員は客の応対で忙しく,こちらに来てくれそうもない。

ああ、どうしよう、どうしよう・・・。

という間に,カップはあっという間になみなみとレギュラーサイズのカップから溢れ出して・・・。

ようやく止まった(ホット)

・・・と、溢れたコーヒーをややこぼしながら、「ああ、もったいないなあ・・・」と、いつもよりほんの多めに・・・。

いや,ほんの少しです!少しですよ!!だいたい1〜2mm程度増しですよ!多分・・・(笑)。

最近老眼気味なんで,サバ呼んでいますが(笑)たぶん老眼の目だと、1mmは1cmぐらい誤差がありそうですが、多分1〜2mmでしょう。

そして,そのまま蓋を閉めて,店外へ・・・。

以上,セ●ン●レ●ンコーヒー裏技でした。

なお、いかなる法的責任,及び刑事事件が起きても当方は一切責任を問いません。

 

 

 

その3 そろそろ・・・

HPはこういうくだらなく,また反社会的かつ,犯罪的な内容の物ばかり書いていますが,本来はピアノ教育向上のためのノウハウを載せいています。

しかし,久しぶりにあちこちまじめな部分を読んでみた所,内容的に校訂や加筆、訂正していかなければならない事がいっぱいある様でした。

これからすべてのコンテンツを訂正していきたいと思います。

今はカンタービレ奏法を少々いじくっていますが,昔と比べて,ややもっと分かりやすく、カンタービレ奏法のノウハウを今なら説明し易く出来そうです。

私も昔と比べたら進歩しています。昔はわからなかったり、漠然としていた事が今ではハッキリ理解できることもあります。

日本にいると理解できない演奏が多いのですが、ポーランドに行った時に「ああ,やっぱりここではこれが普通なんだ!」と,確信したり、日本人教授からはタブーとされてきた内容を本国で当たり前の様に教授してもらった事も,今こうして,さらに加筆できるようになったことの原動力です。

少しずつ加筆、修正,校正して反社会的かつ,犯罪的に加担していきますので時々ご愛読下さい。

 

 

 

2014.4.8