村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

子供のためのコンクールの落とし穴・・・

 

ちまたでは、子供のコンクールが目白押しです。

たとえば、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールなどが盛んに行われています。

しかし・・・私は子供のコンクールには否定的な意見を持っています!

せめて本格的なコンクールはソナタレベルに達した中学生になってからでないと、いろいろ弊害が起きると考えています。

子供がピアノを習う時には、まず、読譜力、ソルフェージュ力、音楽性を養うことを中心にすすめるのですが、あまり課題曲の多いコンクールなどを受けていると、その課題曲の勉強に全ての時間が費やされて、読譜力、ソルフェージュ力、基礎的な音楽性を勉強できなくなる可能性があるのです。

一見、難しい課題曲を練習しているんだから、それで十分だろうと考えるかも知れませんが、・・・しかし!コンクールを受け回っている子供は、実は読譜力、ソルフェージュ力、基礎的な音楽性がない場合が多いのでは?・・・なんていうか?その課題曲はよく弾けてもその他が弾けないというか?応用力がないというか?

この、読譜力、ソルフェージュ力、基礎的な音楽性を養うには、ありったけの教則本の曲をさらう必要性があります。そうやって様々なパターンを勉強する事により、自分一人で、読譜も、リズム感も、音楽も、できるようになるのですが、どうやら、コンクールを受け回る小学生はどうやら半年間にたったの4曲(課題曲のみ!)程度しか曲を練習しないのです!

これはつまり、ともすると4パターンしか読譜、ソルフェージュ、音楽を勉強していない事になっちゃうかもしれないという事です!

まあ、もちろんすべての人がそうではないとも思いますが、しかし、ソナタレベルの課題曲を弾いていながら、コンクールが終わると、バイエルレベルの曲に戻って練習しはじめるという事も聞きます。

また、もう一つの問題、それは、どう考えても、子供が体格的、音楽的にまだ早すぎる曲を弾いているという事です。

確かに子供は無茶をすれば、難易度の高い曲を弾けるかも知れません。しかし、それは、ともすると、強引なピアノの弾き方、そして、単なる演奏コピーマシーンになりかねないのです。

考えても見て下さい。体格的、精神年齢的にまだまだ大人でない子供であれば、おそらく「もっと力を入れて大きい音で!もっとクレッシェンドして!」と言われながらピアノを弾いているはずです。そういう場合、子供が自分の中で、本当に音楽を分かっていてそう弾いているのならよいのですが、もし、言われるままに大きい音を出しているだけだとしたら・・・残念ながら、それは本当に音楽を感じながら、ピアノを弾いているとは言えないのです。

ピアノ教育の世界はともすると、何でも早熟になる傾向があるのですが、コンクールも、もしかすると、大規模なコンクールではなく、課題曲が1〜2曲のコンクールから受けはじめる方が良いかも知れません。

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。