村田ピアノ音楽院

since1996

トップページへ

村田ピアノ音楽院の特徴

こちら神奈川のチベット、相模原では・・・

やってくれましたよ(笑)

東京などでは雪がちらつくとか、1〜2cm積もるでしょうとか予報で言っているときは・・・

首都圏のチベット・相模原では必ずこうなるんです。。。。

幼児コース

子供コース

大人コース

音高・音大コース

ピアノの先生の為のコース

DSCF7770

レッスン月謝と規約

指導講師プロフィール

プレッシャー&プチ発表会行われる(他、ピアノ発表会)

プチ・プレッシャー発表会動画集

お蔵入りアンコール動画劇場

脱力による重量奏法(重力奏法)テクニック早わかりスピード講座

ピアノスキルアップ法のいろいろ

ヨーロッパ旅行記

DSCF7769

楽譜出版会社の選び方

む・ら・た・せんせいからのメッセージ集

リンク集

作成中のコーナー

ブログコーナー開設!

Copyright (C) 2015murata-piano-ongakuin.All rights Reserved.

 

 

 

 

無料体験レッスン

行っております。

お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

DSCF7778

車も雪で埋まっています

DSCF7777

 ハイフィンガー奏法並みにエネルギーを消耗する雪かき。。。

 

 

さて、そろそろ本題に入りましょう(笑)

 

職人技

 

世の中、職人と呼ばれる人が数少ないがいる。

いろんな職業を見てきたが、正直言って「なんだ、あんな仕事、俺にもできる」と思った仕事は意外と多かった。

なんて言うか、外側だけを見てみれば難しそうだが、単に内容を知らないだけで、やってみれば意外とたいして難しくないものもある。

例えばピアノ講師なんてそうだろう(笑)

あれは誰にでもできる(爆)

俺にでもできるから、多分この仕事を今、やっているんだろう。

 

しかし、・・・そういう中で、これは俺にはできないし、直感というものも必要な世界だな、かなわないなあ・・・と思う仕事もある。

ピアノ修理もその一つの仕事だろう。

今回私のピアノはO.H(オーバーホール)をしてもらっているが、単純に弦を交換するなんて、それほど難しくはないだろう、と思っていたのだが・・・実際はそれほど単純な世界ではなかったのだ。

私も簡単にしか知らなかったのだが、実際工房に行っていろいろ説明を受けた時に、これはかなわないな、と思ってしまった。

 

もちろん、いい加減に作業をやっている店は多いだろう。

そういう中でこの工房はかなり手の込んだ職人技をやっていると言って良い。

修理金はとてつもなく高い(汗)

当たり前だが私の月給を遥かに・・・というよりゼロがもう一つ(爆)

修理費を値引く交渉でもしたら良いのでは?・・・と言われそうだが・・・。

私は職人にはそういう事はしないことにしている。

その技で仕事をしている人に値引はあり得ないし、値引なんかしてもらって、逆に作業を手抜きされても困るのだ。

 

ちょっと面白い内容なのだが、チューニングピンというパーツがある。

弦を巻き上げるピンなのだが、今回のこのピンはヤマハ純正ではなく、ヨーロッパ製のピンを今回使用している。

なんでもこのチューニングピンはヤマハ純正の3倍もの金額もするらしい。

DSCF7749

何でまた、たかだかピンごときで・・・と思いたいのだが・・・これがヨーロッパ製は全く違うのだ。

ピアノの音は弦が振動しているだけでなく、あらゆる音が鳴っているらしい。

ピアノのボディ、フレーム・・・そういう中で、このピンも鳴っているらしいのだ。

次にこの純正ピンとヨーロッパ製のピンの違いをご覧頂こう。

ヤマハ純正のチューニングピン

ヨーロッパ製の高価なチューニングピン

あとはこれで・・・職人技の仕上がりの効果を楽しみにしたいものだ。

・・・って・・・前のときのS700Eと大して変わらなかったら・・・正直ショックですが(笑)

 

 

2012.2.29