村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

ピアノは宗教であり、ドラッグである。

 

ちょっとこの議題、かなりヤバくてタブー的な内容になりそうなので躊躇(ちゅうちょ)してしまいそうなのですが(汗)。

しかし、もはや、世間ではヤバくてタブーな存在である村田ピアノ音楽院なので、この内容にあえて踏み込んでも良いでしょう。

あえてはっきり言いますと、やはりピアノは宗教でもあり、ドラッグでもあると思います。

もちろん、宗教も、ドラッグも世間一般で思われているような危険な産物という考えはけっして正しくはない。

なんたって世界最大の宗教派はキリスト教だし、ドラッグだって風邪薬や私が時として愛用するボラギノールだってりっぱなドラッグなのです。

もちろん、地下鉄なんとか事件を起こした教団や(これ、ニュース中継を見ていた人ってもう若い人にはいないよね、もう教科書に書いてあったよど号乗っ取り事件並みの古ニュースです)ノリピーが(この人を知っている人ももう若くはないよね、私が河合奈保子の大ファンだったなんて言ったらどれだけ古代人かということがばれてしまう)捕まった時にお使いになられたドラッグまで、本当に宗教とドラッグの定義、および効用は幅が広い。

 

おそらくこの二つに共通して言える事は、これに頼っている間はいろいろと心や体が消耗している時でも穏やかな気分や、現実逃避でいられる事ということであろうか?

人間は思っている以上に精神的に弱い。この二つに頼っている間はあまり精神的に滅入る事もなく、悩みもなく(?)落ち着いて生活できるということであろうか?

ということは宗教もドラッグもかなり似ているもの同士なのかもしれない。

 

本当はこの二つ、なしで生きていければそれにこしたことはないのかもしれない。

しかしある意味、あまりにも道徳心が失われ、秩序や風紀がなくなりつつある日本では、宗教はいずれ必要不可欠になって学校でも必修科目になる時代が来るかもしれない。

道徳心でもあり、また心のよりどころ、これさえしていればあまり心が乱されなく平静でいられるもの、そして何より心が満たされ、幸福な気持ちでいられる物・・・

 

そう!、それこそがピアノである(!?)

おそらくどのピアノ学習者もある程度ハマってしまった人なら理解できるだろう・・・ピアノは宗教であり、ドラッグであるという事を!

まず、ピアノはどこまでいっても宗教そのものである。

なぜなら、演奏者はどこまでも楽譜に忠実でなければならない。そして、作曲家の意図をそのまま汲み取り、それを演奏に反映しなければならない。

いってれば作曲家という教祖!のいいなりに教えを受けなければならない。

そこには作曲家(教祖)への反抗心、(楽譜の)改ざんなどは許されない!

そして演奏者は作曲家の研究、分析をしなければならない。

そして何度も何度も音楽にとっては聖書とも言える楽譜を隅々まで見るのだ!

その証拠に、ピアノ界ではバッハの平均律クラビーア集を旧約聖書、ベートーベンソナタ集を新約聖書と言っているではないか!・・・もっとも私の様にこの2冊が嫌いな風変わりな異端児もいる。そういう人間はこのクラシック界では今や追放されつつある身分ではあるのだが・・・

 

そして、このピアノという宗教に向かっている間は・・・心穏やかに充実した1時間をあっという間に過ごしてしまうのだ!(おお!練習しない子供を抱えている母親達にとってこれほどのすばらしい言葉はないだろう。おお神よ!)

そしてこれがもっとマニアックなレベルのピアノ学習者になればなるほど、2〜3時間があっという間にすぎる事は珍しくなく(おお!これも音高、音大受験生ならばそうであって欲しいと願うだろうに・・・実際はなんと練習する時間の経つのが遅い事だろう!おお神よ!)、さらにひどいマニアック学習者などは一日があっという間に過ぎてしまうのだ!(おお!これも講師演奏をする予定のピアノ講師にとって頭の痛い所だろう。何たって生徒には「夏休みなんだから一日中ピアノを弾きなさい!先生だって弾いてんのよ」と言いつつ、翌日から1週間バカンスに出かけるという怠け者行為をする講師は・・・この私だ!おお神よ!お許しを!)

 

一般に人間が何時間も集中して何かをするという行為はたとえばプレイステーションなどのようなファミコンならばあるかもしれないが、それ以外でここまで集中する事はピアノ以外にないかもしれない。

おそらく相当な好き者ならば腹が減っていても気がつかないほどだろう。

あるいは本来仕事や、約束事で,もうでかけなければいけないのにピアノの練習をしたいが為に、ぎりぎりまで練習をする、もしくは出かけるのが遅れてしまうということはこの世界の信者ではありきたりなはずだ。

そう、これはもはや宗教という枠を超えて完全に薬物中毒、ドラッグ常習者の範囲だろう。

ピアノなしでは生きていけない・・・

 

そう、ピアノは宗教であり、強力なドラッグなのだ。

いやはや、このメッセージは単品のみで書けるだろうと思ったのだが、どうも余りにもまだ書ききれない内容がありすぎてすべてが書ききれない。

そこには、あの大東亜戦争はいったい誰の責任だったのか?何が悪かったのか?・・・という社会的な面までピアノを通して見えてくるのである!

すなわち、旧日本海、空、陸軍が数々の撃沈、玉砕したことと、自分の演奏が数多く玉砕、撃沈した事とは密接なつながりがあるのだ。

・・・ということで今回は

シリーズ「ピアノとは宗教であり、ドラッグである」

第1幕終了。

ピアノとは宗教であり、ドラッグである・・・2

2009.8.20

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。