村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

 

村田ピアノ音楽院、設立前夜の巻

 

私が村田ピアノ音楽院を設立したのは1996年春。今では、教室も軌道に乗り、生徒もかなり上達し、私の青写真そのものとなっていますが、設立当初はなんとも心細いものでした。

私の知り合いのピアノ講師は誰一人、賛成しませんでした。

「今この少子化でバブルがはじけたってのにヤ◯ハを辞めるわけ?絶対後悔するわよ!」

「ふ〜ん、まあ20人集まれば良いけど無理ね!」

「ヤ◯ハっていう看板があるからやっていけるのに・・・ヤ◯ハの特約店になったら?」

「そんなのやらないで佐川急便のドライバーになったら?・・あれって稼ぎ多いんですって!」

あの当時はいつも私に愛想良い先生達が一斉に冷たい顔していうもんですから参りましたが、まあ、たしかに回りから見れば無謀だったと見えたのでしょう。

おまけに親までもが「一人も集まんないんじゃないの?」

つまり、完全な四面楚歌(というより6面楚歌ですかね!)

当然、私だってうまくいくかは分かりませんでした。

ただ、私の中には、次の3点がありました。

まず、何がなんでも自分の中にある音楽や、テクニック、上達方法を、是が非でも世の中に伝達したいという願望を捨てきれませんでした。これは、もう理屈では言えない事です。

願望は別の言い方をすれば、情熱になります。私がピアノを弾き続ける理由、ピアノを弾く事がどれだけ楽しい事なのかを、言葉で説明する事は、「情熱があるから、好きだから」という言葉以外、説明のしようがないのと同じ事です。

第2に、私には大手楽器店教室や、日本の旧指導法の盲点を知り尽くしていました。あの指導法ではいずれ生徒の音楽やテクニック、読譜に破たんが生じる事は明白でした。

加えて、現場の指導講師の実力の低さは、いずれ、生徒達には、ばれるものだと。

本当の指導、音楽、テクニックを宣伝していけば、それを長い間、求めていた人たちが必ず集まるはずと思っていました。

そして・・・第3点に・・・失うものは何もない!

そう!あの時、独身の私には何も失うものはなかった・・・これほど人間、恐いものはないです。ヤ◯ハを辞める時の報酬は月額たったの15万円。これ以上ここにいても、食っていけない事は明白でしたし、さりとて他に就職口があるわけでもなし。

まあ、新宿で段ボールにくるまって一生過ごすも人生。もーどうでもいーや。しかし、その前にやりたい事をしてから段ボールにしよう。そう思って始めたわけです。

そう考えると、今の北朝鮮はけっこう恐い。奴ら、手元にある核と生物兵器以外、失うものは今、何もないわけですから・・・

こうして、私は背水の陣ならぬ、排水の人にて、自分は世の中では、排する人間かもしれないと思いつつ、教室を始めたわけです。

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。