村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

今時の中学、高校生達はあまりパソコンへ向う事よりも、携帯メールやテレビゲームに熱中する事が多いと思うので、まあ、私のホムぺは見てはいないだろう。

自分の生徒には自分から説明をするとして、ここは、今も研鑽を積んでいるピアノの先生及び、子供を音楽関係へ進めたいと思っている親たちもぜひ読んで欲しい。本来は音大を目指す生徒達に読んで欲しいのですが・・・

 

音大を目指している君へ。

もしあなたが音大を目指したいのなら人一倍練習を怠けなさい!

誰でも経験があるだろう。「もう練習したくない」って。

でも、しなくてはならない、と自分をふるい立たせて練習をしようとする・・・でも全然気分が乗らない。

そういう時には練習するなって!そんな状態で練習したって何も生まれてこないって!

第一、君はピアノが好きでこの道に進みたくなったんだろ?なのにいやいやピアノを弾くなんて、良くないよ。だったら、今日は練習はおしまい!良かったら明日も練習お休み!無理すんなって。

ピアノは本当に弾きたい!って言う気持ちになった時、良い音楽が生まれる。

君もそういう時、良い音楽性が出ているはずだ。

ピアノは英語や数学じゃあないんだ。いやいや、やっても上達はしない。

先生だってピアノの練習をしたくない時もある。日曜日なんかそうだよ。それから、今現在、発表会が終わったばかりで1週間レッスンをお休みにしているけれど、(今日で6日目)ぜ〜んぜんピアノ触ってないよ!・・・あっ、もっとも、2日目にピアノの部屋に行って思わず3時間ぶっ続けで練習しちゃったけどね。・・・でもまた4日間ずっと弾いていない。

ず−ッと練習しないと、少しは練習してみたいなとか、あの曲弾いてみたいなと言う気持ちになるだろ?ちょっとはやらないと・・・という気持ちでも良い。

そういう気持ちがピアノを弾く人は大事なんだ。うまくそういう気持ちに慣れるよう、自分をコントロールする事!

もし、ピアノを練習したくないのに親が練習しろと言ったら、親に逆らってよろしい。文句を言っても良いし、くってかかってもよろしい。

はっきり言って、そういう事をしょっちゅう言っている親は君が思っているまさにその通り、「分かっちゃいない親」だからだ。従う必要はない。

「子供自身が自ら練習したい気持ちにならなければダメなんです」といっても「そんな事言ったら怠けるので、子供に言わないで下さい!」ときたもんだ。

本当に君が練習不足か、ほどほど練習しているか?バロメータは君のピアノの先生に聞いてみると良い。君の先生ならば、かなり正確に答えてくれるはずだ。

音楽家として一生やっていきたいのなら、人生は長い。君が今練習に身が乗らなくても、いつかがむしゃらに練習する時が必ず来る。

先生も学生時代は全然練習をしていなかった。どう言うわけかバイクばっかり乗っておった。今先生はがむしゃらにいつも練習している。

でも残念ながら、食える音楽家になったら、がむしゃらに練習はできない。年を追うごとに仕事が忙しくなって(もしくは育児が始まって)練習をしたくてもできなくなる。それまでに、修得しなければならない事があるから、いつかはがむしゃらになって欲しい。

夏休みとか、長い休暇になると、練習する気もなくなる時があるだろう?そういう時には、友人のコンサートとか、プロのリサイタルに行くと良いよ。たぶん、いきなり家に帰って練習したくなる事受け合い!

それから、やる気があってもがむしゃらにピアノを弾くとテクニック的に変に力が入った間違った練習をしがちだ。

あくまでも練習をしている時は集中力と、冷静さが必要だ。

それと、どうしても難しいパッセージが出てきたら、いかに怠けて(楽をして)そこを弾き通せる様になるかを考える事。

頑張って弾こうと思えば思う程、ピアノと身体が拒絶反応を起こしてくる。

まあ、ここからあとの話はテクニック論になるから避けるけど、どちらにしても、君はもうこの道に進むと決めたわけだ。

君が思うように、やりたいようにやれば良い。一番好きなピアノが一番嫌いにならない為にも、そして、他の誰よりもうまくなる為にも日々の練習をがんばらんで欲しい!

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。