村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

体力と気力と時間と。

 

ピアノの上達には3つの要素が必要だ。

そう,体力と気力,時間だ。

この中でなんというか・・・歳を取るごとに気力の方はどんどん増えてはいる。

今やりたい曲,完成したい曲を全部並べたら,多分3夜分くらいのリサイタルレパートリーだ(笑)

問題は・・・体力と時間だ(汗)

 

体力については別に歳を感じたという事ではないのかもしれない。

本当はそうなのかもしれないが(笑)多分若い頃に比べたらかなり集中出来る様になったんだろう。

なんたって若い頃は本当に内容のない練習ばかりやっていたものだから。

今ではいろいろと効率の良い練習が出来ているおかげで(?)若い頃願っていた事がかなり実現できる様になったかな?とは思う。

あの頃は「なんであの人できるんだろう?」とか「いややっぱ巨匠にはかなわない」と思っていたが、ちょっと生意気ではあるが、巨匠も所詮人間なんだ,と思う時がしばしばある。・・・といっても・・・やっぱり実現という部分では、あと一歩,足りない事もしょっちゅうで,やっぱり自分は凡人だと思う事もやはりしばしば(笑)

 

ただ,その境地に到達するにはそれなりの手順があり,それを研究して追い求めれば、出来なくはない・・・と気がついたかなとは思う。

なんでもそうだけれども、何十年と続ける事はとても重要だ。

無理だと思っていた事,雲の上の出来事と思っていた事が,より近くなってくる。

ただまあ・・・そこにたどり着く時に,かなりの精神力を使うもんだから・・・かなり体力を消耗してしまう。

最近はもっぱらこの体力勝負だ。

私はよく隣の部屋から座椅子と毛布を持ってきて、教室でしょっちゅう仮眠を取る事,しばしばだが,昔はそれを良く大人の生徒に笑われたものだ。

しかし・・・笑っている生徒は気がついていない。全然集中した練習を己がしていない事を(恐)。

単純には自分の音を全然聞いていない。そして演奏を考えていない。

まあ、説教は今日はいいとして・・・。

 

なんでも天才ピアニスト、リストはかなりのプレイボーイでしょっちゅう、いろんな女と夜な夜な遊んでいたらしい。

確か1日8時間ぐらい練習していたという話があるが,そのあとで女とデートか???

体力がもたん!!!(笑)マジかよと思ってしまう。

私なんかはピアノの練習は過度がすぎると、へとへとになって,もう指がふにゃふにゃで鍵盤に立たなくなってしまって「だめだこりゃ」という事で,もうそのあとはダウンなのだが,リストはその後もデートで●つのか?!?

 

まあそういう,うらやましい男はいいとして・・・?

 

しかし、1日8時間も練習できる事はいい事だ。もっとも私に8時間の練習は体力的は無理だとは思うが。

しかし、曲を仕上げるという事は,この時間との勝負になる。

例えば、うちの教室のプレッシャー大会,あれは約4ヶ月ごとに設定してある。

つまり、4ヶ月もあれば、なにがしかの曲が仕上がるだろう、という憶測で設けてある。

というより、4ヶ月で仕上げてもらわねば困るのだ。4ヶ月以上かけてはいけないわけではないのだが,多分生徒の方が曲に飽きてしまう可能性が大きい。

しかし・・・世の中の曲には4ヶ月では仕上がらない曲も多い。

4ヶ月で仕上がらねば、もちろん、もっと時間をかけなくてはいけないのだが、・・・。

いやはや,それには本当に一日の中であらゆる時間をピアノに割かなくてはいけない。

もう、インターネットでアマゾンとか,価格ドットコムとかのネットサーフィンもせずにピアノに向かって鬼の練習で・・・それでもやっぱり仕上がらないと「なんなんだよ,俺は?」と劣等感を感じて悲しくなってしまう事,数多(あまた)である。

時々,無駄な時間投資をして、全部無駄になってしまうのでは?と不安にはなるが・・・。

まあでも、とにかく時間を投資して練習する事だ。それ以外に上達の近道はない。

と・・・こんな事やっていると,どう考えてもピアニストは遊べない職種なんじゃないかと思えてくる。

暇な時間があったら日曜日でも練習に費やさないと上達しない。

そう,パチンコはもちろん(?)デートなんか御法度である(笑)

そうでなくても、既婚者のピアニストは忙しすぎて家庭なんか顧みる事なんて絶対無理だと思うのだが・・・。

ましてやリストみたいに他に手を出すとか・・・。

 

 

やっぱり私にとってリストは雲の上の存在である・・・。

 

 

さて、最近ある曲を2曲,弾きたくなって譜読みをしているのだが,これがまた近・現代曲なもんで難しい譜面を読んでいると1時間で体力がグロッキーと来た(笑)

はたして9月のプレッシャー大会で弾けるだろうか・・・という不安をよそに、刻一刻と時間が過ぎていく。

たった一日でも,1時間で無駄にしてはいけない。それがピアノを上達させる鉄則だ。

ああ,いつになったら俺はリストの様な遊ぶ時間と体力を持ち合わせることができるのだろうか・・・。

 

 

 

 

2013.5.17

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。