ザ・役員

 

役員なんて自分には関係ないと思っていた。

自分に家族はないし、自治会なんていうのも縁遠いので関係はないだろうと・・・。

ただし・・・一つだけ回ってくるものがある。

そう、◯○○ョ○だ。

これは住んでいる以上、避けようがない。

それでも、入居以来関わってこなかったが、とうとう役員が回ってきてしまったのだ。

今まで総会とか出た事なかったので、ちょっとまずいなあと思ってはいたのだが、今回は否応無しに総会に関わらなくちゃいけない。

役員会は月に1回あるらしく、これがわずらわしい。

おまけにこういうのは土曜日に行われる事が多いのだが、なんせ私は土曜日は仕事である。

なんとか日曜日にしてくれないものかというお願いもあって、とりあえず初めて総会に出る事となったのだ。

今まで◯○○ョ○に関しては無頓着で、初めての総会で聞く事すべて、たとえば決算などはわからないものばかり。

そうやっていろいろとなんやかんや住民から苦情やらが出たり出なかったりで総会が進んでいったのだが、実はある議案で大もめとなった。

なんでも◯○○ョ○にはよくペットの会という、飼っている人は強制的に入らなければならない会があるらしい。

私は飼っていないのでよく分からないのだが、このペットの会はいろいろと入会にお金がかかる。

どうもその点で入居以来、ペットの会と管理組合の間でいざこざがあったことは少々小耳に挟んではいたのだが、今回総会に出てみて、結構もめているんだなということがわかったのだった。

そりゃペットを飼うのにいろいろ◯○○ョ○からお金を請求されるのは良い気はしない。

なんでも始めに保証金とやらでウン万円。さらに年会費がいくらとか、このあたりで問題になったらしく(つったって、◯○○ョ○に入居する時にその規約を告知されて買ったんだろうにねえ)その不満な規約を変えるということで管理組合と、もめたらしい。

いままでの規約を大幅に変えて保証金はなしになって、年会費は4000円程度になるという新規約らしいのだが、そのかわり、いろいろと管理組合が権限に立ち入っているようだ。

この点でもめたらしいのだが、なんだか知らないが、ペットを飼っているおばさん達がいろいろガタガタ言って抵抗している。

話の内容は・・・費用が減った事は良いにしても、なんで年会費にまだ4,000円もとられなきゃいけないの?あたし達は一生この年会費4,000円を払っていかなきゃいけないわけ?・・・とわめいているようだ。

・・・なんだよ、たかだか年4,000円じゃねえかよ・・・月にして300円じゃねえかよ・・・

もちろん、そりゃ4000円でも払わないより払う方が痛いに決まっている。

だからってねえ・・・。

もちろん、ムカつく支払いはいろいろ世の中ある。

ほとんど見ちゃいないNHKに年15,000円の受信料を払うのはいささか閉口するが、しかしそういう事言っていたら、公共が成立しないだろう。

消費税も、そりゃ上げないにこしたことはない。しかし、どこの政党も与党になったとたんに「上げません」と言った所はない。

結局上げないといけないんだろう。いろいろと監査はしたい所だけど、やった所で結局お金が足りないんだろう。

もうこの点に置いては反対するより、自己防衛でいかにやりくりをするかに頭を使った方が得策だろう。現実的にはどうせ上がるんだろうから。

わがままいっててもしかたない。・・・と、思うのだが・・・。

そうこう思っている間,例のおばさん達はずっと反論している。

しかも抗議している話の内容がまた支離滅裂で、しかも話が長い!(笑)

話の熟語に「起承転結」と言う言葉があるが,このおばさん達の話は「起承転・起」なのだ(爆)

つまり,いつまでも話が終わらない(笑)

まあ、よーするに,要約すると、びた一文も払いたくないらしい。

これには理事長も困った顔で,何とかならないものか?と約1時間、思案していた様なのだが、意を決したらしく、ななんと!いきなり土下座をしだしたのだ!(汗)

すべての責任は私にあるが、どうか今回の議案を通して欲しい・・・といって土下座をしたのだ。

・・・ここまで理事長はしないといけないのか・・・汗・・・。

しかし、これで人情に訴えたおかげで,議案が通ると思いきや・・・

・・・オバタリアン達はこの程度では動かなかった(笑)・・・。

それどころか、土下座する理事長を見下ろして「謝れば良いってもんじゃないわよねえ・・・」と、ふんぞり返るオバタリアン集団(汗)

結局この議案は次期役員会で審議やりなおしという形に・・・(なにそれ?それって私の台で論議するんじゃん・・・汗)

 

こうして総会は閉会した。

・・・こんなに総会って緊迫しているもんなんだ・汗・・・理事長なんて絶対なりたくないな・・・。

 

・・・と,閉会後に次期役員達が集まって,まずは理事長選び(汗)

当然の事ながら、あの修羅場を見ているので,誰もなりなくない一心だ。

なかなか決まらず,「いや私はそんな責任重大な仕事は・・・汗」「いやうちは子供が3人おりまして、そのうちの一人が今年受験で・汗」

・・・関係ネーだろう!・笑

 

・・・と、そこへ、なぜか一人の女性が

「・・・っと・・・ここは・・・やっぱり男性がやった方がいいのでは・・・やっぱりこういうのは頼りになる男性がいいですよ・・・ねっ!・・・」

と,そこに居合わせた女性達が「そうよそうよ!そうしましょうよ!!やっぱ男じゃないと勤まらないわよねえ!」

・・・と、ここに集まっていた次期役員の男性連中の顔が引きつってこわばったのは言うまでもない。

 

 

 

 

 

 

・・・冗談じゃない!涙・泣・・・

 

今までのさかのぼったジェンダー反対論議はすべて白紙撤回!!

世の中、女男平等!ジャンダーフリ!!

これからは女性が社会に出て男は台所に引っ込んでろ!!

誰が言った!?ニッポン男児論!

祝!草食男児!

潰れろ!◯塚ヨットスクール!

次期総理大臣はぜひ!・田中眞紀子に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012.12.7

村田ピアノ音楽院

since1996

一覧表