私が小さかった頃・・・

今なら、こんな事はめったにないと思うのですが、私の母は私をピアノ弾きにするために相当厳しいことをしてきました。

練習が嫌だった時に「怒らないからピアノを辞めたいか正直に言いなさい!」と言うので「やめたい!」と言ったら、ピアノの椅子ごと蹴飛ばされて、6〜7メートル飛ばされた事などはしょっちゅう。小学生の夏休みや、冬休みには、1日1時間半の練習ノルマを課せられ、ノルマの滞納は許されなず、滞納は必ずサラ金取り立てよろしく、1日1.5時間+1.5時間=3時間の練習ノルマが課せられる。そうやって貯まったノルマ(元金?)を支払うために、1日6〜7時間練習した事もありました。おかげで、この間買ったヤマハC7ピアノのローンは、トラウマのおかげで、すぐに一括で返してしまいました。

一番強烈な思い出は、レッスンテープです。レッスンの時に録音したテープを次の日にピアノの前で聞いて「反省」するのですが、これを聞くのが非常に眠い。居眠りをしながら聞いていると、母が「起きろ!」と言うのですが、いっこうに起きない。しびれをきらした母は、台所から、調理している小さく切ったニンジンを頭めがけて投げるのであります。頭にあたってしばらくは目が覚めるのですが、又、睡魔は襲ってくる。すると今度は、先ほどよりも大粒のじゃがいもが飛んでくる。何度も何度もじゃがいも、ニンジン、たまねぎ、・・・と粒も大粒になり、やがて、丸々じゃがいも一個がそのまま飛んでくる。

最後に母も投げる物が無くなったのか「全部洗ってもってきなさい!」となる。ちなみに夕食の献立は鍋物より、カレーの方が遥かに痛い。

何も今の子供にこういう指導をしろとはもちろん言いません。ただ、私の母は私がピアノ弾きに向いているのではないかという先見の明の元、ただピアノだけに集中させたようです。不思議な事に母からは「ピアノを練習しろ!」とはいわれたものの、「勉強しろ!」とはついぞ言われなせんでした。

今子供達は、習い事を掛け持ちで6〜7個習っていると聞きます。確かに子供に何が向いているかを見つけるために、またいろいろな経験をするために、さまざまな習い事をする事は大事な事と思います。しかしそのおかげで、今、生徒達のピアノの練習時間が平均的に減っています。

それだけではありません。昔は落ちこぼれか、秀才しか行かなかった塾は今、ほぼ中学生全員が毎日行っています。帰りの時間はpm10:00過ぎです。おかげで、中学生は必ずと言って良いほど、全員、慢性的な練習不足です。

果して手に職をつける事がいいのか?それとも学歴をつけて一流企業に入るのが良いのか?

どちらが良いかはそれぞれの考えが有るとは思いますが、一流企業が社員を平気でリストラする昨今、才能が有るならいっその事好きな事をしてしまっても良いかなとは思ったりもします。

ルーマニアやソビエトで、すぐれた体操選手が多かったのは、いち早く、体操に向いている選手を国が強化指導してきたからに過ぎません。同じように、旧ソビエトから、優秀なピアニストが多く出てくるのも同じ処方です。もっとも、単なる体操バカ、及び音楽バカを作っていると言われればそれまでですが・・・私もピアノバカなので、えらそうなことは何も言えないのです。

ただ、今の私があるのは「ピアノバカ」を目指した母のおかげなのです。

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU