村田ピアノ音楽院

since1996

MENU

世の主婦達よ!料理に精を出す事だ!

 

私は実は最近全くといっていいほど疲れを知らない。

それなりに日常においてさまざまな事に気を使っているからかもしれないが、その一つには毎日20〜30分のランニングを欠かさないというのもある。

だが実は最近ある新しい事を始めたのだ。

しかしこれが別に世間にとっては全く新しい事ではなく,昔から存在している健康促進法なのだ。

それは・・・単なる”料理”である。

なんだ?料理なんて・・・といってばかにしているあなたは多分まだ身体が丈夫なのか、それとも母親か妻が良い料理を提供しているに違いない。

現代人は忙しいうえに面倒くさい事はやりたがらない傾向がある。特に若い連中はそうだろう。

その中でも多分料理は手を抜いている人達は多いのではないだろうか?。

かくいう私もご多分に漏れず、30歳に実家を出てからというもの、まともな手料理を食べた事がなかった人間である。

そのほとんどがコンビニ弁当か,スーパーの総菜で済ませていたのだ。

たまに手料理といってもかなり栄養においてはアンバランスな内容であった事は否めない。

毎日コンビニ弁当か,スーパー総菜というのは結構飽きるものである。

それがとうとう耐えられなくなって自分で手料理を作り始めたのが確か3年前である。

しかし,毎日が仕事で忙しい自分にとっては,食材を買いにいく時間がないので初めのうちは●シケイという食材が宅配で届くシステムを利用していたのだが,これがどうも最近あまり良い食材が届かなかったので、しかたなく,自分で全部食材を買って毎日料理すっか・・・と決めたのだった。

毎日スーパーに夜遅く行って買い出しにいくのは結構大変だ。

いつもは教室で夜11時まで残業である。それから深夜までやっているスーパーに買い出しにいって,11:45分頃に帰路につく。

そして・・・明日の弁当の分も含めて、午前1時頃まで料理を作るのだが・・・。

普通の人間が聞いたらバカだと思うだろう。

しかし・・・それをバカとはいえない理由があるのだ。

この自分で料理を作るということを始めてから劇的に変わった事がある。それは・・・。

全くもって疲れる事がなくなってしまったのだ。

以前の私は睡眠時間は8時間とっても身体の疲れが取れなかったのだが,今や現在は睡眠時間は毎日5〜6時間程度しか取っていない。

しかし,どういうわけか現在の方が身体の調子がいいのだ。

これには訳がある。

私の料理はそのほとんどが野菜で構成されている。というのも,医者からある成人病の気があると言われ,野菜を人より多く採る様にと忠告された事が発端である。

以前は疲れるたびに栄養ドリンクを飲んでしのいでいた。正直言って毎日1本は飲んでいたので,教室にリポDの空ビンが転がっているのを目撃した生徒は多いはずである。

しかし最近は飲んでも飲んでも身体の疲労は溜まる一方で困ったなあと思っていたのだった。

しかし・・・そんな栄養ドリンクよりも私の場合は野菜を多く採る事で一気に解決したのは、驚きであった。

しかも、自分で作る手料理はその辺の下手なレストランより遥かにおいしい。

ハンバーグ、いなり寿司、チャーハン、親子丼、グラタン、筑前煮、八宝菜(書いただけで、つばが出ます)・・・そのほとんどがたいして難しくはないし、変な即製品を使わず、一から新鮮な材料と調味料で作った料理は抜群においしい。

全くもって外食なんてばからしいものだ。そうでなくとも外食の栄養はたいした事ない。あんな炭水化物と肉ばかりで構成されたのを毎日食ってたらいつか成人病になるのも当然だろう。

もちろん料理は手がかかるし、なんたって深夜に作っているので生活サイクルが狂ってしまっているが(おまけに最近料理で夜が忙しいからHPの更新が滞っているときたもんだ・汗)それでも疲れを知らない身体ほど貴重なものはない。

ここで思うのだが・・・とかく日本では料理をする人が少なくなっている様な気がする。

もちろん現代人は忙しいから料理を作るより買ってきた方が早いし,逆にお金がかからないこともある。しかし実態は早いだけでうまくはないし良くない食材だし,たいした栄養なんてない。

まあいろいろな意見はあるかもしれないが・・・料理はつまらなくて大変なんて誰が言ったのだろう?

料理はピアノに似ている。すべては自分の技量、さじ加減でどうにもなる。すべて白紙状態から始まるものである事は全くピアノと変わらない。どういう味になるかというあたり、ピアノ同様とても楽しい。

もっとも私の場合はそのほとんどがレシピに首っ丈なので、まあピアノに関しては初心者バイエルレベルだとは思うが(笑)

どちらにしても、家庭においてもっとも神聖で重要な仕事は何かといったら・・・料理だと私は思う。

一見、夫の仕事が大事と思われがちだが,もし丈夫な身体がなければ稼いでくる事は困難になる。

もし子供の成績を上げたいと思ったら,塾に通わせる事が大事と思うかもしれないが・・・栄養の影響で精神的バランスが崩れていて,どうして勉強に集中できるのだろうか?

家庭において,料理はもっとも重要なポストであり,主婦のもっとも手を抜いてはならない仕事なのだ(やや耳が痛い方もいらっしゃるかもしれませんが・・・)

家事はつまらないとか、外で働く方がやりがいがあるとか、・・・そんな事言ってはいけない(やや口やかましい姑に聞こえますが・・・)

どれほど特に料理が大事か・・・私はそれを今は認識できる。

私だったら・・・是非、専業主夫になりたいものである。そうでなくとも現在、掃除洗濯をこなしている私にとって、家事はそれほど対して大変とは思えない。

子供や夫が何より大事なら・・・世の主婦達よ!料理に精を出す事だ。

この間スーパーに行ったとき、何か良い料理本はないだろうか?とレジ脇にある料理本を見たら,良いレシピがあったので題名を見ずにサッと取って、さっそくそれをレジに持っていったら、レジのおばさんは本の題名を見て,・・・私の顔を見て・・・そしてまたマジマジと本の題名を見ていた。

妙に私の顔を見たとき,何か私に対して哀れんでいる顔をしていたので何でかな?・・・と思ったのだが,あとでそのレシピの本の題名を見たら・・・

 

「作ってあげたい”彼”ごはん」

 

・・・と書いてあった・・・・・・・・。

・・・・汗・・・・・・・。