村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

生徒は俺のことを「ピアノが弾ける近所の変なおじさん」程度しか思っていないらしい・・・。

 

大人の生徒からは「良いですねえ、先生の所に通っている子供の生徒は!初めから先生の指導が受けられて・・・」と言われるのだが、それはぜーんぜん違うのです。

ったく、俺んとこの子供達はまるで俺の事をな〜んとも思っちゃいない!単なるピアノが弾ける珍しいおじさん扱いですな!

もっとも、まだ、小学1〜3年までは、純粋に「せんせ〜」と慕っているのですが、高学年位もなると、だんだん変わってくる。

「ピアノなんか弾けたって、どうってことないじゃん!」・・・とくにこう言う生徒であればある程、私への信頼と尊敬度は薄れていく・・・

ある生徒に言われましたよ・・・「ピアノなんて黒白の積み木遊びじゃん!」

もっとすんごいこと言われた事もありました。

俺はアフロ犬そっくりだと!

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

afro

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

まあ、ラーメンの小池と言われないだけでもましか・・・

できれば、

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

item3

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

と呼ばれたいのですが・・・

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

もっとも(別に自分の事を自慢するわけではないのですが)生徒自身がそれなりに進歩して、ピアノについて、あれこれと真剣に悩みはじめるレベルになると、どうやら、「あのおじさんは、ほんとはすごい!」と気付く様です。最もそういう生徒とは、音大、音高に入るか、それ同等のレベルになってからなので、いやはや、ほとんどの生徒はそう思わない様なのですが・・・

そもそも、この問題は、生徒の音楽性と、テクニックの上達とも深い結びつきがあります。

子供に音楽性をどんなに説明しても、その子供が理解する気がなければ、吸収は出来ません。

同じように、テクニックも脱力を教えようとしても、その生徒が本当にテクニックに困り果ててしまわないと、どうやら、本気で私が教えるテクニックを理解しようとは思わない様なのです。

ですから、あくまでも、子供にピアノを教える事は、本当にピアノの基礎、つまり、読譜、楽典、ソルフェージュのみです。

そして、生徒が理解できるレベルの音楽性や、テクニックを、小学4年生ぐらいから少しずつ、教えていくのです。

その時に!私はようやく、自分の「知識」という金庫から、金の延べ棒を出して、生徒に授けていくのです。

ほんとに金の延べ棒なんですよ!・・・この言葉、大人の生徒は分かってくれるんだけどなー。多分、これを読んだ子供の生徒は「また変な事書いてるよ〜」と言うんだろうな。

もっとも、確かに変な事ばっかり書いてるんだけどさ・・・