謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

とうとう明けてしまった・・・。

去年はいろいろと頑張りたかったのだが・・・これといってめぼしい成果はなかった様な・・・。

いろいろとやりたかった事はあったのだが、すべて思い通りにできなかったと言って良いだろう。

もっとがんばらないとなあ。

 

これからは(去年と目標が同じだが)演奏動画を多く作っていかないと、と思っています。せっかく良いピアノになって音も良くなったので,あまり音質を気にせずに録画ができるのではないかと思っています。

 

さて、いろいろと年始の小話でも。

 

1.贅沢は必要か?禁物か?

年末あたりから休みのために,最近は夜は少々、ワインとチーズを食べている。

チーズといってもカマンベールチーズという種類だ。

他のチーズは私はあまり好きではないのだが,カマンベールチーズは比較的好きな方だ。

昔はヨーロッパに行った時にいろんなチーズを食べたもんだが・・・まあ正直言って、ブルーチーズなど,ヨーロッパではおなじみ有名なチーズは・・・やはり好きではないのだが、カマンベールだけは別格だ。

ただ・・・カマンベールといってもいろんな種類がある。外国製もけっこう最近では輸入されているのだが・・・まあいかんせん値段は高い。

私が、概して愛用しているチーズは・・・まあ一般的な雪印や明治などのしかも,258円などの,もっとも安いカマンベールチーズだ。

これをいつも2〜3箱買って、夜な夜なワインと一緒に食べるのだ。

258円なので、まあいくつ買った所で懐に痛いわけではない(笑)

しかし、おそらくこんな安物よりも,外国製などの880円あたりなどはもっとおいしいのだろう。

そんな事はわかっている(笑)

しかし・・・しかしだ・・・きっと,その高いチーズを食べてしまうと・・・たぶん258円のチーズに戻れなくなる(汗)

金持ちならば別だが,出世もおぼつかない(?)私に贅沢は禁物なのだ。

といってもさすがにカマンベルチーズからさらにレベルを落としてプロセスチーズにまで落ちるほど私も落ちぶれてはいない。

やはり258円のカマンベールチーズレベルは固持したいのだ。

生活レベルを落とすという事は、まったくもってきつい事だ。

自分が贅沢な生活を今までしていたのならば仕方ないが・・・たいていは成り行きで贅沢になってしまい,それが戻る時になって初めて気がつくのだ。

・・・やばい、贅沢な味を知ってしまっていると・・・

まあチーズぐらいならガタガタ言わずとも,880円で良いから買ってたまに食べれば良いのだが・・・。

ついこの間,それをピアノで体験してしまったのだ。

年末に大人の発表会(プレッシャー大会)が行われたのだが、ピアノの倉庫の中に,借りる予定のスタインウェイ以外に,ヤマハのS6というピアノもあった。

S6というピアノ、これは比較的ヤマハの中では良く出来たピアノである。

C7を持っていた頃は,S6のピアノを触ってみると,なかなか良くできたピアノだと思っていたのだが・・・現在S700Eを持っている私がこの日、S6を触ってみた所・・・。

これがまったくもってS700Eとの歴然とした差を感じてしまったのだ。

あまりにも差が大きい・・・。

私は現在はS700Eに満足してはいるが・・・やはりこれ以上のピアノに触れてしまうのは・・・きっとまずいんだろう(笑)

258円のカマンベールチーズとS700E・・・私の生活レベルはここまでだろう。

これ以上レベルを上げて,880円のカマンベールチーズを食べてはいけない(汗)

358円のカマンベールチーズもあったが・・・これも我慢しておこう・・・。

さて,S700EとS6。このどちらがいったい優れているのか?

それは・・・ここではあえて言わないでおこう.

人間贅沢は禁物である(笑)

 

 

 

 

2.人は死んだらそれっきりだろう・・・。

よく,死後の世界だの,三途の川だの,いろいろと話がある。

誰もあの世に行って帰ってきて、それを話せた者はいないので,本当か嘘かわからないが,私自身は・・・やっぱりそういう世界はないだろうと考えている。

人間なんて,死んだらそれっきりである。

単純に,死ぬというより,長い眠りがあるだけだろう。

しかも,多分心地良い、安眠が永遠に続くという感じなのではないかと思っている。

まあ安眠がどうのこうのはどうでも良い。とにかく人は死ねば、多分それっきりである。

死ねば,もうピアノを弾く事も,良い演奏を聞く事もできない。

人の寿命なんて、たかだか7〜80年だろう。(私は90年のつもりだが・笑)

年が明けると思うのだが,自分の寿命も少しずつ短くなっている(汗)

自分がやり遂げられる年数も少しずつ短くなっている。

時間なんて無限だ・・・なんて思っていたのは若い頃だった・・・。

自分が下手とか,今まで良い先生に会わなかったからとか,良いピアノがなかったからとか,・・・そういう言い訳(?)を言っているうちはまだ良い。

寿命が短くなってくると、そういう事を言っている場合ではなくなる。

おまけに,自分が回りより下手とか,ちょっとは回りよりうまくなったとか・・・そんな事も言ってられなくなる。

なんせ,死んだら,もう弾けなくなるのだよ、生徒諸君!!!。

この曲はあまりにも難しいから来世の時の宿題として・・・しかも来世の時にまた私の教室をインターネットで(?)探して重量奏法をもう一度勉強し直して・・・なんてできんのだよ君!!。

今しかない。今生でしかない。

そこには、有名になるとか,富を築くとか・・・そういう価値観以外のものがある。

多分,名声とか富以外に,満足出来る価値観なのだろう。

でも残念ながら(名声とか富もそうだが)今生限りである。

一日を大事にして、もっと弾いていかないと・・・。

私の今の目標・・・もっと演奏動画を作っていかないとなあ・・・(音源のみではなく)

私は自分の目標を達成するために、仕事は死ぬまで続けるつもりだ。

90歳になってでも,演奏の向上は達成したいし,そのためにも,仕事は死ぬまで続ける・・・そういう風に・・・この間久しぶりに帰国したベルリンの友人に話したら・・・

「お前,死ぬまで働くのかよ(笑)おまえよっぽど仕事が好きなんだなあ」・・・

と言われてしまった(汗)

いやそういう意味じゃなくてさ・・・

まあこの帰国したベルリン友人の小話も含めて・・・また今度の時に・・・。

次回の更新時にはぜひ演奏動画も含めて小話を・・・。

人生は有限なのだ・・・。

 

2012.1.3

 

 

 

 

 

1

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU