アクションの整備について

 

ピアノのアクションは、実はかなり調節ができるようになっています。

たとえば、反応を敏感にするとか、または逆に鈍くするとか。

反応を敏感にすると、いとも簡単にfが出やすくなります。そして逆に鈍くすると、人によってはその方が弾きやすかったりします。

ただし、グランドピアノにおいては、反応を敏感にした方が良いようです。

例えば、所有しているグランドピアノの鍵盤が重く感じる時、このアクションの調節をすると、たちどころにフィーリングが軽くなります。

私はヤマハグランドピアノにおいては、工場出荷時は万人向けにアクションが調節されているのではないかと思うのですが、明らかに鍵盤が重く感じられます。

たぶんアクションの調節は調律師によってまちまちかもしれませんが、おおむね5〜6万かけて、再度調節し直した方が良いのではないかと思っています。

なお、アクションの整備ですが、正直言って大手楽器店の調律師にはできない場合が多いようです。

逆に言うと、アクションの整備(整調)が出来て、初めて一流なのかもしれません。

良い調律師を捜す事は、簡単ではありませんが、一応、自分のピアノ修理工房がある人から捜してみるのが良いと思います。

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU