村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

子供のためのコンクールpart2・・・(コンクールは楽しむ為にある!)

 

夏の時期になると、子供のコンクールが目白押しです。

そして、このコンクールというものは、子供が一生懸命練習した事とは裏腹に、過酷な結果が待ち受けます。

そう!一次、二次予選を通過するか否か!です。

この一喜一憂に、子供はもちろん、親もほんろうされるわけです。

残念な事に、レベルの高いコンクールであればある程、予選を通過する人数は少なくなっていきます。

そして、さらに残念な事に、この予選において、審査員はあらゆる人たちからブーイングを受けるはめになるのです。

まあ、ブーイングの内容は、当たっている事もあれば、当たっていない事もあるでしょう。

コンクールは、私も良く受けるので講評の内容において、?な事は確かにありますよ。でもね、それがコンクールなんですよ。

それを承知でコンクールを受けないと、不満だらけになってしまうし、子供は落ち込むし、せっかくの黄金色の夏休みが灰色の夏休みになってしまう。

もっとも、子供のコンクールだから、こういう事が起きると思うのです。

これが、中学生〜大学生ぐらいのコンクールになると、そうもいってられなくなる。

なぜなら、大人になるに従って、課題曲のレベルが高くなり、もう結果を待つ前に、自分自身、様々な反省点が山積みとなってしまうからです。

そう、つまり審査員にケチをつける気も、余裕もなくなってしまう。

せっかく子供の時期に、人前で、良い体験をするのですから、思う存分楽しもうと思わないと、コンクールを受ける価値がないんじゃあないのかなあ?。

もちろん、何が何でも一位になりたい!と言うのなら、あえて反論はいたしませんが・・・

私は思うに、コンクールは、課題曲を受け取ってから、本番終了までが、一位のトロフィーよりも、ものすごい価値のある物だと思っています。

 

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。