村田ピアノ音楽院

since1996

MENU

出張レッスンは、利便性の裏に大きな落とし穴がある!

 

出張レッスンというものは、確かに便利ですね。先生が自宅に来てくれるんですから。

でも、便利であるという事は、その裏に、マイナス面を持つという危険性がどんな事にもあるものです。

ちなみに出張レッスンは、レベルがバイエル程度ならば、良いかも知れませんが、ブルグミューラーレベル以上は、私は勧められません。

それはですね、ピアノに原因があるのです。

生徒が使っているピアノはたいがい、アップライトピアノです。しかも、大抵、細かい調整が行き届いていない場合が多い。

バイエルの様なレベルなら問題ありませんが、ソナチネレベルにもなると、やはりピアノの練習は本来、グランドピアノあたりが欲しくなります。

もちろん、絶対にグランドピアノでなければ・・・という事はないのですが、そこで!一週間に一度は、先生のグランドピアノに触れて、「ああ、家のピアノとは大違いだ!」「家のアップライトピアノでは十分な表現ができない!」という事を感じるだけでもかなり違うのです。

こうやって、生徒は、先生の本物のピアノを触れる事によって、どうやって曲を音楽的に弾けば良いか、そして、グランドピアノでの感触を家に持ち帰って、それなりにアップライトピアノの環境で練習をするのですが、これが出張になると、その子は、自分のあまり調節が行き届いていないピアノしか知らない世界となってしまうのです。

ちなみに、私のピアノは、その様な単純なレベルではなく!ホールにおいてあるフルコンピアノの環境に近い状態にしてあります。なぜなら、私自身が、ホールで戸惑わないためなのですが、当然の事ながら、ピアノのレベルは調律、整調、整音、すべてにおいて、最高レベルを保っています。

ですから、どの生徒も私のピアノには満足してもらっていますが、ただひとりだけ!私のピアノに不満を持っていた生徒がいました!

その生徒とは・・・実はいつも学校にあるスタインウェイで練習していたのです!・・・そりゃそうだよ!スタインウェイじゃねえ・・・

話がそれましたが、出張レッスンで、最悪の環境といえば・・・電子ピアノのお宅への出張レッスン!こりゃあもう、どんどん、へたになる指導をしている様なものです!

それともうひとつ、出張レッスンの弱点・・・それは、他との生徒との接触がないという事です。自分の前後の生徒の演奏をちょっとでも聞く事はそれなりの刺激になるはずです。

まだあります!出張レッスンともなると、本部の教室にある様な膨大な楽譜(CDも)持っていけないので、いろんな曲を生徒に弾いて聞かせる事が出来ません。

バイエルレベル程度の出張レッスンならかまいませんが、それ以上になったら、出張レッスンを頼むのは考えた方が良いかもしれません。